Forbes JAPAN 編集部

新國 翔大

フォーブス ジャパン編集部 エディター

1991年生まれ。埼玉県出身。大学卒業後、U-NOTE(ユーノート)にてライティング業務に携わる。2015年5月にサムライトに入社。多数のオウンドメディアのコンテンツ制作を行う。2016年7月にBASEに入社。2017年2月よりフリーランスのライター、編集者に転向し、ウェブメディアを中心に複数の媒体で執筆している。Twitter:@n_sh2192

  • 元メルカリの2人が「グロース」領域のアップデートに取り組むワケ

    「スタートアップは急成長を目的とした組織である」シリコンバレーで最も著名なアクセラレータ「Yコンビネータ」の創始者であるポール・グレアムはスタートアップについて、このように定義した。短期間での急成長を目指すからこそ、多額の資金を調達し、多様な人材を採用する。2013年に創業し、わずか5年で東証マザー ...

  • 約5年でフォロワー170万人超 アジアの女性が憧れる「テリちゃん」人気の秘訣

    インスタグラムのフォロワー数は170万人を突破──アジアの女の子たちが“なりたい顔”として憧れを抱く存在が、“テリちゃん”の愛称で知られるインフルエンサーのテリだ。そんな彼女は先日、パーソナライズヘアケア『MEDULLA』とのコラボを発表。自身がカスタ ...

  • 経営管理版「GitHub」を目指す、Loglassが正式ローンチ

    ここ数年、SFA(営業支援システム)や会計ソフト、BI(ビジネス・インテリジェンス)ツールが浸透したことで、経営情報の多くはデータベース化されている。しかし、未だにデータベース化が進まず、アナログな運用が続いている領域もある。それが予算策定、予実管理、見込管理などに代表される経営管理だ。経営管理業務 ...

  • スタートアップに無知だった女性が、ベンチャーキャピタリストになるまで

    起業家が思い描く“不確実だが大きな可能性のある未来”を誰よりも先に信じ、投資やメンタリングを通じて支援する──そんなベンチャーキャピタリストの仕事に憧れを抱き、知識も経験もゼロの状態ながら、自らの手でキャリアを切り拓いていった女性がいる。その女性は、独立系ベンチャーキャピタル ...

  • 立ち上げから7年で「第二章」へ コロナ禍でリブランディングに踏み切ったVCの狙い

    「我々のファンドはリミテッド・パートナー(LP)の8割は機関投資家が占めているのですが名前の影響もあってか、オプトホールディング(現:デジタルホールディングス)のコーポレート・ベンチャー・キャピタル(CVC)と思われることが多かったんです。そのため事業シナジーや戦略パートナーとして投資の相談をいただ ...

  • 【独白】プロテニス選手・西岡良仁がスタートアップへの投資を決めたワケ

    世界ランキング48位、日本ランキング2位──錦織圭に続く、日本の男子プロテニス選手として大きな期待が寄せられている、西岡良仁。2020年2月に開催された、ATP250シリーズのデルレイビーチ・オープンでは準優勝し、世界ランキングの自己最高位を更新するなど、世界のトッププレイヤーの仲間入りを果たしてい ...

  • 1.2億件の特許を学習 数秒で類似特許を発見するAIデータプラットフォームが生まれるまで

    毎年、グローバルで300万件以上出願されている「特許」。しかし、特許の管理や検索、申請に関わる技術は高度化し、フローは複雑さが増している。多くの国にまたがる国際出願が標準化する中で、発明者や弁理士がグローバルに特許の存在を調査する作業は藁の山から1本の針を探すよりも困難な作業と言われており、プロのサ ...

  • 「観客動員」以外の軸も──横浜DeNAベイスターズが模索する、withコロナ時代の球団経営

    予定していた開幕日から、遅れること約3カ月──ついに今日、プロ野球が幕を開ける。選手たちのワンプレー、そして試合結果に一喜一憂する日々が再び始まるわけだが、コロナ禍によってプロ野球界を取り巻く状況は例年と大きく異なる。レギュラーシーズンが6連戦主体の“全120試合制”に短縮と ...

  • 現役弁護士が「AI契約書レビュー」で挑む法務改革 開始1年で300社以上が導入

    「企業法務」と聞くと、どのような仕事をイメージするだろうか。多くの人は、企業の法令順守(コンプライアンス)を中心とした、会社を「守る」仕事のイメージを持っているかもしれない。しかし近年、海外企業との交渉において契約の不備がないよう働きかけたり、新しい市場の法制度作りを政府や省庁に促す「攻め」の法務の ...

  • 伊藤光、突然の転機を経て。「異質な環境を求めれば、新たな自分が見つかる」

    「人生100年時代」と言われるように、長く続くキャリアの中で“活躍の場”はどこにあるか分からない。だからこそ、多くのビジネスパーソンは新たな機会を求めて転職をする。終身雇用が限界を迎えたことも相まり、転職は今や当たり前のものとなった。働く場所を変えてみることで、新たな活躍の機 ...

