CONTRIBUTOR

Zack Friedman

I focus on personal finance, investing and financial freedom.

I have spent my career as an investor, executive and entrepreneur. I worked at Blackstone and Morgan Stanley and as an investor at a multi-strategy hedge fund. I served as CFO of a global energy company and on several boards of directors. I have worked with Fortune 500 companies and start-ups. I also worked at The White House for the Chief of Staff to the President. I founded Make Lemonade to help empower people to save money, reduce debt and build wealth. From paying off student loan and credit card debt to growing investment and retirement portfolios, I write about how to make the most of your money and achieve financial freedom. I have my pulse on financial markets and want to highlight the best strategies for personal finance and investing. I also cover innovative companies that are industry game changers and how they can help you save money. Follow me on Twitter @zackafriedman.

  • 米大手テック数社、2020年末までの在宅勤務を決定

    あなたは2020年いっぱい、ずっと在宅勤務することになるだろうか。一部の大手テック企業で働く従業員はそうなるようだ。詳しく説明しよう。あなたにも関係があるかもしれない。 在宅勤務 デジタルメディア「The Information」が真っ先に報じたとおり、グーグルのサンダー・ピチャイ(Sundar P ...

  • 新型コロナの影響を受け、カリフォルニア大学が出願要件を緩和

    カリフォルニア大学は、入学審査プロセスの要件のひとつであるSAT(大学進学のための全米標準テスト)の採用を一時的に見合わせると発表した。詳しく説明しよう。 カリフォルニア大学 カリフォルニア大学は2020年4月1日、歴史的な措置を行うと発表した。新型コロナウイルスによる公衆衛生の緊急事態を受けて、2 ...

  • 南カリフォルニア大、世帯年収8万ドル未満の学部生は学費免除に

    米名門大、南カリフォルニア大学(USC)が、学部生を対象とした学資援助の拡充を発表した。2020年秋学期から「世帯年収が8万ドル(約870万円)未満の米国人家庭の学生は学費を免除する」「学生の経済的困窮度の判定に用いる計算で持ち家の有無を考慮しない」という2点が主な内容だ。学長のキャロル・L・フォル ...

  • 公職者向け学生ローン返済免除制度、トランプ大統領が廃止を提案

    トランプ米大統領は、利用者の多い学生ローン返済免除プログラムを廃止しようとしている。その背景を説明しよう。 公職者ローン返済免除プログラムを廃止 トランプ大統領は、2020年2月10日に米議会に提出した2021会計年度の予算教書で、学生ローンに関連していくつか変更するよう要求している。これは、教育省 ...

  • 学生ローン負債1億円の夫婦、米裁判所が下した厳しい判断

    アメリカのある夫婦は90万ドル(約1億円)の学生ローンを抱えている。そして妻はこのほど、弁護士になることを認められなかった。背景を説明しよう。 学生ローン 59歳のシンシア・マリー・ロジャース(Cynthia Marie Rodgers)は、弁護士になろうと、オハイオ州にあるキャピタル大学ロースクー ...

  • 「学生ローン債務全額を帳消し」民主党候補提案の影響を検討

    想像してみて欲しい。1兆6000億ドル(約175兆6472億円)にのぼるアメリカの学生ローン債務が全額免除されたら、その後は何が起こるのだろうか?私たちが知っておくべきことを以下に紹介する。 学生ローンの免除 バーニー・サンダース上院議員(無所属・バーモント州選出)とエリザベス・ウォーレン上院議員( ...

  • ウォーレン・バフェットとの昼食会で得た6つの人生訓

    「ネブラスカ州オマハは現在、午後12時35分。そして私は、ウォーレン・バフェットと昼食を共にしている」私の新刊『The Lemonade Life』は、この一文で始まっている。会食の場は、バフェットお気に入りのレストラン「ピッコロズ」だ。バフェットがビル・ゲイツとともに食事をする店でもある。バフェッ ...

  • 今すぐ幸福になる方法を知るための20の行動

    どうすれば幸せになれる──?グーグルで最も多く検索される質問の1つであり、検索結果の件数は60億を超える。幸せになる方法を知りたいのは、あなただけではないということだ。幸せな人生を送るためのヒントを与えてくれるのは、次の20の行動を取ることだ。1. 感謝する感謝することは、あなたにないものではなく、 ...

  • 大学に価値はあるか? 判断基準となる10項目

    大学には行く価値があるだろうか? 米国では最近、ますます考えさせられるようになっている問題だ。あなた自身にとってその価値があるかどうかを判断する際には、次の10項目についてよく考える必要がある。1. 当局の統計によれば「価値がある」連邦準備銀行の調査によれば、大学に行くことは現在でも、価値ある投資だ ...

