CONTRIBUTOR

Ewan Spence

I look at the impact of mobile technology and online media.

I'm known for my strong views on mobile technology, online media, and the effect this has on and communication will have on the public conscious and existing businesses. I've been following this space for over ten years, working with a number of publishers, publications and media companies, some for long periods of time, others for commissions, one-off pieces or a series of articles or shows. As Scotland’s first podcaster, I continue to be a prominent voice in the rise of podcasting and new media online, and picked up a British Academy (BAFTA) nomination for my annual coverage of the Edinburgh Festival Fringe, alongside contributions to Radio 5 Live, the BBC World Service, presenting Edinburgh local radio's coverage of the General Election. You'll find me on Twitter (@Ewan), Facebook, and Google Plus.
The author is a Forbes contributor. The opinions expressed are those of the writer.

  • サムスン「超音波式指紋センサー」の不具合がようやく解決

    サムスンは今年の最新モデルのGalaxy S10の、指紋認証センサーの不具合に苦悩してきたが、ようやく解決のめどがついた模様だ。同社は、クアルコムからこの問題に対処するソフトウェアの提供を受けて公開した。さらに、来年のGalaxy S11には新たなセンサーが搭載される見通しだ。Galaxy S10に ...

  • アップルの5G対応iPhoneはAirPodsと「セット販売」の可能性

    台湾のニュースサイトDigitimesが、アップルが2020年のiPhone 12の発売にあたり、ワイヤレスイヤホンのAirPodsを同梱して販売する可能性を指摘した。あり得ない話にも聞こえるが、アップルがこの賭けに打って出ることも十分考えられる。Digitimesが関係筋から得た情報によると、アッ ...

  • アップルが399ドルの「廉価版iPhone」で狙うサービス部門の増収

    アップルが今年発売したiPhone 11シリーズは好調な売上を記録したが、長期的観点でiPhoneの出荷台数を増やすことは困難だ。同社はこの状況の立て直しに向けて、来年の第1四半期の終わりに、「iPhone SE2」と呼ばれる廉価版の端末を投入しようとしている。直近のレポートで、SE2の売上が今後の ...

  • 2020年の新型iPhoneは「3機種全てが5G対応」、出荷目標8000万台

    アップルは2020年に発売する3機種の新型iPhoneを、5G通信に対応させる見通しだ。このニュースは10月30日、Nikkei Asian Reviewによって報じられた。アップルは世界で最も先進的なテクノロジー企業としての地位を取り戻すため、来年の5G対応のiPhoneの目標出荷台数を8000万 ...

  • アップルiPhone 11の好調がサムスンに与える「意外な利益」

    アップルが先月発売したiPhone 11シリーズは好調な売上を記録し、同社の株価は史上最高値を更新した。しかし、新型iPhoneの売上に気を良くしているのは、ティム・クックらのチームのみではない。アップルの最大のライバルである韓国のサムスンも、意外な恩恵を受けている。iPhone向けのOLEDディス ...

  • アップルが「OSの更新率」でアンドロイドに勝ち続ける理由

    アップルのモバイル向けOSであるiOSは、アンドロイドに比べて非常に高い最新版への更新率で知られるが、9月19日にリリースされた最新版のiOS 13も、既に全iPhoneの半分にインストールされ、昨年発売された端末へのインストール率は55%に達している。グーグルもAndroidの最新版のAndroi ...

  • アップル、廉価版iPhoneを「異例の発売スケジュール」で投入へ

    アップルが来年、従来の製品よりも安価な「iPhone SE 2」を発売するというニュースは既に報じられていたが、消費者がこの端末を手にするのは2020年の第1四半期になる見通しだ。著名アナリストのミンチー・クオは最新レポートで、廉価版iPhoneとされるiPhone SE 2の発売が来年の第1四半期 ...

  • マイクロソフトの2画面端末、最大の課題は「アプリの準備」に

    マイクロソフトは10月2日、ニューヨークのイベントで、2つの画面をヒンジでつないだ「Surface Neo」と「Surface Duo」と呼ばれる新デバイスを発表した。スマホ業界ではこのところ、折りたたみ式端末がトレンドとなったが、マイクロソフトの2画面端末は同社のイノベーションへの意欲を鮮明にした ...

  • 新iPhone「タッチペン」対応の可能性、専用ケース準備中の業者も

    アップルは9月10日に開催のイベントで、新型iPhoneの3モデルを発表する見通しだ。今年のiPhoneは昨年と同様な3モデル体制で、上位モデルのiPhone11 Pro及びPro Max、廉価版のiPhone11になるとみられている。新機種については既に様々なリーク情報が報じられているが、アップル ...

