Contributor

John Koetsier

As Mobile Economist at TUNE, I forecast and analyze trends affecting the mobile ecosystem.

As Mobile Economist at TUNE, I forecast and analyze trends affecting the mobile ecosystem. I've been a journalist, analyst, and corporate executive, and have chronicled the rise of the mobile economy. Before joining TUNE, I built the VB Insight research team at VentureBeat and managed teams creating software for partners like Intel and Disney. In addition, I've led technical teams, built social sites and mobile apps, and consulted on mobile, social, and IoT. In 2014, I was named to Folio's top 100 of the media industry's "most innovative entrepreneurs and market shaker-uppers.” I live in Vancouver, Canada with my family, where I coach baseball and hockey, though not at the same time.

  • 世界スマホ市場でアップル12%減、ファーウェイは依然好調

    世界のスマートフォン出荷台数は、7四半期連続で減少が続いている。グローバルのスマホ出荷台数は2019年第2四半期に、前年同期から1.2%減の3億7000万台となった。しかし、ファーウェイやシャオミ、VIVOなどの中国製端末は出荷台数を伸ばしている。調査会社Counterpointのデータで、米国政府 ...

  • フェイスブックの広告事業を根本から脅かす、EU裁判所の判決

    テック企業の多くは自社のサイトやアプリの利用者の行動を追跡しているが、フェイスブックほど多くの個人データを蓄えている企業は稀だ。しかし、EUが先日下した判断により、フェイスブックの事業モデルが危機に追いやられるかもしれない。7月29日、欧州司法裁判所は自社のウェブサイトに「いいねボタン」を埋め込む企 ...

  • 米小売企業の7割が「アマゾンに恐怖を感じる」と答えた理由

    米国の小売業者の4分の3近くに相当する71%が、アマゾンに価格競争で敗れるかもしれないと考えていることが500社の幹部に対する調査データから明らかになった。しかし、このデータは一方で、29%の業者が不安を抱いていないことの証でもある。今回の数値はマーケティング企業のActiveViamが7月24日に ...

  • FBが決算好調で時価総額「63兆円」突破、利用者は27億人

    フェイスブックは7月24日、個人情報保護の不備を巡る連邦取引委員会(FTC)との法廷闘争で、50億ドル(約5400億円)の制裁金を支払うことで合意した。しかし、マーク・ザッカーバーグにはもう一つ、嬉しいニュースがある。フェイスブックの直近の四半期売上は制裁金50億ドルの3倍以上の、168億ドルに達し ...

  • ポケGO効果で拡大の「ARエンタメ」市場、今後10年間の予測

    位置データを基盤としたAR(拡張現実)エンターテイメントの市場規模は年間24.4%のペースで拡大が続いていることが、リサーチ企業Greenlight Insightsの調べで明らかになった。ARエンターテイメントの市場規模は、ここ数年で9億5000万ドル(102億円)に達すると見込まれている。この分 ...

  • 世界の人気アプリ200の売上は年間「5兆円」を突破へ

    世界の人気アプリ上位200は今年の第1四半期に、合計130億ドルの売上を生み出したことが明らかになった。6月18日、アプリ関連の調査企業「SensorTower」が開示したデータで判明した。2014年から2019年にかけて、世界のアプリ市場は年間30%を上回るペースで成長を続けているという。このペー ...

  • 音声アシスタントの「盗聴」を心配する米国人は55%

    Siriやアレクサ、グーグルアシスタントなどの音声アシスタントの普及につれ、これらのデバイスによる「盗聴」を懸念する人々も増えている。デジタルフォトフレーム企業のNixplayが行った調査によると、ミレニアル世代の60%、アメリカ人全体の55%が、広告の最適化のためにモバイル機器が盗聴を行っていると ...

  • テスラは「SNS広告」に全く費用を支払わない、米調査で判明

    マーケティング企業BrandTotalが、自動車メーカーの広告費用の割り当て状況に関するレポートを公開した。それによると、トヨタやBMW、ポルシェ、フォードらはソーシャルメディアに莫大な金額を支払っている。主な出稿先は、フェイスブックやユーチューブ、インスタグラム、ツイッターなどだ。一方で、テスラは ...

  • 世界のスマートウォッチ市場、アップルのシェアは約36%に

    2019年第1四半期(1月〜3月)の世界のスマートウォッチの出荷台数は、前年比48%のプラスとなったことが調査企業カウンターポイントのデータで判明した。この分野では上位9ブランドが市場シェアの75%を獲得している。首位に立つのはアップルで、市場全体の伸びを上回る前年同期比49%の成長を記録。スマート ...

