小松宏子

小松宏子|Official Columnist フードジャーナリスト

祖母が料理研究家の家庭に生まれ、幼い頃から料理に親しむ。広告代理店勤務を経て、フードジャーナリストとして活動。各国の料理から食材や手土産、器まで、“食”まわりの記事を執筆。料理書の編集や執筆も多く手がけ、『茶懐石に学ぶ日日の料理』(後藤加寿子著・文化出版局)では仏グルマン料理本大賞「特別文化遺産賞」、第2回辻静雄食文化賞受賞。

シェフが繋ぐ食の未来