  • iPhoneの欧州市場シェアが17%下落、アップルの悪夢が鮮明に

    アップルは9月にiPhoneの新型モデル3機種を発表する予定だが、今年の新端末が魅力に乏しいものになることは、周知のこととなっている。iPhoneの売上の減少は今後も続き、ティム・クックCEOが厳しい立場に追い込まれることは確実だ。アップルは今後、ソフトウェアやサービス部門に注力すると宣言したが、顧 ...

  • iPhoneの「指紋認証復活」は2021年に延期、著名アナリストが報告

    アップルは2020年に発売の新型iPhoneで、指紋認証のTouchIDを復活させるとの情報が伝えられていた。しかし、指紋認証の復活は2020年ではなく、そこからさらに1年先の2021年になるという。つまり、今から25カ月も先のことになるというのだ。この情報は著名アナリストのミンチー・クオ(郭明錤) ...

  • 5G対応急ぐアップル、インテルの「モデム事業」買収を画策

    世界各国の通信キャリアが5Gネットワークを立ち上げる中で、スマートフォンメーカー各社は年内に5G対応端末を発売しようとしている。しかし、アップルが5G対応端末を発売するのは、早くても2020年の9月になる見通しだ。アップルが5G対応を果たすにあたり最大の課題となったのは、5G対応のモデムの調達だった ...

  • 2020年の「iPhone SE新バージョン」は5G対応、著名アナリストが予測

    iPhoneファンにとって嬉しいニュースが舞い込んできた。アップルは高性能なOLEDディスプレイを搭載し、高速なインターネット接続が可能になる5G通信に対応の新型iPhoneを開発中だ。さらに、5.4インチの小型の端末の発売も予想されており、iPhone SEのようなコンパクトなモデルを好む人にも喜 ...

  • アップル、5G導入でクアルコムに加えサムスンを検討中説

    アップルはクアルコムと長年続いた紛争を決着させたが、ティム・クックはiPhoneの5G対応を進める上で、ある策略を練っているようだ。著名アナリストのミンチー・クオ(郭明錤)の最新レポートをMacRumorsが掲載した。クアルコムとの特許料を巡る争いで和解したアップルは、これでようやくクアルコムから5 ...

  • ファーウェイCEO、アップルに「5Gモデム」提供可能と発言

    競合のアンドロイド端末メーカーらが、先を争って5G端末を市場に投じようとする中で、アップルの5G端末のリリースは2021年までずれこむ可能性がある。アップルは長年に渡るクアルコムとの紛争に決着をつけたことで、来年にはクアルコムから5Gモデムの供給を受けられるかもしれない。一方で、アップルが当初5Gモ ...

  • 新iPhoneは大容量バッテリー搭載、AirPods 2の無線充電に対応か

    アップルが新型iPhoneのバッテリー容量を拡大し、他のデバイスを充電する機能を加える可能性が浮上した。この新機能は、リバースワイヤレス充電と呼ばれる無線充電を可能にする。この情報は確度の高いリーク情報で知られるアナリスト、ミンチー・クオ(郭明錤)の最新レポートで公開され、ニュースサイト「Apple ...

  • 新iPhoneはトリプルカメラ、ファーウェイに「18カ月遅れ」で発表へ

    アップルが今年リリースする新型iPhoneのうち、最大のモデルがトリプルレンズ仕様になる可能性がまた高まった。アップル製品のサプライチェーン関係者が、2019年は昨年以上にトリプルレンズの需要が高まると述べている。この情報はスマホのレンズモジュールの大手サプライヤーである、台湾のLargan Pre ...

  • 「囲い込み」では勝てない、アップル絶不調から見えてきた事実

    アップルがこの先も繁栄を望むのであれば、ティム・クックCEOは一刻も早く自社製ハードウェアでユーザーを囲い込むことをやめ、全サービスのオープン化を進めるべきだ。アップルは先日、投資家に向けて今後の売上減少に関する警告を発し、ティム・クックは今後、ソフトウェアやサービス部門を増強すると宣言した。しかし ...

  • アップルの2018年最大の戦略ミスとなった「iPhone SEの廃止」

    iPhoneの新モデルの売上不振のニュースが連日報じられている。アップルが今年犯した最大の過ちが、iPhone SEを廃止し、ハイエンド端末に集中する決定を下したことではないだろうか。iPhone SEは価格を抑えつつ、非常に高い評価を得たモデルだった。しかし、ティム・クックらがハイエンド端末に特化 ...

  • アップル社内で進む「緊急プロジェクト」、匿名社員が告白

    iPhoneの売上不振に直面するアップルの社内の様子が、漏れ聞こえてきた。ブルームバーグのMark Gurman記者は先日の記事で、アップルがiPhoneの売上増を狙い、通信キャリアへの補助金を増額し、最大で300ドルの割り引きとなる旧型端末の下取りプログラムを開始したと報告した。アップル社内では1 ...