CONTRIBUTOR

Enrique Dans

I study technology disruption in individuals, companies and societies.

I am Professor of Information Systems at IE Business School in Madrid (Spain). I graduated with a B.Sc. from Universidade de Santiago de Compostela, then got my MBA at Instituto de Empresa (Madrid, Spain), my Ph.D. in Management Information Systems from the Anderson School at UCLA, and conducted postdoctoral studies at Harvard Business School. My research interests are related to the impact of disruption and technology at three levels of analysis: individuals, organizations, and the society as a whole. I’ve been teaching and consulting in the technology field since 1990. Besides that, I am a frequent contributor and columnist in business and economic newspapers and magazines, I participate in different technology startups, and I write on a daily basis since 2003 in my page in Spanish, enriquedans.com, one of the most popular technology blogs in Spanish, and in English on Medium.

  • アップルに破壊されたスイスの時計業界

    市場調査会社ストラテジー・アナリティクスの報告書によると、昨年のApple Watchの販売数は、すべてのスイス製腕時計の販売数よりも多かった。Apple Watchの販売数は3070万個で、前年の2250万個から36%増加。それに対し、スイス製腕時計全体の販売数は前年比13%減の2110万個ほどだ ...

  • 正念場を迎える自動車業界 EVへの移行に各社が奮闘

    テスラは株価の急上昇により、時価総額が1000億ドル(約11兆円)に到達した初の米自動車メーカーとなった。これはフォードとゼネラル・モーターズ(GM)の時価総額を合わせた額に相当し、フォルクスワーゲン(VW)を抜いてトヨタ自動車に次ぐ世界2位となっている。一方、公道に決して出ることのないコンセプトカ ...

  • オランダの気候変動訴訟、世界の環境活動の手本に

    オランダの最高裁判所は先月、政府に対し、温室効果ガスの排出量を1990年比で25%削減するよう命じる判決を下した。国の政府に対して気候変動に対する即時行動を求める判決としては、かつてないほど厳しいものだ。この訴訟は環境団体のウルヘンダ財団(Urgenda Foundation)が2013年に起こした ...

  • 時代の急激な変容が迫る「仕事の意味」再考の必要性

    私が新著『Viviendo en el futuro(未来に生きる)』で取り上げたトピックのひとつに、急激に変わりゆく仕事の性質がある。私たちが1世紀にわたって慣れ親しんできた職業の多くが、向こうわずか数年で機械に取って代わられようとしている。例えばスーパーマーケットのレジ係は間もなく、自動車工場の ...

  • 『ブレードランナー』の予言は本当に外れたのか?

    不朽の名作『ブレードランナー』として映画化されたフィリップ・K・ディック著『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』の舞台となった2019年が終わりを迎えた今、同作で描かれた通りに自動車が空を飛び回っていないからといって、この作品の予言した未来を否定することは間違っている。フェイスブックとツイッターは昨 ...

  • 人の移動手段、2010年代の勝者は「自転車」

    自転車シェアは2010年代、都市交通に革命を起こした。さらに一部の調査結果では、今後は起伏の多い街中で便利な電動自転車が将来的な移動手段の主力となり、2020~23年に世界で1億3000万台以上が販売されるとも予想されている。世界の自転車シェアサービスの数は2014年から倍増し、シェア自転車の数は2 ...

  • オーストラリアが示す私たちの未来 気候変動の大惨事

    スペイン北西部ガリシア州で生まれ育った私は不運ながらも、オレンジ色の太陽が重たい煙によってほぼ隠された光景や、独特な火災の匂い、鳥の鳴き声がなくなった森、火の手が次の村に到達するまでに止められるかどうか分からないことの恐怖感を良く知っている。この記憶を回想して100倍にすると、それは理解を超えた大惨 ...

  • テスラがライバルを引き離す最大の強みとは

    厳密なテクノロジーの観点から言えば、テスラ車の所有者が最も驚くことは、操作感や性能、見た目ではない。こうした特徴は確かに懐疑的だった人々をも感心させ、最高のユーザーエクスペリエンスを実現する自動車としてのステータスを確立した。しかしそれよりも驚くべきことは、購入から時間のたった車がソフトウエアップグ ...

  • 失墜する大手テック企業人気 希望就職先ランキングで急落

    従業員が自分の勤務する企業の給与情報などを匿名で投稿できるウェブサイト「グラスドア」は、2007年の立ち上げ以降、非常に有用な情報源として就職活動中の多くの人たちに参考にされてきた。優秀な人材を採用・維持したい企業にとって、同サイトが毎年発表する企業ランキングで自社がどの位置に入るかはとても重要だ。 ...

  • 創業者2人が退任 グーグルの今後はどうなる?

