CONTRIBUTOR

Mark Murphy

I solve the “people pain points” that keep leaders awake at night.

I am the founder of Leadership IQ, keynote speaker, leadership researcher, and developer of the online “Science of Leadership Academy.” I am the author of five books, including the New York Times bestseller "Hundred Percenters: Challenge Your People to Give It Their All and They’ll Give You Even More." My prior book, "Hiring for Attitude," was chosen as a top business book by CNBC. Some of my most well-known research studies include “Are SMART Goals Dumb?,” “Why CEO's Get Fired,” “Why New Hires Fail,” “High Performers Can Be Less Engaged,” and “Don’t Expect Layoff Survivors to Be Grateful.” I’ve lectured at The United Nations, Harvard Business School, Microsoft, Merck, MasterCard, Charles Schwab, Aflac and hundreds more.

  • ビデオ面接でも重要に 採用側が冒頭で述べるべきこととは?

    どのような仕事でも、採用面接での目標は候補者に話をさせ、面接で装うペルソナの裏に隠された真の姿を明らかにさせることだ。あなたの仕事は、候補者を事前に用意された回答から引き離し、ありのままの真実を引き出すことだ。これは対面での採用面接でも難しいことなので、ビデオ面接になればなおさらだ。候補者の技術的ス ...

  • 「黒人人材の少なさ」を嘆いたウェルズ・ファーゴCEOの問題点

    米銀大手ウェルズ・ファーゴは、多様性の分野で称賛に値する目標を掲げている。その中には、5年以内に黒人リーダーの数を倍増させることがあるが、英ロイター通信の報道によると、同社は早くもこの目標を達成できない言い訳をし始めた。同社のチャールズ・シャーフ最高経営責任者(CEO)は今年6月、多様性向上の取り組 ...

  • 上司との関係を直ちに改善する、たった一つの質問

    筆者のコンサルティング企業リーダーシップIQがインターネット上で1万人以上を対象に行ったアンケート調査「Which Types Of Power Do You Use(あなたのどの種類の力を使っている?)」では、全ての目標を達成するのに十分な力を持っていないと感じている役員や管理職が約60%に上るこ ...

  • 従業員の燃え尽き症候群 緩和のために毎朝尋ねるべきこと

    大半の人は現在、普段よりも燃え尽きたように感じている。燃え尽き症候群は私たちの心の健康を大きく損なっているだけでなく、生産性も下げ、ミスを増やすことが研究から示されている。これは現在、どの企業でも見過ごす余裕がないものだ。従業員の燃え尽き症候群の大きな原因の一つは、仕事で何も達成できていないという感 ...

  • キャリア満足度を倍以上高める思考法

    あなたは、一生懸命働きさえすれば成功できると、心の底から信じているだろうか? それとも、自分ではコントロールできないことによって計画が狂い、成功できないかもしれないと感じるだろうか?ここで言及しているのは、ローカス・オブ・コントロール(統制の所在)という概念だ。統制の所在が自分の内側にある人は、自分 ...

  • 長すぎる「やることリスト」 仕事の天敵に

    あなたは、やりたいこと全てをする時間が十分あると感じているだろうか? 最新データからは、大半の人が自分には時間が足りないと感じていることが分かっている。そして私たちはこのたび、その大きな理由を発見した。私が創業したコンサルティング企業「リーダーシップIQ」は、1万7000人以上を対象として「How ...

  • 聞く力を上げるために断つべき3つの言葉

    あらゆる人が素晴らしい聞くスキルを持ちたいと言うものだが、実際にそのスキルを持つ人は残念なことに少ない。私が創業したコンサルティング企業「リーダーシップIQ(Leadership IQ)」の調査「The Risks Of Ignoring Employee Feedback(従業員フィードバックを無 ...

  • 採用面接で悪い上司を見極める3つの方法

    楽しめる仕事や適切な報酬、素晴らしい上司などがそろった素晴らしい仕事環境を見つけるのは簡単ではない。最初の2つの要素の評価は非常に分かりやすいが、素晴らしい上司の元で働けるかどうかを正確に予測するのは難しい。私が創業したコンサルティング企業「リーダーシップIQ(Leadership IQ)」の調査か ...

  • 独裁者は嫌われるとは限らない? 必要とされる場面とは

    現代的な働き方が浸透しつつある今、独裁的なリーダーを好む人がいるかもしれないと言うと、邪教的な扱いを受けてしまうかもしれない。独裁者をインターネットで検索するとアドルフ・ヒトラーらが代表例として出てくるが、独裁的なリーダーはファシストとは異なる。独裁的なリーダーは、他人の仕事のやり方などをコントロー ...

