CONTRIBUTOR

Avery Blank

I help people advocate for themselves and leverage opportunities.

A lawyer and strategist, I help individuals and organizations position and advocate for themselves to advance their priorities. I advise clients globally on career strategy and business owners, corporate leaders, and startup founders on thought leadership and organizational strategy. I have worked in the public and private sectors and most recently at the University of Maryland Center for Health & Homeland Security working on crisis management. The National Association for Women Lawyers recognized me for my work in policy and the advancement of women. My writing has appeared in The Washington Post, TIME, Fortune, Fast Company, LeanIn.org, and Levo League. I have spoken at the U.S. Department of State and for the American Bar Association and Harvard Law School and am a Tribeca Disruptor Innovation Foundation Fellow. When I am not speaking or writing, I am traveling the world. I am a graduate of the University of Maryland School of Law and Colgate University. Call me a bulldog ballerina – graceful, strong, and persevering.

  • ウォーレン候補の原動力は「怒り」 激情をキャリアに役立てる方法

    2020年米大統領選に向けた民主党の指名候補争いでトップに立っているエリザベス・ウォーレン上院議員は最近の電子メールで、批判に対する返答として、「私は怒っており、それを堂々と認める」と宣言した。2017年にはジュリ・ブリスクマンという女性が、自転車に乗りながらトランプ大統領の車列に中指を立てた場面を ...

  • 能力以下の仕事に就いている人が意識すべき3つのこと

    自分の能力以下の仕事に就くことは、難しいことかもしれない。潜在能力を生かせていないと感じ、自信があまり持てず絶望的に思えるかもしれないし、面接や家族・友人との会話で仕事について話すことを恥ずかしいと感じる可能性もある。しかし、現在の状況に対するあなたの認識がそのまま自分自身の定義になる必要はない。あ ...

  • ナンバー2でも成功は可能 B・スプリングスティーンに学べること

    米CNNのブランドン・グリッグスが執筆した記事によると、大物ロック歌手のブルース・スプリングスティーンは、ポップチャートで1位を一度も獲得したことがない。それでも彼は、数十年にわたり音楽界で活躍。多くの賞を獲得し、その音楽は人々に愛されている。ナンバー2でも成功はできる。全てにおいて一番にならなくて ...

  • 内部告発者が示すリーダーシップ 職業人が学べる5つの教訓

    米メディアは今、ドナルド・トランプ大統領に対する弾劾調査のきっかけとなったウクライナ疑惑に関する内部告発のニュースでもちきりとなっている。内部告発者とは、雇用主や他の従業員による不正行為を当局へ知らせる従業員を指し、報復からの法的保護が与えられている。以下に、職業人が内部告発者から学べる5つの教訓を ...

  • 仕事で上司に助けを求めるときの4つのコツ

    仕事でストレスを感じているのであれば、生産性にネガティブな影響が生じているかもしれない。プロジェクトの成果物や同僚の扱い方について支援が必要な場合や、全てを自分で解決できない場合は誰かに助けを求めてもよいのだ。ただし、あなたに助けが必要なことを他の人が理解していると思い込まないこと。自分に支援が必要 ...

  • 成功する人が日々を規律正しく送る5つの方法

    人、携帯電話の通知音、インターネットなど、私たちの注意をそらすものはたくさんある。シカゴ大学が発表した研究結果によると、携帯電話をそばに置いておくと、画面を見ていないときでさえも明晰で最適な思考をする能力が減退してしまうのだという。仕事に集中し、生産性を維持するためには、自分から行動を起こすしかない ...

  • キャリアで求めるものが得られない? 考えられる5つの理由

    昇進や昇給、柔軟な勤務スケジュールなど、仕事で欲しいと思っているものを誰かに求めるときは不安を感じるかもしれない。しかし、欲しいものを求めないことは、求めることよりもさらに高リスクかもしれない。求めるものを明確にしないことで、従業員としてのパフォーマンスに悪影響が及び、自分のキャリアや勤務先企業の重 ...

  • グリーンランド買収案を拒否 デンマーク女性首相に学ぶこと

    デンマークのメッテ・フレデリクセン首相は先日、ドナルド・トランプ米大統領に対し、デンマーク自治領グリーンランドは売り物ではないと主張した。フレデリクセン首相は、グリーンランドを購入するとしたトランプのアイデアについて「ばかげている」と発言した。41歳のフレデリクセンは、デンマーク史上最年少の首相で、 ...

  • メグ・ホイットマンが明かす、誰もが手に入れられる「超能力」

    eBayやヒューレット・パッカード・エンタープライズのCEOを歴任したメグ・ホイットマンは最近、ディズニーやドリームワークスの元幹部ジェフリー・カッツェンバーグとの対談に臨み、2人が立ち上げた新たな動画ストリーミング企業Quibiについて語った。ホイットマンは「私たちはほぼ全てについて違う見方をする ...

