Forbes JAPAN | magazine

最先端の経済誌「Forbes JAPAN」の記事紹介

2014年6月より「フォーブス ジャパン」と題し新創刊しました。(世界38カ国にてライセンス版を刊行)。
「世界から日本に、日本を世界へ」をテーマに、グローバルな視点を持つ読者たちに向け、フォーブス本国版、各国版の記事をキュレーションし、日本オリジナル記事と共に構成。雑誌のバックナンバーから記事をご紹介します。https://forbesjapan.com/magazines/backnumber

  • マクラーレン、公道も走りやすい「頭脳的な」スーパースポーツカー

    自動車のブランドイメージをひと言で表せる場合がある。F1常勝でもあるメルセデス・ベンツは“インビンシブル(無敵)”であり、テスラなら“リインベンティング(発明が得意)”だろうか。 英国のマクラーレンには、“セレブラル(頭脳的)” ...

  • デザインを変えずに70%のコンポーネンツを変更──シャネル

    腕時計は、より多様化し、より個性的になってきた。もっと腕時計に興味が持てれば、自身のスタイルは格段に向上するだろう。CHANEL J12デザインは大きく変えずに、70%以上のコンポーネンツを変更した。変更点はムーブメントを汎用のものから、シャネルが資本参加したケニッシ社製の自動巻きに切り替えたこと。 ...

  • G-SHOCKの中でも特に耐久性、堅牢性に優れたモデル「MTG」新作登場──カシオ

    時計は、より多様化し、より個性的になってきた。もっと腕時計に興味が持てれば、自身のスタイルは格段に向上するだろう。CASIO─G-SHOCK MTG-B1000XBD耐久性、堅牢性に優れたG-SHOCKのなかでも、とくに強力なスペックを誇る「MTG」シリーズが、今年発売20周年を迎え、軽量でありなが ...

  • マッケンジー・ベゾス 全米富豪15位の「語らない女」

    1996年の初頭、アマゾン本社にあった彼女のオフィスは、準社員のキッチンと兼用だった。彼らが電子レンジを回している傍で経理を処理し、夜になれば倉庫に商品を梱包しに行った。アマゾン創業者ジェフ・ベゾスの元妻、マッケンジー(49)を取り巻くミステリーは、注意深く整えられていったようにも見える。アマゾン草 ...

  • 個性が漲る、斬新なデザイン|紳士淑女の嗜み

    Forbes JAPAN本誌で連載中の『紳士淑女の嗜み』。ファッションディレクターの森岡弘とベテラン編集者の小暮昌弘が「紳士淑女が持つべきアイテム」を語る。今回は3月号(1月24日発売)より、「オークリー」のアイウェアをピックアップ。森岡 弘(以下、森岡):もはやアイウェアも着こなしの一部。自己表現 ...

  • 1年で1秒しか時間のズレが生じない──シチズン

    腕時計は、より多様化し、より個性的になってきた。もっと腕時計に興味が持てれば、自身のスタイルは格段に向上するだろう。CITIZEN─The CITIZEN AQ6010-06A1年で1秒しか時間のズレが生じない、これまででもっとも正確な腕時計である。搭載する「Cal.0100」は、GPSや電波時計の ...

  • ボーマティックの進化版を搭載──ボーム&メルシエ

    腕時計は、より多様化し、より個性的になってきた。もっと腕時計に興味が持てれば、自身のスタイルは格段に向上するだろう。BAUME & MERCIER─Clifton Baumatic 18KPG COSC昨年新開発されたムーブメント「ボーマティック」の進化版を搭載したモデルだ。ヴァルフルリエと ...

  • 創業者が愛したエメラルドカットのフォルムを採用──ハリー・ウィンストン

    腕時計は、より多様化し、より個性的になってきた。もっと腕時計に興味が持てれば、自身のスタイルは格段に向上するだろう。HARRY WINSTON─HW Emerald 33mm世界最高峰のジュエラーのひとつ、ハリー・ウィンストンが時計の分野に進出して30年。今年の新作は、創業以来、ダイヤモンドを一途に ...

  • 「社長室に行かない専務」が評価された理由

    撮影場所は、東急プラザ表参道原宿にあるワコールのショップだった。男性にとって女性用インナーウェアが並ぶ店内は一種の聖域で、なんとなく足を踏み入れがたいものだ。しかし、現場に現れた社長の安原弘展に、ためらう様子は一切ない。「そわそわしたのは入社後一週間だけ。すぐに慣れますよ」とからから笑う表情からは、 ...

