FORBES STAFF

Alan Ohnsman

I write about the future of mobility and evolution of transportation.

I write about the evolution of transportation and intersection of the auto industry and Silicon Valley for Forbes from Los Angles, the U.S. capital of cars and congestion. I've covered global automakers, advanced vehicle technologies and environmental regulations for two decades, including 15 years at Bloomberg News, as well as stints in the financial industry and corporate world. Started out at a small English-language paper in Tokyo in the final phase of Japan’s economic boom years. Later had a ringside to cover the launch of Toyota’s Prius and rise of Elon Musk’s Tesla Motors. From self-driving cars and ride-sharing services to battery and hydrogen propulsion, new approaches to urban transit and the commercialization of space travel, I want to know how we get there from here.

  • テスラの5四半期連続黒字化を生んだ「クレジット」の中身

    テスラが10月21日に発表した第3四半期(7月〜9月)決算は、5四半期連続で黒字となった。モデル3とモデルYの販売台数の伸びや、環境規制に対応する温暖化ガスの排出枠(クレジット)の他社への販売が寄与し、純利益は過去最高の3億3100万ドル(約346億円)となった。カリフォルニア州パロアルトに本拠を置 ...

  • 英国の電動バスArrivalが米国で製造開始、50億円で新工場建設へ

    英国のEV(電気自動車)スタートアップ「Arrival」は、米サウスカロライナ州にマイクロファクトリーと呼ばれる小型工場を設立し、年間1000台のEVバスを生産する予定だ。同社には、韓国の現代自動車や起亜自動車が出資しており、米運送大手UPS向けにEVトラックの納入を計画している。Arrivalは、 ...

  • トヨタと日野が北米に投入する「燃料電池トラック」への期待

    トヨタは以前から水素燃料電池の研究を進めてきたが、同社は子会社の日野自動車と共同で、CO2を排出しない大型トラックを北米市場に投入することを明らかにした。まずは、プロトタイプを来年日本で開発するという。トヨタはこの数年間、トラックメーカー「ケンワース(Kenworth)」と共同で、燃料電池大型トラッ ...

  • 疑惑のEVメーカー「ニコラ」が開発続行、2021年に車両発売へ

    水素燃料電池トラックの開発を手掛ける「ニコラ・モーター」は、ゼロエミッションの大型トラックを、予定通り2021年後半に発売する方針を明らかにした。同社経営陣によると、1年以上は事業を継続できるだけの資金を保有しているという。同社創業者のトレバー・ミルトンが投資家に虚偽の説明をしていた疑惑が浮上して以 ...

  • 米ブライトライン鉄道、LAベガス接続に向け32億ドルを起債

    全米で唯一の民間鉄道会社である「ブライトライン(Brightline)」は、ラスベガスと南カリフォルニアを結ぶ高速鉄道を実現するため、最大32億ドル(約3380億円)の免税債を発行する。同社は、ロサンゼルスまで直接乗り入れる計画も新たに発表した。フロリダ州に本拠を置くブライトライン・ホールディングス ...

  • 「ガソリン車禁止」で世界最先端を走るカリフォルニア州の決意

    車両販売台数が全米1位のカリフォルニア州は、2035年までに州内でのガソリン車やディーゼル車の新車販売を禁止すると発表した。ギャビン・ニューサム知事が署名した行政命令は、世界的にもかつてない大胆な施策だと言える。「2045年までに州内の電力をカーボンフリーにするためには、車両販売についても規制する必 ...

  • EV充電所の「チャージポイント」がIPOへ、北米と欧州で事業拡大

    シリコンバレーに本拠を置く、EV(電気自動車)向けの充電ステーションネットワークを運営する企業「ChargePoint(チャージポイント)」が、特別買収目的会社(SPAC)との合併により、ニューヨーク市場に上場することが明らかになった。同社は上場により約4億9300万ドル(約520億円)を調達する計 ...

  • テスラ信者たちが本社に集結した「バッテリーデー」の発表内容

    イーロン・マスクは、テスラのEV業界リーダーとしての地位をさらに確固たるものにしようとしている。同社は、従来に比べて大型で、56%も低コストなリチウムイオン電池を開発し、量産化することで競争優位性を強化したい考えだ。しかし、実現にはあと数年を要する見込みで、生産システムも準備が整っていない。マスクは ...

  • テスラ初代CTOの電池リサイクル企業に、アマゾンが大型出資

    テスラの元CTOが創設したバッテリーリサイクル企業「レッドウッド・マテリアルズ(Redwood Materials)」が、アマゾンからの出資を獲得した。アマゾンは、二酸化炭素削減の取り組みに貢献するテクノロジーを持つ企業を支援する20億ドル(約2090億円)規模のファンドを立ち上げており、同社はこの ...

