Andrew Solender

I am a news desk reporter covering politics and the 2020 election. I have previously worked for MSNBC and Chronogram Magazine. I attended Vassar College and the London School of Economics.

  • なお9ポイント差 窮余のトランプ、バイデン一家の攻撃に躍起

    米大統領選の期日が2週間後に迫るなか、世論調査で民主党のジョー・バイデン前副大統領に大差をつけられているドナルド・トランプ大統領が、選挙イベントでバイデン一家に対する攻撃を強めている。信ぴょう性に疑問がある問題を持ち出したり、乱暴な言葉であおったりと、なりふり構わず巻き返しに必死だ。トランプ陣営がこ ...

  • 米民主党が「2016年の再現」を警告、トランプを甘く見るな

    米民主党のバイデン陣営は、支持者たちに向けて今年の選挙キャンペーンは、メディアの報道が示すよりも 「はるかに接戦になる」と警告し、有利な世論調査結果に満足し、気を抜かないように呼びかけた。フォーブスが入手した内部文書で、バイデン陣営のジェン・オマリー・ディロン選対本部長は支持者らに向けて、「我々の立 ...

  • ハリー王子とメーガン妃の「選挙介入」と周囲の反応

    米国の共和党議員が10月9日、ハリー王子とメーガン妃を非難した。米大統領選挙に介入して、ドナルド・トランプ大統領を不利にするよう働きかけているというのがその理由だ。共和党のジェイソン・スミス下院議員(ミズーリ州選出)はツイッターで、「ハリー王子とメーガン妃は、米国外の称号を使ってトランプ大統領を不利 ...

  • 「米国人」と「民主党員」の二者択一 分断をあおるトランプ陣営

    米大統領選まで1カ月を切るなか、ドナルド・トランプ大統領の陣営が新たに送ったアンケートに、自分を「米国人」と思うか、それとも「民主党員」と思うかと、二者択一で問う項目が含まれていることがわかった。民主党員は米国人ではないとでも言うかのような表現で、トランプ陣営はこうした分断を助長するような発信を繰り ...

  • 米新聞各社がバイデン支持宣言、「トランプは最悪」との酷評も

    米国のワシントン・ポスト紙は9月28日の紙面で、ジョー・バイデン前副大統領への熱烈な支持を表明すると同時に、トランプ大統領の1期目の成果を厳しく批判した。同紙は、今年の米国大統領選において民主党を支持する新聞のリストに加わった。ポスト紙はトランプを「現代最悪の大統領」と呼び、「有権者は彼を失脚させる ...

  • トランプ大統領、3期目に意欲 憲法の制約も「権利ある」

    ドナルド・トランプ米大統領は、11月の大統領選で再選されれば、2024年に3期目をめざして出馬するため「交渉する」と述べた。トランプは憲法の制約を無視するかのような発言を繰り返しており、批判者からはただの軽口と捉えるべきではないと警戒する声も上がっている。問題の発言は12日、前回2016年の大統領選 ...

  • トランプ政権幹部ら、党大会の活動で法に抵触か 当局が捜査へ

    先月行われた米共和党全国大会で、ドナルド・トランプ政権の高官らが連邦職員の政治活動を規制する法律に違反した疑いがあり、米特別検察官局(OSC)は捜査を開始することを明らかにした。市民団体から告発があり、議会民主党も捜査を求めていた。トランプ政権の高官をめぐってはこれまでも、連邦職員が公的な立場や政府 ...

  • 「ハリス大統領」誕生は米国への侮辱? トランプがまた女性蔑視発言

    ドナルド・トランプ米大統領は11月の大統領選に向け、野党民主党の大統領・副大統領候補に対する猛攻撃を開始した。先ごろノースカロライナ州ウィンストン・セーラムで行った集会では、副大統領候補のカマラ・ハリス上院議員に対する辛辣な言葉を連発している。トランプはこれまでも、同議員の名誉を傷つける発言を繰り返 ...

  • トランプは大統領選で敗北なら結果受け入れを拒否? 広がる懸念

    ドナルド・トランプ米大統領が11月に行われる大統領選で敗北した場合、結果を受け入れない可能性があることを危惧する声が高まっている。ケイリー・マクナニー大統領報道官は8月19日の記者会見で、「大統領は選挙結果を受け入れるのか」という記者の問いに対し、「大統領は常に、成り行きを見て、その後で決断を下すと ...

  • 夫婦愛で米国民を感動させた「ジョー・バイデンの妻」の演説

    米大統領選に向けた民主党全国大会が2日目を迎えた8月18日、ジョー・バイデン候補の妻であるジル・バイデンが演説を行い、夫への支持を訴えた。民主党はバイデン夫妻の愛情あふれる関係を強調することで、トランプ大統領との違いを明確にした。バイデン夫妻は18日、妻のジルがかつて英語教師を務めたデラウェア州の高 ...