  • 有意義なキャリアのための5つの意外なヒント

    履歴書を完璧なものにする方法も、面接の受け方も、もうよく知っているだろう。キャリアに関するアドバイスとして、「聞いたことがない」ことがあるだろうか?例えば、次の5つはどうだろう。より有意義なキャリアのために、必要なアドバイスになるかもしれない。1. インパクトを生み出す仕事をするどのような仕事を選ぶ ...

  • 米ウォルマートが学費支援プログラムを拡大、高校生も対象に

    米小売大手のウォルマートに、「価格の安さ」で勝つのは難しい。それは、「1日1ドル」という学費についても同じことだ──。ウォルマートが米国内の店舗と傘下の会員制スーパーマーケット、サムズクラブで働く150万人以上を対象に、大学の学費を補助する制度を導入すると発表してからおよそ1年。同社はこのほど、その ...

  • ミレニアル世代に募る社会への不信感、「転職希望者」も増加

    ミレニアル世代は将来に幻滅している。そして、向こう2年以内に仕事を辞めたいと考える人は、この世代の49%に上るという。先ごろ発表された「2019年デロイト ミレニアル年次調査」によると、この世代は「伝統的な制度に幻滅しており、企業が事業を行う動機に懐疑的であり、経済と社会の発展に関して悲観的だ」。不 ...

  • 米国人の正答率は3割、「お金に関する6つの基本的問題」

    お金に関する基本的な問題について、あなたはいくつ正解することができるだろうか?米ジョージ・ワシントン大学のGlobal Financial Literacy Excellence Centerが作成した金融リテラシーに関する質問のうち、以下の6つに回答した米国人の多くは、わずか2問しか正解することが ...

  • 米グーグルがリーダーを評価するための「従業員への13の質問」

    米グーグルは、社内における指導力の育成を重要なものと考える素晴らしい企業の一つだ。以下、同社がリーダーたちの評価につなげるため、従業員らに回答してもらう13の質問を紹介する。最後の2問以外は、「はい/いいえ」で答えるものとなっている。1. 上司は私がパフォーマンスを向上させるために、今すぐ実行できる ...

  • Z世代は「就職後1年以内の昇進」を希望 企業の適切な対応は?

    Z世代の76%は、「12カ月以内に昇進したい」と考えているという──。研修やコーチングを専門とする米コンサルティング会社、インサイドアウト・デベロップメントは先ごろ、Z世代(18~23歳)の1000人を対象に行った調査結果を発表した。仕事や収入、昇進などに関するこの世代の考え方について、明らかになっ ...

  • 米名門大学の裏口入学スキャンダルに関する30の事実

    米史上最大規模の名門大学への裏口入学スキャンダルには、著名人を含む多くの親たちが関与していた。この問題についてはこれまでに、以下のことが明らかになっている。1. マサチューセッツ州の連邦地検は、高校生を名門大学に入学させるための不正に関与したとして、50人を連邦裁判所に起訴した。2. 不正に関与した ...

  • 面接で聞いてはいけない5つの質問

    あなたは採用面接を受けている。自分はうまくこなしていると感じ、面接官は自分のことを気に入ってくれているようだ。自分も面接官のことを気に入っており、2人の間にはこれ以上ないほどに良い絆が結ばれている。それから面接官は「何か質問はありますか?」とあなたに尋ねる。よくある質問だ。グーグルの面接を受けるとき ...

  • ネットワーキングイベントでしてはいけない5つのこと

    会議が終わった後や基調講演が始まる前の朝、昼食休憩時など、誰しもネットワーキング(人脈作り)の場面に置かれたことがあるはずだ。ネットワーキングの場面では、言動に関して暗黙のルールが存在する。次にネットワーキングイベントに参加するときには、次の5つのことをしないよう気をつけよう。1. 会う人全員に履歴 ...

  • グーグルが考える「最高のチーム」に欠かせない5つの要素

    米グーグルには、「プロジェクト・アリストテレス」と呼ばれるものがある。このプロジェクトが目指すのは、社内のチームを効率的にするのは何かを明確にすることだ。同プロジェクトを進める研究チームはデータを分析し、チームの成功の原動力として欠かせない主な要素を特定。最高のチームはそのメンバーに誰が含まれるかに ...

  • バフェットが買収した「非公開企業」7社 ほぼ全て長期保有

    米著名投資家ウォーレン・バフェットは、史上最も成功した投資家の一人として知られる。コカ・コーラからアメリカン・エキスプレス、ゴールドマン・サックス、ウェルズ・ファーゴといった企業に投資してきたバフェットのバリュー投資は、彼の優れた能力を示している。持株会社バークシャー・ハサウェイを率いるバフェットが ...