  • リーダーがしてはいけない、人に嫌がられる行動10選

    仕事で難しいことは業務自体ではなく、人かもしれない。成功を収める人は、他者との協働の仕方を理解していて、対面でも電子的なコミュニケーションでも人をいらつかせるような行動を避けるものだ。リーダーは、どんなに小さな行動であっても、人の認識や考え、パフォーマンスに影響を与える得ることに気づいている。ここで ...

  • 成功者がさらに成功を続ける3つの理由

    国際通貨基金(IMF)専務理事のクリスティーヌ・ラガルドは先日、欧州中央銀行(ECB)の次期総裁に指名された。ラガルドは同職を担う初めての女性であり、初の弁護士となる。彼女は既に成功を収めているが、さらに成功を重ねている。ラガルドはIMF初の女性専務理事で、その前には国際法律事務所大手ベーカー&am ...

  • 仕事で自由に使える時間を増やす6つの方法

    完了させたいことを無事に終えるための十分な時間を日中持てないと感じている人は多い。理由には、すべきことが多過ぎることや常に他者の要求に答えていることなどがある。スケジュールを制御し、効果的に働くために必要な時間を確保しよう。ここでは、成功者が仕事でより多くの時間を確保するため実践している6つのことを ...

  • 会社の支援がなくてもできる、簡単なキャリア開発方法5選

    全ての会社に、従業員の潜在能力を引き出すのに必要な学習や研修の機会を提供できるリソースがあるわけではない。だからといって、それを自分のキャリア開発を怠ることの言い訳にしてはいけない。自分の能力開発を他人やプログラム任せにしてはだめだ。自分のキャリアに責任を持ち、その開発に時間と労力をかけること。以下 ...

  • 上司に謝る必要がない6つのこと

    シングルファーザーで、デジタル広告代理店の社長を務めるイアン・ソーンは最近、リンクトインへの投稿で、自分の部下が私生活について謝る必要のない理由を説明している。ソーンは、自分は部下の行動の理由を逐一把握する必要はないとして、人々に対し、自分の人生を送るのに罪悪感を持つべきでないと呼び掛けている。以下 ...

  • デキる人が議論でする5つのこと 相手に屈しないためのコツ

    仕事や家では、怒りを感じる状況が起きることがある。同僚からアイデアを盗まれ、自分の手柄にされた。隣人宅の木が自分の庭に倒れ、フェンスが損壊した。こうしたとき、相手とどう話し合えば良いのだろう?怒っているときにはその瞬間に頭に血が上り、感情的になり過ぎて、最終的にあまり効果的なコミュニケーションができ ...

  • 仕事で異性を避ける男性たち 女性が必要なアドバイスを得る方法

    シェリル・サンドバーグらが設立した団体「LeanIn.Org」が最近行ったアンケート調査によると、男性管理職の60%が女性のメンターとなったり、女性と協働したりするのに居心地の悪さを感じているという。この割合は、前年の調査よりも14ポイントアップしている。私は当時の記事で、#MeToo運動の余波で男 ...

  • 女性成功のカギは非従来型キャリア あなたも後に続くには?

    女性ビジネスリーダーの86%が、自分が手にした今の地位と高度なスキルは非従来型のキャリアチェンジをしたおかげだと考えていることが、保険会社シグナが公表した女性リーダーシップに関するアンケート調査で分かった。つまり、出世の階段を上ったり、「期待される」役割を全うしたりしても、自分の目標達成やキャリア向 ...

  • 冷え過ぎのオフィスで生産性が低下? 自分でできる4つの対応策

    科学誌「PLOS ONE」に最近発表された調査では、女性と男性が温度によって異なるパフォーマンスを発揮することが示された。暖かい場所では、女性のテストの成績が上がり、男性の成績は下がるという結果が出たのだ。女性のパフォーマンスの伸びは、男性のパフォーマンスの低下に比べ、より大きく顕著なものだった。オ ...

  • JPモルガン、育休巡り5億円の和解 私たちが学べる3つの教訓

    母親と父親は、異なる扱いを受けている──。2017年、JPモルガンに16週間の有給育児休暇を拒否されたデレク・ロトンドは、そう気づいた。社内規定には性別に関する記載がなかったにもかかわらず、ロトンドは男性だとの理由で、16週間の休暇が取得できる育児の主担当とはみなされなかった。両者は最近和解に至り、 ...

  • 結婚は女性より男性のキャリアにプラス 平等化のためできること

    米国では、結婚している男性の方が独身男性よりも国内の高額所得者の上位1%に入りやすいことが新たな調査から判明した。ノースカロライナ大学シャーロット校のジル・ヤボルスキー助教(社会学・組織科学)が主執筆者を務めた同調査によると、この理由は男性が女性の無給労働から女性よりも多くのメリットを受けていること ...