CONTRIBUTOR

Hugh McIntyre

テクノからチャート、その他の音楽業界に関する執筆を担当。

私はニューヨーク在住のフリーランスのポップ音楽のジャーナリストです。私の記事はハフィントン・ポスト、ビルボード、マシャブル、ノイジー、ザ・ハリウッド・レポーター、エム・ティー・ブイ、ブラックブック、リンクトイン、その他さまざまな世界中の雑誌やブログに掲載されてきました。私はまた、ブログPop! Bang! Boom!の創設者兼編集主幹で、レコーディング・アカデミーの会員でもあります。

  • Spotify、さらに10億ドル調達 「1年以内のIPO」条件つき融資

    Spotifyがまたもや巨額の資金調達を行った。3月29日、ウォール・ストリート・ジャーナルの報道によると、ストリーミングサービスとして名を馳せる同社は10億ドル(約1120億円)をデット・ファイナンス(負債として計上される借入金)で調達し、今後の競争の激化に備える。同社は数ヶ月前に「5億ドル規模の ...

  • ストリーミング業界で覇権を狙うアマゾン、サムスン、SoundCloud

    ストリーミング業界はまだ若いが、多数のプレイヤーが存在する。SpotifyやPandora、Apple Music、iHeartRadioなどが有名だが、廃業に追い込まれた企業も多い。生存競争の激しい業界だが、新たな挑戦者たちもいる。下記に新興の3大勢力の名前を挙げてみた。アマゾンアマゾンは以前から ...

  • 赤字続くストリーミング業界 Spotifyは年間2億ドルの損失

    音楽業界の未来をストリーミングが担っていくであろうことは明白だ。しかし、Spotifyや Pandoraといった企業は、軒並み収益化に苦戦している。2014年にSpotifyは、13億ドル(約1450億円)の売上を計上したが、同時に2億ドル(約223億円)近い損失を報告した。Pandoraも1四半期 ...

  • 米音楽業界、ストリーミングとダウンロードの売上が逆転 史上初

    音楽業界に復活の兆しが見えてきた――。全米レコード協会(RIAA)が3月22日に発表したリポートによると、2015年の音楽業界の売上が70億ドル(約7,860億円)に上り、前年比で0.9%増となった。1%にも満たないわずかな伸び率だが、それでもこれは歓迎すべきニュースだ。ストリーミングによる売上が、 ...

  • ストリーミングSpotifyが急成長、有料会員3000万人を突破

    音楽ストリーミングサービスSpotifyのダニエル・エックCEOが3月21日、有料会員数が3,000万人を突破したことをツイッターで明らかにした。このところ、Spotifyの有料会員数は急速に伸びている。同社の有料会員数が1,000万人を突破したのは、創業からおよそ5年半後だったが、その後1年でさら ...

  • 音楽ライブに特化した物販サイト 「SideStep」急成長の理由

    ミュージシャンにとってグッズの売上は非常に重要だ。そのほとんどは、コンサート会場での販売によるものだ。ライブ終了後、客たちの多くは衝動的にグッズが欲しくなる。ミュージシャンにとってはありがたい話だが、会場でグッズを買う側にとっては苦労も多い。行列は長く、現金が必要で、売り切れやサイズ切れで本当に欲し ...

  • 全米に6万台が設置 「デジタル・ジュークボックス」の超進化

    全米各地のバーでおなじみとなっているのが、TouchTunes社の「デジタル・ジュークボックス」だ。ここ10年で普及したデジタル・ジュークボックスは現在約6万5000台が稼働中。バーのジュークボックスを手元のアプリでコントロールし、自分の好きな曲をかけられる。3月15日、ニューヨークを拠点とするTo ...

  • インスタグラム利用者の47% 「ライブ体験が重要」と回答

    インスタグラムはここ数年の間に極めて重要なソーシャル・メディア・プラットフォームになった。エンタメ産業においても、その重要性はますます高まりつつある。実はインスタグラムで最もフォロワー数が多い10人のうち、5人がミュージシャンだ。音楽メディアCuepointによると、インスタグラムは「アーティストの ...

  • 5人目のビートルズ ジョージ・マーティンが残した功績

    3月9日、ビートルズの数々のヒット曲をプロデュースしたジョージ・マーティンの死去が伝えられた。「5人目のビートルズ」と呼ばれた彼がポップミュージックの歴史に残した業績は計り知れない。彼以上にナンバーワンヒットを世に送り出したプロデューサーは他に誰もいない。長年にわたるその輝かしいキャリアにおいて、彼 ...

