FORBES STAFF

Alan Ohnsman

I write about the future of mobility and evolution of transportation.

I write about the evolution of transportation and intersection of the auto industry and Silicon Valley for Forbes from Los Angles, the U.S. capital of cars and congestion. I've covered global automakers, advanced vehicle technologies and environmental regulations for two decades, including 15 years at Bloomberg News, as well as stints in the financial industry and corporate world. Started out at a small English-language paper in Tokyo in the final phase of Japan’s economic boom years. Later had a ringside to cover the launch of Toyota’s Prius and rise of Elon Musk’s Tesla Motors. From self-driving cars and ride-sharing services to battery and hydrogen propulsion, new approaches to urban transit and the commercialization of space travel, I want to know how we get there from here.

  • アマゾンが自動運転のユニコーンZooxに買収提案、関係筋が証言

    アマゾンが自動運転分野に向けた大規模な投資の準備を進めている模様だ。ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)の5月26日の記事によると、アマゾンはロボットタクシーを開発する「Zoox(ズークス)」の買収に向けた“詳細な協議”を進めているという。関係筋がフォーブスに語ったとこ ...

  • EV製造を加速するイスラエル企業が日本メーカーKYBと提携

    イスラエル企業の「REE オートモーティブ」は、平らなスケートボードプラットフォーム上で様々なパーツを一体化させることで、EV(電気自動車)をメインストリームの存在に押し上げようとしている。同社のプラットフォームはバッテリーや電動モーター、駆動系部品の全てを平坦なフロアにまとめ、自由度の高い設計を可 ...

  • 自動運転ウェイモが試験走行を再開、輸送部門のWaymo Viaも始動

    アルファベット傘下で自動運転車両の開発を行う「ウェイモ」は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、アリゾナ州フェニックス郊外でのテストを2カ月近く停止していたが、来週からオペレーションを復活させる。ただし、現地の住民向けのロボットタクシーサービスの再開スケジュールは、まだ決定していない。ウェイモは5月 ...

  • インテルが「乗り換えアプリ」企業を950億円で買収した理由

    モビリティ分野のイノベーションに注力するインテルが、世界数億人が利用する乗り換えアプリのスタートアップ「Moovit」を約9億ドル(約956億円)で買収することが明らかになった。イスラエル企業のMoovitにインテルは2018年に出資を行っていた。Moovitは世界の公共交通のデータを収集し、ライド ...

  • 医療現場でも活躍の自動運転ロボット車両「Nuro」の実力

    自動運転車が既に完成していたなら、新型コロナウイルスの感染拡大によって外出を制限された人々に物資を届けたり、安全な移動を支援するなど、大活躍していたことだろう。シリコンバレーのロボティクス企業「Nuro」は、カリフォルニア州の施設に配達ロボットを配備し、医療スタッフや患者に物資を運ぶ試みを開始した。 ...

  • テスラ対ニコラ、「次世代トラック」特許戦争の行方

    水素燃料電池を搭載したEVトラックを開発する「ニコラ・モーター(Nikola Motor)」がテスラを訴えている問題で、新たな動きがあった。テスラは、ニコラが保有するドアの機能に関する特許を無効にするよう米国特許商標局に求めていたが、同局はこれを退けた。この特許は、訴訟において大きな争点になると考え ...

  • 米西海岸の高速鉄道計画、LAとラスベガス間接続に向け前進

    新型コロナウイルスの感染拡大による経済的ダメージが広がる中で、カリフォルニア州はヴァージン・トレインズUSAの50億ドルの高速鉄道建設プロジェクト、ブライトライン鉄道に6億ドル(約650億円)の私的活動債(PAB)を発行することを承認した。ブライトラインは今後4年以内に、ラスベガスとロサンゼルス近郊 ...

  • テスラが全社員に減給、工場労働者らに「一時帰休」発令へ

    テスラは新型コロナウイルスの感染拡大を受け、カリフォルニア州フリーモントの工場でのEV(電気自動車)の製造を一時停止しているが、5月4日までに製造を再開させる計画だ。しかし、同社はそれに先立ち、全社員の減給に踏み切り、数千名の工場の労働者らに「一時帰休」措置を適用する見通しだ。フォーブスは、テスラの ...

  • テスラが自社製「人工呼吸器」の動画を公開、実用化には課題も

    新型コロナウイルスの感染拡大を受け、イーロン・マスク率いるテスラは医療デバイスの製造に乗り出した。テスラはアイルランドの医療機器メーカー「メドトロニック(Medtronic)」が公開した人工呼吸器の設計仕様書をベースに、スペースXのエンジニアリングチームも動員し、テスラ車の工場でデバイスの製造を開始 ...