  • トランプ支持率下降、「保守派」からの転向が急増

    米国人の中で、自身を「保守派」と位置づける人の割合が2月の時点と比較して大幅に減少し、逆に「リベラル」と位置づける人の割合が増加していることが、ギャラップ(Gallup)による新たな調査で明らかになった。この間、他の世論調査でも、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)のさなかにあって、トラ ...

  • TikTok禁止は「トランプ再選を脅かす」、最新世論調査で判明

    米国のマイク・ポンペオ国務長官は7月6日、米国の若いユーザーらの絶大な支持を誇る中国企業の動画アプリ「TikTok」の禁止を検討していると述べた。しかし、最新の世論調査の結果から、TikTokの禁止がドナルド・トランプ大統領の秋の大統領選挙での再選に、重大な危機をもたらす可能性が浮上した。米国の議員 ...

  • 大統領目指すカニエ・ウェスト、「ワクチン陰謀論」を熱弁

    ラッパーのカニエ・ウェストは7月8日に公開されたフォーブスのインタビュー記事で、真剣に米国大統領を目指していると述べた。ウェストはさらに、「新型コロナウイルスのワクチンが、人々にマイクロチップを埋め込むために用いられる」との陰謀論を支持していることを明らかにした。ウェストはフォーブスのRandall ...

  • 世論調査の「バイデンリード」、クリントンよりも強固と言えるこれだけの理由

    11月の米大統領選に関する世論調査で、民主党の候補指名を確実にしているジョー・バイデン前副大統領が共和党の現職ドナルド・トランプ大統領に対するリードを維持している。2016年の民主党候補ヒラリー・クリントンの場合と同じように、バイデンのリードも長続きしないと思えるかもしれないが、いくつかの要因からバ ...

  • カニエ・ウェストの大統領選出馬はトランプに追い風なのか

    ラッパーのカニエ・ウェストは以前から2024年の米国大統領選挙に出馬する意向を示していたが、7月5日のツイートで、今年の大統領選に出馬すると宣言した。一部からは、ウェストが民主党のジョー・バイデン候補の票を奪うとの見方が浮上したが、データからは別の可能性が見えている。かつて、2005年の大型ハリケー ...

  • コロナ感染者急増の米国、政府が検査所への支援を終了か

    ドナルド・トランプ米大統領は6月20日にオクラホマ州タルサで行った選挙集会で、新型コロナウイルス検査数を「減らす」ことについて言及。関係者に対し、「検査実施のペースを緩めてほしいと頼んだ」と述べた。トランプはこれまでもマイク・ペンス副大統領とともに、「検査数の増加が感染者数の増加につながっている」と ...

  • K-POPファンがトランプの集会を妨害、TikTokでいたずらが拡散

    ドナルド・トランプ大統領は6月20日夜、オクラホマ州タルサで11月の大統領選に向けた選挙集会を開いたが、会場には空席が目立った。トランプ陣営は翌日の声明で、数万人のTikTokユーザーやK-POPファンらが、集会を妨害する目的で偽の電話番号を用いて席を予約していたと述べた。1万9000人を収容可能な ...

  • ペンス米副大統領がコロナ第2波を否定、「詭弁」を弄する理由

    マイク・ペンス米副大統領は先ごろ、「新型コロナウイルスの“第2波”は来ていない」と改めて強調。国内の一部の州では感染者が急増しているが、いずれも孤立した症例であり、検査数が増加した結果によるものだと主張した。だが、公衆衛生の専門家らは、ペンスはデータを正しく解釈しておらず、発 ...

  • 副大統領候補には「黒人女性を」、民主党議員がバイデンに要請

    秋の米大統領選で民主党候補指名を確実にしたバイデン前副大統領は、パートナーとなる副大統領候補には女性を選ぶ見通しだ。しかし、その有力候補と見られていたエイミー・クロブシャー上院議員が指名の辞退を宣言し、バイデンに対し、非白人の候補者を選ぶことを求めた。クロブシャーはMSNBCの番組のインタビューで、 ...

  • トランプが感染拡大でも「責任負わない」政治集会を開催へ

    新型コロナウイルスの感染者が増加傾向にあるオクラホマ州タルサで6月20日、ドナルド・トランプ米大統領が大規模な支持者集会を開催する予定だ。だが、政権の感染症対策を主導してきた米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチ所長をはじめ、公衆衛生の専門家たちは強い懸念を示している。今回 ...