  • 売上100億円のコーチェラ音楽フェス ニューヨークに初進出

    全米最大規模の音楽フェス「コーチェラ・フェスティバル」を運営するゴールデンボイス社(GoldenVoice)は今夏、ニューヨークで「パノラマ・フェスティバル」と題した音楽フェスを開催すると発表した。ニューヨークでは既にガバナーズ・ボール(Governors Ball)という別のフェスが夏の一大イベン ...

  • 破産したEDMフェス運営、SFX社 ストリーミング事業を競売に

    2月2日に破産申請したEDMイベント運営のSFXエンターテイメントが、ストリーミングサービスBeatportと、マーケティング会社Fame Houseを売却する。BeatportはSFXが数年前に5,000万ドル(約57億円)で買収し、同社で重要な役割を担っていた。SFXが破産申請を行ったのは2月だ ...

  • 音楽違法ダウンロードの「MP3 Skull」に差し止め命令、米音楽業界が勝訴

    好きな音楽を無料でダウンロードしてきた人にとっては残念なニュースだが、レコード会社やアーティスト、音楽業界全体にとっては朗報だ。世界中で多くの人たちが無料で音楽をダウンロードするために利用していた違法サイトの一つ、MP3Skullが姿を消すことになった。RIAA (全米レコード協会)とソニー・ミュー ...

  • R・ストーンズ、キューバ公演 地元音楽家に楽器を寄贈

    ローリング・ストーンズのキューバ初公演が決まった。3月25日、首都ハバナで無料の野外ライブ「Concert For Amity(友好のためのコンサート)」を行う予定で、ストーンズの輝かしいキャリアの中でも画期的な出来事となる。発表によれば、イギリスのロックバンドがキューバで野外コンサートを開催するの ...

  • 音楽業界でブルース復権の兆し 女性歌手エル・キングら活躍

    音楽は反復を繰り返しながら進化する文化だ。特にサウンドやスタイルの流行は繰り返す。ある世代の音が古くさいと言われるようになる頃、さらに古い音楽から影響を受けた次の世代が現れ、過去の音を新しく蘇らせる。ここ数年、ブルースの要素を取り入れた若手アーティストの活躍が目覚ましい。彼らは長らく下火だったブルー ...

  • サム・スミス、アカデミー賞でゲイ告白「2番目でも構わない」

    2月28日、第88回アカデミー賞授賞式で、イギリスのシンガーソングライター、サム・スミスとジミー・ネイプスが共同で制作した『Writing’s on The Wall』が最優秀歌曲賞を受賞した。この曲がオスカーにふさわしいかどうかは意見が分かれるところだが、ひとつだけ完全に誤りだったのは ...

  • 「カイリー」を商標登録? ミノーグがジェンナーに異議申し立て

    米リアリティー番組「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」で人気のカイリー・ジェンナーが2月下旬、自身の名前「Kylie(カイリー)」の商標登録を出願した。当然ながら、これには問題がある──名字なしの「カイリー」で認識され得る人物は、ジェンナーだけではない。オーストラリア出身のポップシンガー、カイリ ...

  • 期待される中国音楽市場、現在の米国との違いは?

    中国市場は長年にわたり、多くの業界にとって非常に需要な位置づけにあった。だが、音楽業界は世界最多の人口を擁するこの国で、豊富な機会を活用することができずにいた。多くの中国企業は積極的に事業を展開しているが、各国の関連企業がこの市場に参入する余地はまだ十分にある。米調査会社ニールセンは先ごろ、中国での ...

  • 「ボブ・マーリー」ブランドの大麻製品が発売、ボディケア用品も

    ミュージシャンによるマリファナ関連ブランドの立ち上げが相次いでいる。だが、ボブ・マーリーに太刀打ちできるアーティストはそういないだろう。伝説的なレゲエ歌手、マーリーの遺族らが立ち上げた「マーリー・ナチュラル」はボブの71回目の誕生日にあたる2月6日、その名を冠したマリファナを発売した。 ブランドの創 ...

  • ビヨンセがくれた機会を逃した!? 「レッドロブスター」の悲惨なSNS対応

    米歌手ビヨンセの新曲の歌詞に店名が挙げられたシーフードレストラン・チェーン、「レッドロブスター」にかつてない注目が集まっている。ソーシャルメディアを最大限に活用できる「一世一代の」チャンスを逃したと酷評されているのだ。2月7日に開催された第50回スーパーボウルのハーフタイムショーでビヨンセが新曲「フ ...

  • スーパーボウルで注目のレディー・ガガ 今年は「復活の年」に

    2月7日(現地時間)、米国で開催されたスーパーボウルで、レディー・ガガは国歌を独唱。全米の注目を集める中、期待通りのパフォーマンスを見せつけ、視聴者らを熱狂させた。2015年のレディー・ガガはアルバムや楽曲のリリースがなく、控えめな活動だった。ソロアルバムは2013年にリリースした『アートポップ』が ...