Lana Bandoim

I write about food tech and science.

I am a freelance writer and editor with more than a decade of experience. My work has appeared on Yahoo! News, Business Insider, The Huffington Post, The Week, MSN Money and many other publications. I have a Bachelor of Science degree from Butler University and graduated summa cum laude with a double major in biology and chemistry. I specialize in science, tech and health content. I have been a judge for the Scholastic Writing Awards from the Alliance for Young Artists & Writers. My work has been nominated for a Best Shortform Science Writing award.

  • 自動運転トラクターとAIが変える農業の未来

    農業の分野で人工知能(AI)と自律機械がより一般的なものになる中、業界では大きな変化が起きている。精密農業情報プラットフォームを運営する企業、タラニス(Taranis)の共同創業者であるオフィア・シュラム最高経営責任者(CEO)は先日取材に対し、農業界でのこうした変化に関する情報を共有してくれた。タ ...

  • 自動化を活用した循環型農業 食品安全を大きく改善へ

    食中毒は世界共通の問題だ。世界保健機関(WHO)によると、汚染された食品を食べたことで気分が悪くなる人は毎年6億人存在する。農業セクターが食中毒への対処法を見つける中、スタートアップ企業はその革新的な支援方法を探している。イーデンワークス(Edenworks)の共同創業者、ジェイソン・グリーン最高経 ...

  • ロボットが作るピザ宅配の米ズーム、新素材でプラごみ削減へ

    オンラインで注文を受けるフードデリバリー業界の成長に伴い、プラスチック製品の廃棄量が増加している。一方で、プラスチック製の代替となる安価で使いやすい包装材を見つけ出すのは、これまで容易なことではなかった。オンライン・フードデリバリー市場は、2017年には343億1000万ドル(約3兆6900億円)規 ...

  • 子どもの栄養教育に取り組む米レストラン 学校プログラム導入へ

    より良い食事を選択するよう若い世代を教育することは重要なことになった。ファストカジュアル系レストランチェーンのスウィートグリーン(Sweetgreen)は子どもたちに栄養教育を提供し、学校のカフェテリアで新しく健康的な味を試す機会を与えるため、フードコープス(FoodCorps)と提携した。フードコ ...

  • 飲食店の業務を「完全デジタル化」する米スタートアップeatsa

    様々なサービス産業でオンライン化・自動化が進む中、消費者はこれまで以上に利便性やスピードを求めるようになっている。ティム・ヤングが2015年に共同創業した「eatsa」は、飲食店がそのような需要に応えるためのテクノロジーを提供するスタートアップだ。同社は2015年、サンフランシスコにサラダボウルの注 ...

  • 次世代の野菜づくりを担うインドア農業、「Square Roots」の野望

    食の世界でもオートメーションやデータ解析などの技術革新が進む中、都市型のインドア農業に注目が集まっている。ニューヨークのブルックリンを拠点とする「Square Roots」は、2016年創業のインドア農業プラットフォームだ。環境制御された輸送用コンテナの中で遺伝子組み換えでない無農薬のハーブを水耕栽 ...

  • 米レストラン業界の給与支払い キャッシュレスに移行の動き

    米国のレストランでの取引はほとんどが現在、クレジットカードかデビットカードで行われている。消費者は即時のキャッシュレスな支払いに慣れているが、米国ではレストラン従業員の大部分がいまだに小切手で給料を支払われている。しかし、米レストラン業界は少しずつ、従業員に対してキャッシュレスで給与を支払う方向へと ...

  • アマゾンの新スーパーマーケット・チェーン、専門家の見方

    米アマゾン・ドット・コムは年末以降、新たなスーパーマーケットを開業する予定だと伝えられている。米国内でのチェーン展開を計画しており、第1号店はロサンゼルスにオープンする見通しだという。また、新しいスーパーは同社が2017年に買収したホール・フーズや、レジのないコンビニ「アマゾン・ゴー」とは別のブラン ...

