Forbes Staff

Vicky Valet

I cover leaders and the wellness practices they (should) follow.

I produce the Leadership channel for Forbes.com, working with our staff and contributors to publish everything you need to know about the ever-changing workforce and the people influencing our world. When I’m not producing, I write about wellness as it pertains to professionals. Email me at vvalet@forbes.com.

  • 「高卒向けのリンクトイン」 米国で1億人が利用するJobcaseとは

    サーシャ・コントレラス(55)は、ゼロックスでの時給12ドルのカスタマーサービスの仕事を辞め、米ワシントン州エルムでの生活を諦めねばならなかったとき、途方に暮れた。夫は2016年2月、ミシシッピ州の地方部にあるカジノでシェフとして働き始めた。コントレラスはその翌年、17年連れ添った夫が浮気をしていた ...

  • 「企業の責任」で高評価の会社ランキング 今年はレゴが首位奪取

    昨年は、世界的な大企業がスキャンダルによって粉々になった自社の評判を回復するべく、危機対応に追われる事例が相次いだ。多くの企業が未だに利害関係者の信頼を回復できなかった一方で、企業の責任(CR)に対するコミットメントにより大きな飛躍を遂げた企業もある。「2018年は信頼が低下した年だった。そして今、 ...

  • 米国の新卒者に最適な職場ランキング 今年はリンクトインが躍進

    ジェネレーションZは今、労働市場を席巻しており、この世代を雇おうとする雇用主たちは、かつて有効だった採用戦略がもはや通用しないことに気付き始めている。給与の高さはこの世代でも最重要とされているが、今の新卒者らはさらに、組織が自ら掲げる理念を真の意味で体現している職場で働きたいとも考えている。そして企 ...

  • 米国で女性に最高な職場ランキング 今年の1位はエスティローダー

    女性たちは近年、職場での平等の実現に向け着実な進歩を遂げてきた。しかし女性の占める割合は大学の学生で56%、新卒レベルの仕事では48%なのに対し、Cスイート(経営幹部)ではわずか23%だ。一歩前進するごとに、米実業界の大部分は遅れを取っているように感じられる。しかしありがたいことに、組織の中にはうま ...

  • 世界で評判の良いCEOランキング トップ10中8人が入れ替わり

    グーグルはかつて問題など起こりえない企業と思われていたが、そこで浮上したのが2017年の悪名高き「メモ」だ。グーグルの元ソフトウエアエンジニアが社による多様性の取り組みを批判したこの文書は、同社の名声を傷つけた。同社のサンダー・ピチャイ最高経営責任者(CEO)は、この危機に対して透明性のある形で対応 ...

  • ハワード・シュルツが語る、危機下でのリーダーのあり方

    ハワード・シュルツが2008年にスターバックスの最高経営責任者(CEO)に復帰した時、彼がその数十年前に世界で最も名の知れたブランドの一つに育て上げたこのシアトルのコーヒー企業は、危機に陥っていた。何年もの間、ダンキンドーナツやマクドナルドと競合し、朝食用サンドイッチを展開して雰囲気を犠牲にしていた ...

  • 2018年にキャリアが失墜した大物12人(前編)

    役員室から法廷への転落から、突然の失脚、さらには芋づる式の失墜まで、2018年にはキャリアを完全に崩壊させる大物が相次いだ。その中からフォーブスが選んだ最大の転落者12人のうち、本稿では6人を紹介する。(順番は苗字のアルファベット順)ロザンヌ・バー米国国歌をわざとぞんざいに歌ったり、アドルフ・ヒトラ ...

  • 燃え尽き経験を億単位のビジネスに 29歳女性起業家の成功の秘訣

    ロックスクリーンアプリ「ロケット(Locket)」リリースに向け激務をこなす3年間が続いた後、疲れ果てたユナ・キム(29)は瞑想(めいそう)を始めた。フォーブスがまとめる革新的な若手のリスト「30アンダー30」にも選ばれたキムは、「少し懐疑的だった」と話す。「でも、瞑想を始めてから自分の生活やストレ ...

  • CSRの評判が高い企業ランキング 今年の1位はグーグル

    昨年は、多くのグローバル企業が自社のイメージ回復に努めた1年となり、敵なしにも思えたテクノロジー大手各社も評判上の危機は免れなかった。だが、アップルとフェイスブックが一連のスキャンダルの影響に今も苦しむ一方、グーグルは難を逃れたようだ。「グーグルは今でも、就職先として人気が高い。大志があり、『悪事は ...