    グーグルの共同創業者、ラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンが、同社の親会社アルファベットでの日々の経営業務から身を退くことが発表された。アルファベットは、2人の投資の関心をさまざまな長期的プロジェクトに分散させることを目的に設立された持ち株会社。こうしたプロジェクトには、自動運転車、寿命延長、ホームオー ...

  • 私たちはなぜ、前世紀の働き方を続けるのか?

    人気ファッションブランド「ザラ」を運営するインディテックスの従業員らは先日、長年にわたり求めていた権利をついに勝ち取った。同社では来年から、毎週金曜日の終業時間が午後3時となり、従業員は勤務シフトも午前9時~午後6時半と午前9時半~午後7時のどちらかを選べるようになるほか、移動手段も複数用意される。 ...

  • アップル、iPhoneのリースを検討? サービス事業への転換加速

    アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は最近の投資家向け収支報告で、同社がiPhoneをサブスクリプションサービスとして提供することを検討していると示唆した。実現すれば、一般消費者向け製品からサービスへの転換において重要な一歩となると同時に、同社は安定した収入源を確保できる。また、これによ ...

  • 自動車業界と人々の生活を変える、3つの大きな技術的変化

    ボルボは先日、同社初の完全な電気自動車(EV)を発表し、脱炭素化へ向けた重要なコミットメントを表明した。同社は今後、EVの新型モデルを毎年投入し、従来型の燃料自動車やハイブリッドモデルの生産台数を減らし、2025年までに販売台数の半数をEV、残りの半数をプラグインハイブリッドにすると宣言。プラグイン ...

  • 公共テレビが理想的なSNSのモデルとならない理由

    Tumblr(タンブラー)の元幹部マーク・コートニーは先日、米紙ニューヨーク・タイムズに寄稿した記事で、非営利の公共交流サイト(SNS)立ち上げを提唱した。フェイクニュースや、過剰にセグメント化された広告、有害コンテンツがまん延する現状のSNSを規制あるいは分割するのではなく、米公共放送(PBS)に ...

  • ソーラーは化石燃料より安価 今こそ発電方法の抜本的見直しを

    否定しようのない前代未聞の気候危機が起きているというのに、頭のネジが外れた米大統領はペルシャ湾の情勢不安激化を受け戦争をちらつかせ、一部の石油企業は産油量を増やす方針を固持している。今こそ、私たちが必要とするエネルギーの生産方法を抜本的に見直す時であることは間違いない。ロサンゼルス市は最近、同市郊外 ...

  • 気候の危機に陥る地球 もはや「秩序ある脱炭素化」の余裕はない

    スペイン電力大手エンデサは、同国北西部ガリシア州アスポンテスの火力発電所を閉鎖すると発表した。これは産業転換・解体によって既に深刻な影響を受けている地域にとっては大きな経済的・社会的インパクトをもたらすだろうが、スペインのエネルギー供給網の脱炭素化へ向けた取り組みにおいては重要な第一歩だ。スペインで ...

  • 無料の公共交通機関、世界の都市の未来に?

    フランスのダンケルク市では昨年9月、住民と観光客向けの無料バスを導入して以降、自家用車の利用が激減した。同市の人口は市内で9万人余り、都市圏では約25万7000人だ。調査によると、同市でのバス利用は平日で60%以上増加し、休日には倍以上になった。また利用者に対するアンケートでは、48%が自家用車を自 ...

  • 予防医療のカギは血圧にあり 待ち望まれるイノベーション

    血圧とは、身体を循環する血液が血管の壁に対してかける圧力のことだ。主要なバイタルサイン(生命兆候)の一つで、あらゆるタイプの診断や、患者を病院に搬送する前のトリアージ(傷病の緊急度や重症度に応じた治療優先度の決定)で計測され、患者の全体的な容体を調べるにあたり大きく参考にされている。血圧は人によって ...

  • ギグエコノミー、ついに法で規制 米カリフォルニア州で新法成立へ

    米カリフォルニア州では間もなく、議会法案第5号(通称AB5)がギャビン・ニューサム知事の署名により新法として成立する予定だ。読者の皆さんは、なぜこの法案がそれほど重要なのかと疑問に思うかもしれない。同法案は、ギグエコノミーのための法的な枠組みを確立する内容だ。ギグエコノミーでは多くの場合、企業がいわ ...

  • テスラが自動車保険に参入 業界に与える影響は

    テスラは先週、ツイッターの公式アカウントを通じ、テスラ車専用の自動車保険「テスラ・インシュランス」の提供開始を発表した。まず米カリフォルニア州のみで提供し、保険料は20~30%安くなると約束している。イーロン・マスクが初めて自動車保険に言及したのは、今年4月のことだった。テスラのツイートに対しては、 ...