  • 説明し過ぎは逆効果 建設的なフィードバックをうまく与える方法

    「改善のための大きな一歩」とは魔法のようにひらめく瞬間で、自分が間違っていたことや何が間違っていたのか、なぜ間違ったのか(あるいはどのようにするのが正しいのかまで)悟る瞬間だ。誰かに修正のためのフィードバックや建設的な批判を伝える場合は、改善のための大きな一歩を踏み出させる上で十分な量のフィードバッ ...

  • チェンジマネジメントを成功に導くたった一つの問い

    変革を試みる組織の大半は、「なぜ変化が必要なのか」という問いに対する完全な答えを従業員に示せていない。これは簡単に答えられる問いにも思える。「なぜ」この変化が起きているのか、「なぜ」従業員の参加が必要なのかを説明するだけでよいのだ。それでも従業員の大半は、リーダーのチェンジマネジメントの取り組み(ま ...

  • 判断力のないリーダーと思われないために 避けたいありがちな過ち

    リーダーであれば、賢い意思決定ができる人物として見られたいと思うものだ。しかしリーダーがどんなに賢い決断を下そうが、あるひとつの過ちを犯すことで劇的に信用を失い、判断力のない人間としてみなされてしまうことがある。しかも皮肉なことに、その過ちとは意思決定のプロセス自体ではなく、自身の決断を伝える方法を ...

  • 回答を準備する人が多い典型的な面接質問 避けるべき理由とは?

    テストの前に問題の内容を知ることは、学問の場面ではカンニングとされ厳しい罰が与えられることが多い。しかし、優秀な人とそうでない人を見分けることを目的とした一種のテストである採用面接は、これとは全く異なる状況だ。私が創業したコンサルティング企業「リーダーシップIQ(Leadership IQ)」が行っ ...

  • 悪化した上司との関係を修復する方法

    人は上司との関係がこじれると、第一の反応として、相手を避けてしまいがちだ。「自分の仕事をこなし、しばらく上司の目を避ければ、そのうち収まるかもしれない」──と。相手を避けることは、上司と向き合う気まずさや労力、難しさを避ける良い方法に思えるかもしれないが、それでは問題は解決しない。また、問題を避けて ...

  • 従業員エンゲージメント調査の有効利用 問題を絞ることが課題

    私が創業したコンサルティング企業「リーダーシップIQ(Leadership IQ)」が行った調査では、従業員エンゲージメント調査の結果から良い成果を残せていない企業は78%に上ることが判明した。リーダーシップIQのインターネット調査「How Good Is Your Employee Engagem ...

  • 面接で候補者の誠実さが分かるたった一つの質問

    ほとんどの会社は、しっかりとしたモラルのある人を採用したいと考えている。結果がどうなるかにかかわらず、正しいことを行い、間違ったことを拒否する気質は、機密情報を守る、会社の設備やリソースを個人的な用途に使わない、会社の方針に従う、間違いを認めてそれから学ぶ、信頼と忠誠心のある関係を構築する、などの行 ...

  • M・ジョンソンの電撃辞任が証明した「感情を偽ること」のつらさ

    米プロバスケットボールNBAのロサンゼルス・レーカーズ社長だったマジック・ジョンソンは先日、上司や組織内の誰にも告げないまま辞任を電撃発表し、スポーツ界を揺るがした。ジョンソンは、原稿なしで臨んだ記者会見で、レーカーズの社長として自分らしく振る舞えなかったことを嘆き、「また楽しくやれるようにしたい」 ...

  • 無駄な話が多過ぎる? 要点をずばり述べることの大切さ

    私が創業したコンサルティング企業、リーダーシップIQ(Leadership IQ)で実施したインターネットアンケート調査「あなたのコミュニケーションスタイルは?」には18万人以上が回答した。そのデータを分析した結果、4分の1近くの人が直感型のコミュニケーション手法を取っていることが分かった。このタイ ...

  • 「ストーリー」がキャリアの弊害に 必要なのは相手を見極めること

    営業やマーケティング分野で一般的なアドバイスとして、「stories sell(ストーリーは売れる)」がある。またはもう少し長いものとして、「facts tell but stories sell(事実は語るが、ストーリーは売れる)」がある。これは正しいアドバイスであることが多いが、職場で上司・役員 ...

  • 社内で広まる悪いうわさ 拡散防止への6ステップ

    うわさが存在する理由はさまざまだ。気晴らしのため、特定の意見を裏づけるため、関心を引くため、状況を操作するため、あるいは自分の心理状態と目に見える実状との折り合いをつけるための場合もある。しかしほとんどの場合、うわさの原因となるのはあいまいさだ。人はただ、情報のギャップを埋めようとしているだけなのだ ...