  • スニーカーから始まった「モノの株式化」の挑戦──昨年から20倍の成長、今後はアパレル展開も

    メルカリの登場によって、世間一般に広く浸透したCtoCサービス。今や多くの人がスマホを片手に、個人間での取引を楽しんでいる。ここ数年でCtoCサービス市場が一気に盛り上がったことをきっかけに、最近の新たなトレンドとして注目を集めているのが、専門分野に特化した希少性の高い「バーティカルCtoC領域」の ...

  • リリースから約4年半、PR Tableが「企業版タレント名鑑」のリニューアルに踏み切ったワケ

    ニュースやプレスリリースにはならないけれど、企業に眠っている“ちょっといい話”を掘り起こして伝えることでステークホルダーと良好な関係を構築してほしい──そんな思いのもと、2015年10月にスタートしたプロダクトが「PR Table」だ。企業・団体の想いを届けるストーリーテリン ...

  • カフェの次はパフェ。松本龍祐がコロナ禍での新ブランド展開を語る

    「リアルビジネスをやっている立場としては、甚大な影響がありましたね……。それに加えて、今後はリアルな店舗をインターネット的なペースで増やしていくのは難しい。今まで考えていたビジネスモデルは転換しないといけないと思っています。どこの企業もそうだと思いますが、自分たちも冬の時 ...

  • 本田圭佑、高岡浩三、溝口勇児──異色の3人が、新たなファンドを立ち上げたワケ

    「FiNCの代表を退任しました。学習期間を設けた後に、新しい挑戦を始めたいと思います」創業者の溝⼝勇児が、突然の退任を発表したのは今年1月のこと。それから約5カ月、彼の次なる挑戦の全貌が明らかになった。5月28日、溝⼝勇児と本田圭佑、そして元ネスレ日本社長の⾼岡浩三がファウンダーとなり、21世紀の課 ...

  • 「コロナショック」を生き抜く足固めに。HRテックのROXXが総額9億円を調達

    「リーマンショックよりも、はるかにインパクトが大きい」──連結営業利益が8割減と大幅に落ち込んだトヨタ自動車社長の豊田章男は、オンラインの決算会見でこう述べた。新型コロナウイルスの感染拡大による経済危機、いわゆる“コロナショック”はさまざまな業界にマイナスの影響を与えている。 ...

  • コロナ禍をチャンスに。シリコンバレー在住の日本人起業家が、5.7億調達で描く成長のシナリオ

    世界中を好きに旅する、好きな場所に移動して働く──今まで当たり前のようにできていたことが、突然自由にできなくなる。世界はいま、そんな状態に瀕している。新型コロナウイルスの感染拡大によって、欧米は3月後半からロックダウン(都市封鎖)を開始。日本も4月上旬から緊急事態宣言が発令された。未曾有の危機から身 ...

  • 続く休業要請、正直余裕はない。けれど……。バーのオーナーが漏らした本音

    バーのオーナーとフォトグラファー。全く異なる業種の2人だが、とある共通点がある。それは「人と向き合って、サービスを提供する」ということだ。バーはお酒を提供し、話しながらお客さんを楽しませる。フォトグラファーは撮影を通じて、人の魅力を引き出す。両者が提供する価値は今まで“善”と ...

  • ちょっとした気がかりがモチベーション低下の原因に。Withコロナ時代、マネージャーは何を考えるべきか?

    新型コロナウイルス感染防止のため、4月7日に発令された緊急事態宣言は約1カ月が経ったタイミングで5月31日までの延長が発表された。多くの企業はリモートワーク体制での業務が続くことになる。あらゆるやり取りがオンラインに移行していく過程で、多くの人の頭を悩ませているのが「マネジメント管理」だ。パーソル総 ...

  • 生き残った先に「光」がある。飲食店の活路を切り拓く、応援購入の可能性

    「この状況は飲食店にとってかなり厳しい状況ですね。私の周りにいる飲食店経営者の多くは、『2カ月先しか持たない』と言っているほど……。状況は深刻です」緊急事態宣言の延長が発令された5月初旬──電話での取材に対し、コロナ禍で苦境に立たされる飲食店の状況について、こう語るのは東 ...

  • なぜ「声」なのか。本田圭佑が「SNS音声サービス」に懸ける想い

    “オンライン成長革命”を掲げたスポーツレッスン事業を手がけたり、サッカークラブ「One Tokyo」を新たに立ち上げたり──既存の枠組みにとらわれることなく、前例ない挑戦を続けてきた、プロサッカー選手の本田圭佑。そんな彼がまた新たな取り組みを始める。本⽥圭佑がCEOを務めるN ...