  • 飲食業の未来を変える 「ゴーストレストラン」の優位性とは

    「ゴーストレストラン」と呼ばれるデリバリー専門店やバーチャルレストランが増えている。ゴーストレストランでは、店内に入って飲み物を注文し、メニューを見せてほしいと頼むことはできない。代わりに、オンラインで料理を注文し、家まで配達してもらうのだ。独立系レストランのうちのおよそ26%は、オープンして1年未 ...

  • 関心高まる「ケトジェニックダイエット」 今年より身近な食事法に

    2019年は、ケトジェニック系のスナックや食品の選択肢が増えていきそうだ。ケトジェニックダイエットの人気が高まるにつれ、実店舗やオンラインショップで、多様な食品を目にするようになるだろう。ケトジェニックダイエットって何?ケトジェニックダイエットは、炭水化物の摂取を抑えて高脂肪の食品を中心に食べる食事 ...

  • 2019年に起きる食の技術の3つのトレンド

    食に関する技術は、2019年を通して進化を続けるだろう。自動化やロボット工学、人工知能(AI)は来年も、食品業界で重要な役割を果たし続けるだろう。また消費者は、自らの好みや買い物の習慣を通し、食の技術のトレンドに影響を与えることができる。ここでは、食の技術に関して2019年に起きるだろう3つのトレン ...

  • 空気と電気から食用タンパク質を生成 「宇宙食」も視野に

    フィンランドのスタートアップ「ソーラー・フーズ(Solar Foods)」が、空気と電気から食用タンパク質を生産しようとしている。同社は欧州宇宙機関(ESA)と提携を結び、未来の宇宙旅行に備えて食料生産技術を開発していくと発表した。ソーラー・フーズはこれまでに200万ユーロ(約2.5億円)の資金を調 ...

  • ウォルマートが中国で「食品の即日配達サービス」を試験実施中

    米小売り最大手ウォルマートが、中国の一店舗で食品の即日配達サービスを試験実施している。いずれはサービスを拡大させることを視野に入れてのことだ。このサービス「ウォルマートTo Go」は、「WeChat(ウィーチャット)」のアプリ内ミニプログラムから利用が可能だ。ウォルマートはこれまでも、WeChatの ...

  • ターキーもミニマル化、米社会を変えつつあるミレニアル世代

    ミレニアル世代が消費しなくなったせいで、さまざまなものが消滅しつつある。紙ナプキンやシリアル、デパートといったものだ。彼らが次に破壊したのは、感謝祭(サンクスギビング)のディナーだ。ミレニアル世代は、10kgを優に越すようなターキー(七面鳥)ではなく、小さめのものを買うようになった。ブルームバーグは ...

  • 代替肉商品の食塩含有量 一部は海水以上という驚きの調査結果に

    肉を含まない代替肉商品を対象とした新調査では、一部が海水以上のナトリウム濃度を持つという結果が出た。調査を行ったのは、ロンドン大学クイーン・メアリー校を拠点とし、24人の科学専門家をメンバーとする団体アクション・オン・ソルト(Action on Salt)だ。同調査が対象としたのは、ビーガンとベジタ ...

  • ゴマを9つ目の「主要食品アレルゲン」に? 米FDAが検討中

    アメリカ食品医薬品局(FDA)は、ゴマを主要食品アレルゲンに追加することを検討しており、情報提供を求めて公式ページを開設した。規制措置をとることになれば、ゴマは9つめの主要食品アレルゲンとなり、アメリカの食品メーカーは製品にゴマが含まれていることを表記しなくてはならなくなる。食品アレルギーは、体内の ...

  • 米マクドナルドが「無添加」のバーガーを目指す理由

    米ファストフードチェーン大手マクドナルドは先ごろ、提供する「クラシックバーガー」7種類について、食品添加物の使用を中止すると発表した。ビーフパティ、バンズ、チーズ、ビッグマック・スペシャルソースをより健康的なものにするため、人工の調味料や保存料、着色料などを使用しないことにする。バンズについては、カ ...