Forbes JAPAN BrandVoice Studio

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

Forbes WorldWideで展開中のコンテンツマーケティングブランドBRANDVoice

  • オープンイノベーションとは何か?今、あらためて問われる本質的な価値

    テクノロジーの急速な発展が産業構造を根本的に変革しつつある。過去の成功体験が通用しなくなった今、日本企業は新たな形で自らをアップデートすることが求められている。このような時代背景を踏まえ、数年前から、イノベーションを推進するための手段として、オープンイノベーションという概念が注目を集めている。 我が ...

  • 先進技術のワクワクに魅せられた男が言う、新しいエクスペリエンスの力

    衝突防止や自動運転に代表されるクルマの先進技術。まさに日進月歩の世界であり、多くのクルマに少なくとも何らかの技術・システムが装備されている時代だ。日産は、Nissan Intelligent Mobility を掲げ、先進技術の領域で一歩先を“走る”印象がある。先進技術は人の ...

  • 企業の持続可能な成長を支援。CxOのためのイノベーション創発施設「Greenhouse」の全貌

    CEOやCOOといった肩書を持つだけでは、真のリーダーにはなれない。固定概念を捨て、上に立つ者として必要な戦略、ビジョンを身につけるには何をすべきか──。 監査・保証業務、コンサルティング、リスクアドバイザリー、ファイナンシャルアドバイザリー、税務・法務などのビジネスにおけるプロフェッショナルサービ ...

  • 走ることの多面性を求め続けて|末續 慎吾(スプリンター/オリンピアン)

    日本の陸上界に、“本当の金メダル“への探求者がいる。「全力で走る」の意味を追い続ける、末續慎吾だ───。彼は、メダリストでありながら、自身をその呪縛から解くためにあがき続けた。孤独からの脱出、周りの全てから力を得る喜びを感じ、走るために生まれてきた男。ハンティング・ワールドの ...

  • JALカードSuica、その組み合わせが最強と言われる理由

    あるシンクタンクの消費経済の研究者に取材したことがある。今の時代、自分のメリット、家族のメリットが行動の起点となり、非常に「賢く」生きる人が多いと言う。企業の現場で中心的な役割を持つリーダー世代は、長き就職氷河期を生き抜き、実績を積み、立場を得た。そしてスマートなリーダーはクレジットカードの選択も賢 ...

  • 人生100年時代に「普通」に女性が活躍するグローバル企業

    投資信託において、女性力に注目したファンドといえば、進取の精神と息の長さで業界を牽引してきたインベスコの「株小町」。その運用に携わる女性リーダーたちが集結し、商品への想いと「女性の活躍」に対する本音を語ってくれた。「インベスコ 女性力フォーカス日本株式ファンド(愛称:株小町)」の販売が開始されたのは ...

  • “GPS プロウォッチ”という新たなカテゴリーを開拓する

    多くのメーカーが参入を進め、時計業界の中でも徐々に大きな存在になりつつあるウェアラブルデバイス。ここに高機能×高級感という付加価値を取り入れたのが、GPS機器メーカーの大手「ガーミン」である。スマートフォンと連動する腕時計型デジタルデバイスは、一般的には“スマートウォッチ&r ...

  • サロン・イノベーションの新基準。数字が語るAgu.スタイルの可能性

    低賃金、長時間労働など厳しい労働環境が当たり前とされていた美容業界に一陣の風が吹き込んだ。10年前、カット&カラー3,900円という驚くべき価格戦略を打ち出したのが、AB&Companyが経営する美容室チェーン Agu. hair salonだ。その背景には、美容師が理想的な未来像を描くこと ...

  • 「時計のあり方」と「自分のあり方」がリンクする。新たな時代のクオーツウォッチ「TRUME」に新作が誕生

    アナログウォッチを極めたエプソンの「TRUME(トゥルーム)」は、「自分自身のあり方」と真摯に向き合う男にこそふさわしいタイムピースだ。エプソンは、手巻きムーブメントの部品製造と組み立てを行うファクトリーとして長野県諏訪市で1942年に創業した。以来、妥協なきモノづくりを実践し、腕時計をつくり続けて ...

  • 共通点は家業承継をチャンスに変えるイノベーション精神。2名の社長の源に迫る

    受け継がれてきた伝統に、新たなアイデアをプラスし、既存の事業を進化させてきた若き挑戦者たち。実際に家業承継をイノベーションへと変えてきた2人の社長が、エヌエヌ生命のファシリテーションで、その可能性を語り合った。ウェアラブル端末を手がける企業として、世界から注目される京都のミツフジ。代表取締役社長の三 ...