  • テスラが予想以上の納車台数で株価上昇、先行きには不安も

    テスラは4月2日、2020年第1四半期の製造台数と納車台数を発表した。今期の数値は前年同期との比較では飛躍的に伸びたが、イーロン・マスク率いるテスラも新型コロナウイルスの感染拡大の影響と無縁ではない。直近の数値は、2019年第4四半期に達成した記録を下回った。テスラは現在、主力工場を閉鎖しており、感 ...

  • テスラが無償提供する人工呼吸器「量産化」で直面する課題

    新型コロナウイルスの感染拡大により人工呼吸器の不足が懸念される中、アイルランドの医療機器メーカー「メドトロニック(Medtronic)」は、人工呼吸器の基本モデルの設計仕様書を他業界のメーカーに提供すると発表した。同社は、イーロン・マスク率いるテスラと人工呼吸器製造でパートナーシップの締結を協議して ...

  • 米国の物流を自動運転で支えるTuSimple、感染拡大でも輸送を継続

    新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、多くの自動運転企業が公道テストの中止を余儀なくされている。この状況下で、自動運転トラックのユニコーン企業「TuSimple」の大型トレーラーは米国南西部を休まずに走り、人々に貨物や食料、郵便物を届けている。TuSimpleは、ドイツの自動車部品大手「ZF」との提 ...

  • テスラが「操業停止命令」を拒否、社員らに業務続行を要請

    テスラが主力工場を構えるカリフォルニア州アラメダ郡の当局は3月17日、ツイッターの投稿でテスラに対し、操業を縮小するよう勧告した。しかし、同社CEOのイーロン・マスクは社員らに通常通り業務を続行するよう呼びかけており、当局はテスラが勧告に背いていると述べた。3月18日、テスラの人事部は従業員宛のEメ ...

  • テスラの米国工場が操業を一時停止へ、現地当局が要請

    テスラがサンフランシスコのベイエリアに構える工場、テスラファクトリーが一時的な操業停止を余儀なくされる見通しだ。現地の保健当局は、新型コロナウイルスの感染拡大の防止のため、企業らに業務の停止を求めている。カリフォルニア州アラメダ郡の保安官事務所は3月17日、テスラのフリーモント工場は、郡が定めた「シ ...

  • 自動運転に挑む各メーカーの「通信簿」から見えてきた現実

    カリフォルニア州の車両管理局(DMV)が先日、2019年の自動運転車の公道試験レポートを公表した。それによると、アルファベット傘下の「ウェイモ(Waymo)」が、ディスエンゲージメント指標(緊急対応のため、人間が自動運転車の操作を行うケースの発生頻度)で、過去最高の実績を記録した。GM傘下の「クルー ...

  • EVバスの「プロテラ」が大型物流トラックの無公害化を推進

    シリコンバレーのEVバスメーカー「プロテラ(Proterra)」が、ダイムラーの大型トラックブランド「フレイトライナー(Freightliner)」向けにゼロエミッション(無公害)技術を提供することが明らかになった。カリフォルニア州バーリンゲームに本拠を置くプロテラは、Freightliner Cu ...

  • EVトラックの「ニコラ」が上場へ、燃料電池車の製造を加速

    アリゾナ州フェニックスに本拠を置くEVスタートアップ「ニコラ・モーター(Nikola Motor)」は、水素燃料電池で駆動するセミトレーラーでトラック輸送業界に変革を起こそうとしている。ニコラは、ナスダック市場に上場するVectoIQとの合併により、異例の上場を果たし、専用工場の建設を加速させていく ...

  • ウェイモが初の外部資金調達「2400億円」、IPOの可能性も浮上

    アルファベットの自動運転部門のウェイモが、初めて外部の投資家から数十億ドル規模の資金調達を行った。自動運転分野をリードし、ロボットタクシーや自動運転トラック輸送の早期実現を目指す同社は、アルファベットからスピンアウトするための準備を進めている模様だ。カリフォルニア州マウンテンビューに本拠を置くウェイ ...

  • テスラの強敵として浮上した「ニコラ」のテクノロジー

    アリゾナ州フェニックスに本拠を置くEVスタートアップ「ニコラ・モーター(Nikola Motor)」は、水素燃料電池で駆動するセミトレーラーでトラック業界に変革を起こそうとしている。そのニコラがピックアップトラック市場に参入し、イーロン・マスク率いるテスラや「リビアン(Rivian)」に挑戦状をたた ...

  • ウーバーがグーグルに10億円の和解金、「自動運転訴訟」で


    自動運転技術の機密盗用を巡る、グーグル傘下のウェイモとウーバーの法廷闘争は非常に入り組んだ状況にあるが、その一部で進展が見られた。ウーバーはグーグルに対し約1000万ドルの仲裁金を支払うことに同意した。グーグルはウーバー幹部のリオル・ロンらが、同社傘下のウェイモのエンジニアを不正に引き抜いたと訴訟を ...