河田剛

河田剛|Official Columnist 河田剛

1972年埼玉県生まれ。城西大学でアメリカンフットボールを始め、1995年からリクルートシーガルズ(現オービックシーガルズ)で活動。選手として4回、コーチとして1回、日本一達成。1999年の第1回アメリカンフットボールW杯優勝メンバー。引退後、2007年に渡米し、スタンフォード大学アメリカンフットボール部でボランティアコーチに。2011年より正式採用される。現在は、本業であるコーチ業の傍ら、シリコンバレーで15年間で培った人脈を生かし、アメリカと日本、双方のスタートアップのサポートやアドバイザーを務める。2018年、サンフランシスコ大学にて、スポーツビジネスマネージメント修士を取得。現在は、母校、城西大学で客員教授も務める。近著に『不合理だらけの日本スポーツ界』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)。

子どもには東大より「スタンフォード大を目指させるべき」? スタンフォード大邦人コーチが見た「日米」のリアル