Kate Dingwall

I am a freelance writer and editor, primarily covering the spirits and travel world. My work has appeared in Wine Enthusiast, MAXIM Magazine, DuJour Magazine, Eater, and VinePair, and a number of other publications, both online and print. Outside written word, I am a trained wine professional and hold my Wine & Spirits Education Trust Level III. Meaning, I am perpetually geeking out over drinks. A Canadian export, I like my martinis wet, my wine sparkling, and my plate always full. Reach me at dingwallkate@gmail.com, or on Instagram at @KateDingzy.

  • 度数半分で勝負 「低アルコール」好きを狙うカナダの新ブランド

    蒸留酒の世界では4年ほど前から、低アルコール度数(ABV:Alcohol by Volume)やノンアルコールが席巻している。健康に対する意識が高い飲酒者と、あえて酒を飲まない「ソーバー・キュリアス(Sober Curious)」ムーブメントの拡大に後押しされ、ノンアルコールテキーラから、低アルコー ...

  • イメージの変化や健康志向、米国でテキーラの人気が上昇中

    ひとくちにテキーラといっても、非常にローカルな蒸留酒から、勢いよくあおるスピリッツ、優雅に少しずつ飲む酒まで、非常に多様な世界だ。にもかかわらずこれまでは、「活気あふれる特別な場のための酒」というひとつのカテゴリーにまとめられ、見過ごされることが多かった。だが、アルコール飲料のEコマースプラットフォ ...

  • 米国もパンデミックで家飲みが増加中、人気ワインの順位に変化も

    新型コロナウイルスのパンデミックが続くなか、米国の消費者たちがいま最も求めているのは、どのワインだろうか?アルコール飲料宅配大手の米ミニバー・デリバリー(Minibar Delivery)の販売数量と売上高のデータによると、パンデミックの発生以降、売上高が最も多くなっているのはロゼワインの「ウィスパ ...

  • 「未来のバー」のために。ペルノ・リカールが学習機会を提供

    フランスの世界的酒造メーカー、ペルノ・リカールは、国連が提供するプラットフォーム「エデュケイト・オール(Educate All)」と共同で、スピリッツ業界向けの無料オンライン学習プラットフォームを立ち上げた。「Bar World of Tomorrow(未来のバーの世界)」と題するこのイニシアチブは ...