  • 日本のスタートアップは名古屋から!“安定主義”の地で起業熱がヒートアップ

    トヨタのお膝元である名古屋で、起業の機運が醸成されつつある。大企業志向が強く、ベンチャーが育たないといわれたこの街に今、何が起きているのか。スタートアップ経営者らが集う「スタ活」イベントを覗いてみた。従来、東海圏の経済は、トヨタ自動車を筆頭とする、製造業による産業集積で支えられてきた。言い方を変えれ ...

  • 続可能な世界の実現へ向けて、政界、財界、宗教界の垣根を越え、世界のリーダーが「G20世界宗教サミット」に集結!

    2019年6月7日から9日の3日間、「G20世界宗教サミット」がホテルニューオータニ幕張で開催された。共同主催の世界開発協力機構で総裁を務める半田晴久氏は、宗教、政治、民間の連携によってSDGsの達成が叶うと力強く宣言した。今年で6回目を迎えた「G20世界宗教サミット」はかつてない規模で開催された。 ...

  • 一緒に働きたい社長を学生が選ぶ。 注目の9人の社長に、学生たちがイメージしたものとは?

    日本全国から、Charming Chairman‘s Club CHAMPIONSHIP 2019にノミネートされた100社の代表を一挙紹介。選考のなかで学生がつけたキャッチコピー、そしてコメントからは、学生が経営者に何を求めているのかが浮き彫りになる。まずは注目の9社、そして6つの審査 ...

  • 「ウェルネス・エコノミー」が日本を強くする

    働き方改革の浸透とともに、年々、注目度が高くなる「WELLNESS AWARD」。主催したFiNC TechnologiesのCEO溝口勇児が健康経営を成功に導くための条件を語ってくれた。「いつの時代も新しいテクノロジー、新しいデバイスが世の中を大きく動かしてきました。それらに投資することで、高速化 ...

  • ウェルネスは「全体観」のステージへ クオリティ・オブ・ライフが健康な社会を実現する

    いま、日本のウェルネスはどの段階にあるのか。新たなトレンドは生まれたのか?ボストンコンサルティンググループの御立尚資氏と、本誌副編集長の谷本有香が動向を探った。谷本有香(以下、谷本):まずは、日本のウェルネス分野の現状をどうとらえていらっしゃるかを、お聞かせください。 御立尚資(以下、御立):今年の ...

  • 健康な心身がグローバルヒットを導く

    米国ビルボードチャート1位を獲得したBTS、『ボヘミアン・ラプソディ』などグローバルヒットを叩き出すためのきっかけは健康にフォーカスすることだった。韓国語で米国ビルボードチャート1位を獲得したBTS、クイーンの伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』などのグローバルヒット、国内でもKing & P ...

  • 「FEEL BETTER」理想のライフスタイルは、ワークアウトでつくる

    『WELLNESS AWARD OF THE YEAR 2019』で、美のカリスマふたりの対談が実現。モデル、トレーナーとして常にトップを走り続けるSHIHOとAYAが「元気」の秘訣を語ってくれた。SHIHO:私は、仕事に情熱を注いでいるビジネスパーソンにとても魅力を感じます。失敗を恐れず新たなこと ...

  • 受賞者発表!「ウェルネス」分野の賢者たち

    個人のヘルスケアから企業のウェルネス経営まで、健康意識こそが持続可能な未来を描く。その事実を広くアナウンスするためにロールモデルとなる人・企業が表彰された。いま、ウェルネスが注目される理由持続可能な社会・経済を実現するために、求められるウェルネス経営。健康はいまや個人だけの問題ではなく、社会全体で取 ...

  • メルセデス基準のEVは、こうだ。本命登場で凄みを見せた「EQC」

    7月4日。六本木〈Mercedes me〉に登場したそのクルマは、会場の視線をまといながら、静かに、ゆっくりと現れた。その様は威厳というほかない。メルセデスは、待望のピュアEV第一号となる 『EQC』を、日本で販売開始することをこの日発表した。メルセデスは、過去にもW124型ミディアムクラスや3代目 ...

  • 学生が選ぶ、もっともチャーミングな社長とは? 熱いプレゼンテーションで、No.1を決める

    企業の魅力は経営者自身の人柄を色濃く反映する。魅力ある人柄で多くの人を惹きつけ、事業を牽引する。社長たちにスポットを当て、発掘したい。「社長チップス」を運営する株式会社ESSPRIDEが主催する、Charming Chairman’s Club CHAMPIONSHIP 2019が、今年 ...