  • 米国の新卒者にとって最高の企業 首位はアドビ、2位に任天堂

    米国の新卒者たちは近年、柔軟な勤務体系やキャリア開発の機会などを、給与額やブランド知名度と同様に重視するようになっており、各企業の間では優秀な学生の獲得競争がかつてないほど激化している。そうした競争の中で、大学新卒者の就職先として特に際立っている企業がいくつかある。フォーブス誌はそうした企業を特定す ...

  • 就職活動で落ち込んだとき、覚えておくべき3つのこと

    あなたは夢の仕事を胸に抱き、履歴書を更新して、面接で聞かれそうな難しい質問への答えも用意し、就職活動の準備は万端な状態かもしれない。しかし、労働市場がどんなに求職者に有利な状況であっても、内定を獲得するまで一度もつらい経験をしなくて済むとは考えにくい。人材コンサルティング企業ロバート・ハーフの上級エ ...

  • 米国の女性にとって最高の職場は? フォーブス初のランキング発表

    #MeToo運動が全米の職場に衝撃を与えてから9カ月がたった今、多くの企業の文化がゆっくりと反応を示し始めている。女性が重視する平等な賃金、昇進の機会、家族休暇などの面でのサポート強化に苦心している組織が多い一方で、以前からしっかり対応してきた組織もあるようだ。フォーブスは、市場調査企業スタティスタ ...

  • 評判の良い国ランキング 日本が急上昇しトップ10入り

    世界のビジネス界はここ数年、評判の急降下に見舞われており、企業に対する信頼感は、2000年代後半のグレートリセッション(大不況)以来最も大きく低下している。この"信頼の危機"は、世界の大手企業とそのトップに立つリーダーたちの一部を揺るがしたのみならず、各国にも影響を与えている。「企業や国家に対し、世 ...

  • 米国の職業別給与ランキング2018 トップ10とワースト10

    プロのアスリートや企業役員が得る億単位の収入は最も目を引くかもしれないが、米国で最も大きな給与を得ている職業は、依然として医師のままだ。フォーブスは、米労働統計局(BLS)の職業別雇用・推定賃金に関するデータを基に、給与が最も高い職業と低い職業を調べた。データは2017年5月時点のもので、全分野を対 ...

  • カナダで評判の良い企業ランキング お国柄を色濃く反映

    世界のビジネス界ではこのところ、企業が正しい行いをしていると信じられない人が61.5%にも上るという危機的状況にある。企業幹部らは利害関係者たちの信用を取り戻そうと奮闘しているが、少なくともカナダでは企業の評判が失墜を免れていることを知れば、いくぶん安心できるかもしれない。「世界中で企業の評判が下が ...

  • 世界で評判の良いCEO トップ10に任天堂社長

    グーグルの元ソフトウエアエンジニア、ジェームズ・ダモアが昨年7月、同社の多様性の取り組みを批判する文書を発表すると、同社の評判は悪化したが、同社のサンダー・ピチャイ最高経営責任者(CEO)の評判は変わらなかった。ピチャイは、多様性に関する議論に正面から向き合った。ダモアを解雇して差別を批判する旨の電 ...

  • 米国の経営コンサル企業ランキング2018

    不安定な経済状況が続く現代では、企業にとって外部からの視点は非常に貴重な資産となる。合併の戦略を立てたり、研究開発に投資したり、競争力のあるコスト体系を導入したりする際に、経営コンサルティング企業を活用する事例が増えているのも、もっともな流れだ。英調査企業ソース・グローバル・リサーチ(Source ...

  • 米国で評判の良い企業ランキング 激動の2018年、スバルが大躍進

    一部の世界大手企業は近年、自社のイメージ悪化を食い止めることに大忙しだ。データ漏えいやフェイクニュースの急増、セクシュアルハラスメント問題や銃規制を求める抗議活動などは、世界のビジネス界に衝撃を与え続けているが、特に大きな痛手を受けたのが米国だ。評判の測定・管理サービスを提供する米コンサルティング企 ...

  • 米国の人材紹介企業ランキング2018

    採用プロセスがシンプルなことはほぼない。それは求職者側にとっても、求人企業側にとっても同じだ。米キャリア情報サイト「グラスドア」によると、優秀な人材を集めることが最大の課題だと認める採用責任者は76%に上る。また、従業員採用プロセスは、米国で1人当たり平均23.8日かかり、コストは平均4129ドル( ...

  • 世界の高評価企業ランキング 今年は「信頼の危機」が各社の試練に

    波乱に満ちたこの数年間、世界レベルで活躍するリーダーたちが学んだことがあったとすれば、それは「評判」というものがいかに崩れやすいかだろう。英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)の是非を問う国民投票や米大統領選挙をめぐる国民の分断、またフェイクニュースや#MeToo運動の台頭といった一連の出来事は ...