  • 地球から見た宇宙を表現──エルメス

    腕時計は、より多様化し、より個性的になってきた。もっと腕時計に興味が持てれば、自身のスタイルは格段に向上するだろう。HERMÈS─Arceau L’ Heure de la Lune月をテーマに、地球から見た宇宙を表現したモデルだ。まず目につくのが、時間と日付が表示されたス ...

  • 「可能な限りビッグになりたい」世界最大ホテル帝国が成長を続ける秘密

    エアビーアンドビーの台頭やミレニアル世代の嗜好の変化。逆風のホテル産業で、業界きっての成長を続け、その帝国を拡大し続けるマリオット。その秘密に迫る。2015年10月のある日、アーン・ソレンソンは電話を手にし、会長のビル・マリオットの番号にかけ、常軌を逸した提案をする。「W」「セントレジス」「ル・メリ ...

  • ビジネスにおける価値の創造は芸術の価値と似ている

    「東京フィルハーモニー交響楽団」の「第九」特別演奏会。経済人にとっての音楽の意義は楽団長にはどう見えているか。年末恒例の東京フィルハーモニー交響楽団(以下、東京フィル)の「第九」特別演奏会。2014年より本公演の協賛を続けているフォーブス ジャパンのライフスタイル編集部執行役員の佐藤英樹が石丸恭一楽 ...

  • ヴィンテージ感漂うべーシックモデル──モンブラン

    腕時計は、より多様化し、より個性的になってきた。もっと腕時計に興味が持てれば、自身のスタイルは格段に向上するだろう。 MONTBLANCーMontblanc Heritage Automatic ヘリテイジラインのなかでも、もっともベーシックなモデルである。価格もステンレススチールで20万円台からと ...

  • 闘う相手は「慣習」である 起業家に必要な推進力とは

    各界のCEOが読むべき一冊をすすめるForbes JAPAN本誌の連載、「CEO’S BOOKSHELF」。今回は、クラウドポート代表取締役の藤田雄一郎が「ムハマド・ユヌス自伝」を紹介する。本書を読んだ2013年。私は、金融とITを融合させた新たなビジネスに可能性を感じ、起業を考えていま ...

  • 伝統的な美学と現代の技術を融合──チューダー

    腕時計は、より多様化し、より個性的になってきた。もっと腕時計に興味が持てれば、自身のスタイルは格段に向上するだろう。 TUDORーBlack Bay Bronze 「ブラックベイ」は、伝統的な美学と現代の時計作りの技術を融合したモデル。今年は、ブロンズケースに新色のスレートグレーをダイヤルとベゼルに ...

  • 航空計器のデザインにインスピレーション──IWC

    腕時計は、より多様化し、より個性的になってきた。もっと腕時計に興味が持てれば、自身のスタイルは格段に向上するだろう。 IWCーPilot’s Watch Chronograph Spitfire 航空計器のデザインにインスピレーションを受け、製作されたのがパイロットウォッチ「マークⅪ」。 ...

  • ブランド初のアクティブモデル──A.ランゲ&ゾーネ

    腕時計は、より多様化し、より個性的になってきた。もっと腕時計に興味が持てれば、自身のスタイルは格段に向上するだろう。A. LANGE & SÖHNE──Odysseusブランドで初めてアクティブなライフスタイルのためのモデルが登場した。ツァイトヴェルク以来、6つ目のコレクションであ ...

  • 世紀を超えた新作──カルティエ

    腕時計は、より多様化し、より個性的になってきた。もっと腕時計に興味が持てれば、自身のスタイルは格段に向上するだろう。CARTIER Santos-Dumont1904年に発表されたオリジナルに忠実なスタイルをもった新作。飛行機からインスパイアされたかのようなケースは、懐中時計の定番であるラウンド型で ...

  • 家族闘争と後継者争いを勝ち抜いた米メディアの新しい「女帝」

    コンテンツこそが王様だ──。米メディア複合企業「バイアコム」のサムナー・レッドストーン元会長(96)は、ことあるごとにそう訴えてきた。しかし経営陣はコンテンツではなく、市場の評価ばかりを気にして自社株の買い戻しを進め、高齢のレッドストーンの後継争いに明け暮れた。米メディア業界がデジタルの波に飲み込ま ...

  • とにかく機械式という時代は終わった──3人のジャーナリストが時計を語る

    大型、複雑時計、ブルー文字盤などなど、それぞれの時代には傾向があったのだが、今年は果たしてどうなのか?スイスで取材をしてきた3人のジャーナリストが語り合った。篠田:フォーブスなのでデータっぽい話をしましょうか。スイス時計協会の統計だと、2017-18年の輸出額は全世界で+6.3%なんです。日本は+9 ...