Close RECOMMEND

From Editors
- No.090 2022年2月号(2021/12/25(月)発売)

▶︎2022年2月号の特集
A BRAND NEW LIFE
未来はすでに始まっている

 

この特集は未来予測ではありません。未来学者と呼ばれることを嫌ったピーター・ F ・ ドラッカーは、『すでに起こった未来』でこう言っています。変化を観察しなさい、変化に意味と重要性があれば、それがどんな機会をもたらすのかを問うことが重要だ 、と 。では、観察すべき変化とは何でしょうか。技術の進化と同時に、 人間の行動や習慣の変化ではないでしょうか。地球規模の課題が変化を促している のでしょう。今回、日本とイスラエルとアメリカから、課題に対する様なアプローチを取り上げました。人間の対応力ほど面白いものはありません。無限の可能性と創意工夫の博覧会のようで、人の意識や精神が高次元化している気がします。いま、歴史の移行期にいると確信し、こう思うのです。未来はすでに始まっている、と。 藤吉雅春 Forbes JAPAN 編集集長



ジェームス・カフナー Woven Planet Holdings CEO 未来をカイゼンするのは「AE」だ
ウーブン・シティは何を目指すのか?

豊田大輔 Woven Planet Holdings SVP 私が考える未来のチーム作り
合氣道に学んだ「争わずに導く技」

イスラエル・現地レポート 「イスラエル、入ってる?」
国防軍の技術が世界の車を変える!

ISRAEL STARTUP ECOSYSTEM 独占!イスラエル外務省から入手
スタートアップ21社「秘蔵ファイル」

SFプロトタイピング 感性の未来はどうなるか──?
SFでビジネスをアップデートせよ!


▶︎その他特集記事 独占インタビュー
建築家 ビャルケ・インゲルス 「ゴミ処理施設でスキーをしよう」
ガイ・ガロンスカ インファーム共同創業者  農家の創造性を活用する「仕掛け」
スタンダード・インダストリーズ  屋根がプラットフォームに変身

スクープインタビュー アルカディ・ヴォロズ/ヤンデックス共同創業者
プーチンに国営化された男の告白 ロシア最大AI企業が狙う世界戦略

アムノン・シャシュア オーカム/モービルアイ共同創業者
イスラエルの英雄がつくった「目」

PICK UP アダム・バック ブロックストリーム創業者 「仮想通貨の育ての親」に聞いた!
モルゲンロット 「半導体と再エネの弱点」を補い合う

COLUMN 地球の上を流れる「資本の川」が向かう先 阿部修平 スパークス・グループCEO

ブックガイド 「私にヒントを与えた未来の種」


その他おすすめ記事

WORLD OF FORBES
ウォール街No.1「秘密投資家」の顧客は政府
━━ベリタス・キャピタル
ユーザー数が1億5,000万人超え!「Z世代のフォトショップ」
━━ピクスアート
瀕死のペット用品チェーンを再生
━━BCパートナーズ
マスクは救世軍だ! 利用者が爆増の「雑貨版アマゾン」
━━エッツィー

IN PICTURES
世界各国で群発するロボット革命

CEO'S VOICE
尾賀真城/サッポロホールディング
業界の激変とコロナ禍に だからどうなのさ、の胆力

Forbes COMMUNITY
【START-UPS 】 中野哲治/SMBCベンチャーキャピタル、田邊雄樹/primeNumber
データエンジニア、「労働集約型」からの解放へ
【30 UNDER 30】酒井功雄/環境アクティビスト
【SMALL GIANTS】藤原 悦/アーテック
【SELF-MADE WOMEN】今田美穂/今田酒造本店

植野大輔と探る「CxO」のビジョン
ゲスト 小野和俊 クレディセゾンCTO兼CIO

社長の生活考察
CEO's LIFE 石山 洸/エクサウィザーズ

CEOがすすめる一冊
廣末紀之/ビットバンク


人気の連載記事

Forbes JAPAN Founder コラム 外資系トップの経営TIPS

伊藤隆敏の格物致知 真の労働市場改革
田坂広志の「深き思索、静かな気づき」 「戦略的反射神経」の時代
川村雄介の飛耳長目 なぜ給料は減るのか
電通BチームのNEW CONCEPT採集 ーResearch & Destroy
中山亮太郎の「ビジネス夜明け前」


Forbes JAPAN 2022年2月号(12月25日発売)は好評発売中!



(お詫びと訂正)
2022年2月号本誌10、11頁のCEO'S VOICEのコーナーにて、1行文章が抜けてしまう誤りがございました。
読者の皆様及び関係者の皆様にご迷惑をおかけいたしましたことを謹んでお詫び申し上げます。

正しい文章は以下です。(左列最後の行)
 2020年、主力ブランド「黒ラベ

訂正内容を反映した全文は本ウェブサイトにて公開いたします。