  • テスラの競合「ニコラ」に詐欺疑惑が浮上、GMとの提携直後に

    テスラのライバルとして急浮上した、アリゾナ州本拠のEV(電気自動車)スタートアップ「ニコラ・モーター(Nikola Motor)」に詐欺疑惑が浮上した。空売り投資家集団のヒンデンブルグ・リサーチが9月10日、ニコラが虚偽の情報を発信していると指摘したのだ。これを受けて、ニコラはヒンデンブルグの調査レ ...

  • ウーバーがEV化宣言、850億円でドライバーの乗り換えを支援

    ウーバーは9月8日、ドライバーがガソリン車からEV(電気自動車)に乗り換えるのを支援するため、今後5年間で8億ドル(約848億円)の予算を投じると発表した。ウーバーは2040年までにゼロエミッション化を達成すると述べている。同社は米国、カナダ、ヨーロッパのドライバーを対象に車両の購入支援を行い、EV ...

  • 高齢者特化のロボタクシーVoyageが「紫外線除菌システム」を採用

    高齢者コミュニティに特化したロボットタクシーサービスを展開中のスタートアップ「Voyage」が、パンデミック後の乗客の安全を守るため、紫外線除菌システムを備えた自動運転車両を開発した。同社がカリフォルニア洲サンノゼで導入した新型の自動運転車両「G3」は、自動車部品メーカーのGHSPが開発した紫外線照 ...

  • スタンフォード中退の25歳が率いる自動運転企業Luminarが上場へ

    自動運転分野からまた新たな上場企業が生まれようとしている。25歳の起業家が率いるLiDARセンサーのメーカーとして注目の「Luminar(ルミナー)」が、特別買収目的会社(SPAC)との合併により米ナスダック市場に上場する。Luminarは、プライベートエクイティ企業ゴアズ・グループの関連会社Gor ...

  • BMW幹部らが設立のEV企業「カヌー」がIPOで630億円調達へ

    ロサンゼルスに本拠を置く「Canoo(カヌー)」は、BMWの元幹部らが立ち上げたEV(電気自動車)のスタートアップだ。同社は、特別目的買収会社(SPAC)との合併によるナスダック市場への上場を計画している。実現すれば、2022年までの生産開始に向けて必要な資金6億ドル(約633億円)を調達することに ...

  • EV充電所の米「チャージポイント」が130億円調達で事業拡大へ

    シリコンバレーのEV(電気自動車)充電ステーションの運営企業「チャージポイント(ChargePoint)」が、1億2700万ドル(約134億円)の追加出資を受けて事業を拡大すると宣言した。カリフォルニア洲キャンベル本拠のチャージポイントは、既に実施済みのシリーズHラウンドを補完するエクイティ調達を実 ...

  • 自動運転TuSimpleが米商用車大手と提携、次世代トラック製造へ

    イリノイ州ライルに本拠を置くトラックとバスの大手商用車メーカー「ナビスター・インターナショナル(Navistar International Corporation)」は、自動運転関連のスタートアップ「TuSimple」と自動運転セミトレーラーを共同開発すると発表した。ナビスターは、これを機にTuS ...

  • 世界で急伸する「自動配達ロボット」Nuroの野望

    元グーグルのエンジニア2人が立ち上げた、自動運転テクノロジー企業「Nuro(ニューロ)」は2018年初旬にステルスモードを抜け出し、宅配用の小型ロボットを世間に公開した。彼らがその当時、自動運転車やロボットタクシーではなく、デリバリーロボットを選んだ理由はごくシンプルなものだった。宅配用のロボットで ...

  • テスラ猛追の新興EV企業「リビアン」に投資家が熱狂する理由

    アマゾンが出資するEV(電気自動車)メーカー「リビアン(Rivian)」は、ピックアップトラックやSUV、アマゾン用の配送トラックの生産を計画している。同社は、生産開始前のEVメーカーとしては史上最高額となる、25億ドル(約2670億円)を新たに調達したことを明らかにした。イリノイ州ノーマルにある同 ...

  • 異色のEVメーカー「Fisker」が年内IPO、月額379ドルでサブスク提供へ

    著名カーデザイナーのヘンリック・フィスカーは、3度目の大きなチャレンジに挑もうとしている。フィスカーが設立したロサンゼルス本拠のEV(電気自動車)のスタートアップ「Fisker」は年内にニューヨーク市場に上場する計画だ。Fiskerと、大手プライベート・エクイティ・ファンドであるApollo Glo ...

  • 英国の電動バスのユニコーン「Arrival」が狙う次世代の公共交通

    韓国の現代自動車らが出資する英国のEV(電気自動車)のスタートアップ「Arrival」は、米国の運送大手UPS向けにEVバンを納入しようとしているが、公共交通分野ではボックス型のEVバスで注目を集めている。Arrival Busと呼ばれる同社のバスは、シートの各列の間をプラスチック製のパーテーション ...