Bryan Robinson

.

I am the author of two novels and 40 nonfiction books, including #CHILL: TURN OFF YOUR JOB AND TURN ON YOUR LIFE (William Morrow) and the long-selling CHAINED TO THE DESK: A GUIDEBOOK FOR WORKAHOLICS, THEIR PARTNERS AND CHILDREN, AND THE CLINICIANS WHO TREAT THEM (New York University Press). My books have been translated into fifteen languages. I am Professor Emeritus at the University of North Carolina at Charlotte, where I conducted the first studies on children of workaholics and the effects of workaholism on marriage. I built my career on the themes of resilience and work/life balance and have lectured throughout the world on work addiction and workplace issues. My research was featured on 20/20, Good Morning America, ABC’s World News Tonight, NBC Nightly News, NBC Universal, The CBS Early Show, CNBC’s The Big Idea. I hosted the PBS documentary, Overdoing It: How to Slow Down and Take Care of Yourself. I maintain a private psychotherapy practice in Asheville, NC and reside in the Blue Ridge Mountains with my spouse, three dogs, one cat, several tropical birds, and occasional bears at night.

  • 「儀式」が結婚の意思に影響 研究結果が示唆

    記念日や誕生日を祝うこと、祝日、定期的に一緒に夕食を取ること、金曜日の夜に映画を見ることなど、パートナーと「儀式」のように必ず守る習慣をつくれば、家族関係を維持する上で非常に役立つことが、過去の研究から示されてきた。祝日や誕生日、記念日を祝う家族は、こうした儀式的習慣を持たない家族よりも関係が強固で ...

  • 人型ロボットの「不気味の谷」 実験でメカニズム解明

    人間が職場でかつて行っていた業務にロボットやアンドロイド、人工知能(AI)が導入される場面は増えている。人はこうしたロボットをただの認知力のある機械として捉える限り問題はないが、見た目が人間に似るようになると、気持ち悪いと感じるようになる。その原因を解明したとする研究結果が最近、科学誌パーセプション ...

  • ブルーライトカット眼鏡、生産性向上に貢献 研究結果で示唆

    仕事のストレスのせいで良く眠れないと感じている人は多く、米国ではその割合がなんと52%にも上る。睡眠不足は問題につながるもので、睡眠の長期的影響に関する研究からは、睡眠時間が6時間以下の人は4~7年分の老化に相当する脳機能の低下が起きることが示されている。睡眠不足はストレス耐性を低下させ、脳機能を損 ...

  • フェイクニュースに記憶力向上効果? 新たな研究結果

    私たちは日々、電子メールやテキストメッセージ、ソーシャルメディアから大量の情報を受け取っている。画像加工技術や、真実を語らない政治家の存在により、何を信じればよいか分からなくなってしまうことも多い。そうした中で、「フェイクニュース」という言葉の登場により、人は自分が読んだり見たりしたニュースについて ...

  • ストレスとうつ病のつながり カギとなる脳内タンパク質を特定

    気分を制御するホルモン「セロトニン」の機能とストレスホルモン放出の両方に対して重要な役割を果たす脳内タンパク質が、スウェーデン・カロリンスカ研究所のチームにより特定された。科学誌モラキュラー・サイカイアトリーに掲載された論文によると、トラウマ(心的外傷)や重度のストレスを経験した人の一部は慢性的なス ...

  • 完璧主義と心配性が過干渉育児を生む? 新たな研究結果

    過保護が子どもにもたらす悪影響については、十分な裏付けがされている。研究からは、過保護によって18~25歳の若者の間で心理的苦痛や自己中心性、適応不全、アルコールや薬物の乱用など、多くの行動に関する問題が引き起こされる可能性があることが示されている。子どもたちに魚釣りを教える親もいれば、子どもに魚を ...

  • 良いことをすると、健康と幸福感が改善する理由

    これまでの研究では、他者を支援する人は他者の支援に時間を使わない人よりも幸せで、精神的・身体的な健康水準が高いことが示唆されてきた。パンデミック(世界的大流行)のような困難な時期に人を助けることで、心配と懸念が和らぐことを示唆する調査は多い。人は緊急事態や危機的状況で、無作為に親切な行動を始めること ...

  • 幸せは自分で制御できる? 新たな調査で分かったこと

    多くの人は、幸福を定義することや自分がどれくらい幸福かを測ることは難しいと考えているだろう。幸福がそもそも主観的なものであることが理由の一つだ。このようなつかみどころのない概念を科学的に把握することは可能だろうか?幸福に関する複数の調査からは、全体的な人生の満足度を「かなり、あるいは非常に満足してい ...

  • 神経科学者が「退屈は脳の健康に良い」と言う理由

    脳は24時間365日働いている。あなたが眠っているときでも、脳は眠っていない。あなたの安全を守るため、脳はストレスの原因となる刺激を聞き、感じ、それに対処しているのだ。脳はあなたが気がつかない間も、解決策を生み出したり決断を下したり、可能性について考えたりしている。この「常にオン」状態の器官はとても ...

  • 職場での自殺を防ぐためにできる5つのこと

    ローラはある月曜日の朝、いつも通りIT部門のオフィスに出勤した。すると彼女は、気味が悪いような静寂が漂い、個々の作業スペースに全く人がいないことに気づいた。ローラは、同僚たちが職場の後方で輪を作り、互いに抱き合い泣いているのに気づいた。その一団に近づくと、ローラはチームマネジャーのロンが自殺したと知 ...

  • 6月はプライド月間 職場でできるLGBTQ支援法8つ

    「私は最終的に、自分が誰をのけ者にするかによって周囲に受け入れられるよりも、自分が誰を受け入れるかによって周囲からのけ者にされる方がよい」(エストン・ウィリアムズ牧師)毎年6月は、1969年6月にニューヨークで起きた「ストーンウォールの反乱」事件を記念し、性的少数者(LGBTQ)の「プライド月間」と ...