  • アップルが「年間400億円」をアマゾンに払っている理由

    アップルはアマゾンのクラウドサービス「AWS」に毎年、莫大な費用を支払っていることが明らかになった。4月22日にCNBCが伝えたところによると、アップルは2018年に3億5000万ドル(約390億円)をAWSの利用料として支払い、今年の支払額は3億6000万ドルに及ぶ見込みという。さらに、アップルは ...

  • インスタグラムで流行中「認証バッジ詐欺」にダマされるな

    SNSの利用者にとって「認証アカウント」を得ることはある種のステータスシンボルだ。フェイスブックやツイッター、インスタグラムの認証アカウントには、特別なアイコンが表示されるため、閲覧数やフォロワー数の増加にもつながりやすい。また、インフルエンサーにとって、認証アカウントの取得は広告主の獲得につながる ...

  • アマゾンの「無料音楽配信」で始まる、広告業界の地殻変動

    アマゾンが音楽ストリーミングの「プライムミュージック」に、広告つきの無料バージョンを追加する計画を進めていると、米ビルボードが4月12日に報じた。この報せを受けてスポティファイの株価は下落した。今後はアップルミュージックに影響が及ぶことも考えられる。アマゾンは広告市場で売上を伸ばしており、将来的には ...

  • アップルが欧州で「3件目」の独禁法違反か、オランダ当局

    アップルはロシアを含む欧州地域において、合計3件の独禁法違反の訴えに直面することになりそうだ。スポティファイは3月13日、アップルが、アップストアでスポティファイを不当に扱っているとして欧州委員会に調査を要請した。3月19日にはロシアのカスペルスキーも、アップルのアップストアの運営方針が独占禁止法に ...

  • EUが目指す移動の未来、欧州全域を自動運転化する「MaaS」計画

    EU(欧州連合)の運輸部門の担当理事が、2030年までに完全な自動運転テクノロジーが実現すると述べた。発言があったのは、スロベニアで4月4日から開催されたカンファレンス「City as a Lab」でのことだ。EUの運輸部門のVioleta Bulcは、交通事故による死亡者をゼロにするビジョンを掲げ ...

  • イケアが狙うインテリアと音楽の融合、Sonos製スピーカー発売で

    オーディオメーカーのSonosと家具メーカーのイケア(IKEA)が、共同開発したスピーカーを発売する。このスピーカーはイケアのオーディオブランド「SYMFONISK」からリリースされる。オーディオ市場で存在感を高めるSonosはイケアとの連携で、新たな市場にアクセスしようとしている。今回発売されるの ...

  • ウクライナ生まれの「高機能メールアプリ」Sparkが注目の理由

    グーグルが2014年にリリースしたメールアプリ「Inbox」は自動返信やリマインダーなどの多彩な機能で愛されたが、2019年4月2日にサービスを停止した。Inboxの機能の大半は今後、Gmailアプリに引き継がれる。そんな中、Inboxに匹敵する、インテリジェントなメールアプリ「Spark」がアンド ...

  • 米Eコマースの新潮流「クリック&コレクト」は小売店の追い風に

    米国でこのところ広まりを見せるのが「BOPIS」と呼ばれる、新たなオンラインショッピングのトレンドだ。BOPISは「Buy Online Pick-up In Store(オンラインで購入し、ストアで受け取る)」の頭文字をとった略語だ。2000人の米国人を対象とした直近の調査で、多くの人々がBOPI ...

  • 「出会い系アプリ」は北米で頭打ち、南アメリカでは急拡大中

    ティンダーなどの出会い系アプリ市場の拡大は、米国やカナダでは頭打ちになりつつあることが判明した。アプリ調査企業のLiftoffは昨年、広告経由で発生した世界の1500万件の出会い系アプリのダウンロード後の動向を調査した。その結果、北米において登録につながった率は11.23%で、2017年の65.8% ...

  • インドでも大苦戦のiPhone、昨年は前年比40%マイナスに

    インドにおけるiPhoneの販売台数は2018年に、前年比で約40%の減少となったことが、調査企業カナリスのデータで明らかになっている。これは、インドのスマホ市場が拡大を続けているのとは対照的だ。IDCの直近のレポートによると、インドのスマホ市場は昨年、前年から14.5%の拡大となっており、現地市場 ...

  • 欧米ネット利用者の過半数が「個人データ保護に問題」と回答

    インターネット利用者の大半は、個人のデータがパーソナライズド広告に用いられることが、倫理的に誤りだと感じている。さらに、フェイスブックやツイッターなどに流れる、パーソナライズされたニュースフィードが、非倫理的だと感じるユーザーも76%に及んでいることが明らかになった。これはセキュリティ企業RSAが、 ...