Forbes JAPAN BrandVoice Studio

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

Forbes WorldWideで展開中のコンテンツマーケティングブランドBRANDVoice

  • 【イベントご招待】時計業界のシリアルイノベーター。ロジェ・デュブイの世界へ

    ひとつのイノベーションに満足することなく、連続して複数のイノベーションを起こし続ける。そんな「シリアルイノベーター」は、硬直した企業に変革をもたらす起爆剤として注目されている。そして、時計業界におけるシリアルイノベーターの異名を持つのがロジェ・デュブイだ。1995年設立とその歴史は伝統的な時計産業の ...

  • 「永遠と一瞬」を切り取るクルマ、それが愛車になる。トヨタ自動車のAI搭載車に込められた開発者の願い

    トヨタ自動車は、“新しい時代の愛車”を具現化したコンセプトカー「LQ」を発表。2020年6月には、東京都内の公道をLQが走る試乗体験ツアー「トヨタ YUIプロジェクトTOURS 2020」を開始する。ドライバーに寄り添う独自のAIエージェントYUIや高度な自動運転機能を備えた ...

  • 「Rising Star」のニューリーダーたちが描く未来のビジネスの現場とは?

    Forbes JAPANによる創業3年目以内のスタートアップのための「Rising Star Community」。そこに在籍する起業家たちは、ビジネスを変革すると同時にオフィスのあり方もまたアップデートしようとしている。果たして未来のビジネスの現場はどのように変わるのか。AIによる個別最適化で教育 ...

  • ビジネスのデジタルトランスフォーメーションは、社会課題解決に結びつくか Salesforce World Tour Tokyo 2019

    クラウド型顧客関係管理(CRM)で15万社以上の企業顧客をもつ「セールスフォース・ドットコム」が毎年、世界12都市で開催する 「Salesforce World Tour」。日本では今年9月25~26日に開かれ、1万1000人を超える来場者が会場となったザ・プリンス パークタワー東京と東京プリンスホ ...

  • テラスハウスで人生を変えた男、岡本至恩。激動の1年の裏にあった、戦略的ブレイク

    ここに、ある番組を機に人生を変えた男がいる。名は岡本至恩(シオン)、モデルだ。Netflixの人気恋愛リアリティー・ショー、『テラスハウス・オープニング・ニュードアーズ』で、“史上もっとも好感度が高いメンバー”として一躍人気者になった。インスタグラムのフォロワー数は出演前の数 ...

  • ロロ・ピアーナの哲学にリュック・ジャケが共鳴 神秘的繊維が誕生するまでの壮大な物語

    ロロ・ピアーナのフィロソフィーは、ドキュメンタリー映画の巨匠の心をも動かした。世界最高純度の繊維が生まれるまでの壮大なストーリーがまもなく公開される。失われつつある大切な命「地球上で最も過酷だといわれる場所で撮影するには、はっきりとした動機付けが必要です。例えば、時速200kmの風が吹く厳寒の地に誰 ...

  • 情熱と冷静の間を生きる、 プロスポーツ請負人|川淵 三郎(一般社団法人日本トップリーグ連携機構会長)

    不可能だと思われていたサッカーのプロ化を成す。成長させ、ステージを変える。そして新しい場所でも、彼は成し遂げた。川淵三郎は、挑戦のストーリーを生きる。挑戦と探求というハンティング・ワールドの発想を地でいく行動力。「もう休むつもりだったんだけどね」と話しつつも、その眼光はいささかも衰えない。彼になぜか ...

  • 幸せに満ちた組織を作ることでパフォーマンスが最大化される DeNA流 Uniposを活用した「働く幸せ」のつくり方

    深刻な人材難を抱え個人が企業に属する意味も希薄になる中、「働きがい」を従業員に提供できるかどうかが、企業経営の未来を左右する重要な要素となっている。そうした組織づくりの中核を担う人事部は、Uniposをどう活用しているのか。2019年3月で創業20周年を迎えた株式会社ディー・エヌ・エー(以下、DeN ...

  • メルカリの組織文化“Trust & Openness”に貢献 Unipos導入で会社経営はどう強くなるのか

    働き方改革が進む中、大きな成長を遂げる企業にとって、社員のエンゲージメントを上げることが急務となっている。そこで、そうした課題にコミットすべく登場したのが「Unipos」だ。同サービスの強みを、経営者、そして人事トップたちはどう見ているのか?「私たちは、社員間の信頼関係を何よりも大事にしています。信 ...

  • 53億円という壮大な「応援」。Yahoo!ネット募金の次の15年で日本の募金が変わる

    寄付発展途上国・日本。世界と比べ、総寄付額が少ないことをご存知だろうか。たとえば名目GDP比で見ると韓国の数分の一だという。しかしながら、正直なところ疑問に思う。本当に日本人は寄付への意識が他国と比較して低いのであろうか。チャリティー番組、チャリティーイベントやコンサートなどがあり、さらに駅周辺や繁 ...

  • この秋、心華やぐ「グレンモーレンジィ」ポップアップバー開催!

    ウイスキーファンをして「Unnecessarily well made(完璧すぎる)」と言わしめるシングルモルトウイスキー、それがグレンモーレンジィだ。その魅力を余すところなく味わえるポップアップバーとして、昨年人気を博した期間限定「グレンモーレンジィ ハウス」が、この秋も東京・六本木に帰ってきた。 ...

  • 手間ひまかけた美味しさ、日本に届け。農家が伝えたいアメリカン・ポークへの想い

    疲労回復に有効なビタミンB群が豊富で、低脂肪かつ低カロリーでヘルシーなアメリカン・ポーク。さらにアメリカン・ポークに含まれる良質なたんぱく質は、昨今の筋トレブームにも欠かせない。世界で最も豚肉を輸出している国はアメリカだ。今回、同国で長年良質なアメリカン・ポークを提供している生産者に、高品質な豚肉生 ...

  • リアルタイムデータをもとに効果測定 最適解を見出した宅配クリーニング「リネット」のテレビCM

    印刷・広告のシェアリングプラットフォーム「ラクスル」のテレビCM事業が好調だ。同サービスを利用した企業のひとつ、ネット宅配クリーニングサービス「リネット」を提供するホワイトプラスは、その効果をどう実感しているのだろうか?スマホで予約すると、自宅でクリーニングの受け渡しができる。共働きや子育て世帯を中 ...

  • 「主食イノベーション」で歴史を変える! 完全栄養食ベースフードの「全世界総健康化」計画

    ラーメン、焼きそば、ピザにハンバーガーを食べ続けて健康になる─日本のフードテック企業が、そんな未来を創ろうとしている。世界を変えるスタートアップを応援するアメリカン・エキスプレスが今、最も注目しているベースフード社だ。世界77億人を健康にするという目標を掲げ、アメリカに進出したベースフード。日本から ...

  • ANAのビジネスクラスが10年ぶりに一新!「THE Room」が機内空間の概念を変える

    ANAのビジネスクラスが、隈研吾氏の総合監修のもと約10年ぶりに生まれ変わった。7年連続で、SKYTRAX社の世界最高評価“5スター”を受賞した日本唯一の航空会社が考える、新しいビジネスクラスとは。始まりは2010年。ANAのビジネスクラスに搭載された「スタッガードシート」は ...

  • 「日本発ワイン×鮨」が仕掛ける、世界の美食家たちへの挑戦

    造り手はニュージーランド人、コンサルタントはフランス人、そして新作のお披露目はNYの三つ星レストラン――。日本人オーナーが率いるワインブランドが提案する、新たなペアリングの形とは。「ワインと鮨のペアリング」と聞いてまず思い浮かべるのは、白ワインかシャンパンではないだろうか。だからこそ、この常識に挑む ...

  • 大胆さと知性を兼ね備える女性起業家たちは語った。日本のビジネスの未来を

    向こう見ずとも言われた大胆さと豊かな知性を兼ね備え、革新的な発明にも挑んできたマダム・クリコを彷彿させる若き女性起業家たち。日本で2度目に独自開催される「ヴーヴ・クリコ ビジネスウーマン アワード」の受賞者は、まさにニュージェレネーションアワードにふさわしい人物だ。「小さな違和感を見逃さずにビジネス ...

  • 仏のシャンパーニュメゾン「ヴーヴ・クリコ」が、女性起業家を表彰する理由

    今年9月、日本で2度目に独自開催される「ヴーヴ・クリコ ビジネスウーマン アワード」の受賞者が発表された。ヴーヴ・クリコの立役者であるマダム・クリコのパイオニアスピリッツを継承し、未来へとつなぐ受賞者の現在とは―。マダム・クリコの革新性を現代へ継承「Only One Quality, The Fin ...

  • ジャパンクオリティを知り尽くす 慧眼が選んだ、未来のメガネレンズ

    ニコン光学技術100年の歴史が生んだ「センチュリーAI」。そこには日本が世界に誇るべきクラフツマンシップがあった。「画期的とは、『センチュリーAI』のような製品を指して表現されるべき言葉だと私は思っています」「センチュリーAI」は、ニコンの光学技術と最新テクノロジーを結合し誕生した、裸眼のような見え ...

  • 大事なのは壁にブチ当たること|冨永愛 #MarkMaker

    「私たちの時代と同じく悩みは多いはずなのに、今の20代はすごく穏やかでクール。そして大人で、私たちとは全然違う。それは時代が変わったから、世界が変わったから。私たち上の世代も考え方を変えなきゃね」 頂点を目指して10代で世界に飛び出し、日本人ファッションモデルのアイコンとなった冨永愛。OVER 30 ...