Contributor

Ken Kam

I am the CEO and founder of Marketocracy, Inc., and portfolio manager at Marketocracy Capital Management, LLC, an innovative technology based firm that maintains a database of the world’s greatest “unknown” investors.

I require these “Marketocracy Masters” to outperform the S&P 500 for a minimum of 5 years before their model portfolios are used for clients with separately managed accounts. Before Marketocracy, I was the CEO and co-founder of Firsthand Funds; co-portfolio manager of the Technology Value Fund (the number one fund in the country for its first three and five years); and co-founder of Novoste Corporation, a medical products company now owned by Boston Scientific.

  • フェイスブックが計画中の「デジタル通貨」は誰の利益に?

    米上院銀行委員会は7月16日、フェイスブックが発行を計画しているデジタル通貨「リブラ(Libra)」についての公聴会を行った。その中でどの議員も尋ねなかったのは、「リブラから利益を得ることになるのは誰なのか」ということだった。だが、価値が変動しないとされるリブラは、それを「貯金」する数多くの人に恩恵 ...

  • イーロン・マスクが見せたCEOの資質 信頼を高めた「方針転換」

    米電気自動車(EV)メーカー、テスラは2月末、販売店の多くを閉鎖すると発表した。アナリストらはこれを受け、閉店は同社の破綻につながるとの見方を示した。そのテスラは3月11日、閉鎖の対象とした店舗の多くを存続させることに方針を変更したと表明。最高経営責任者(CEO)のイーロン・マスクは意外にも、自らの ...

  • 米国にテスラの「強力な競合相手」が現れない理由

    投資顧問会社マーケトクラシー(Marketocracy)の最高経営責任者(CEO)である筆者は、米電気自動車(EV)メーカー、テスラの株を所有している顧客のために、常に米自動車大手フォードとゼネラル・モーターズ(GM)の業績や、EV関連の計画に注目している。そして、両社のEV計画が一向に「コンセプト ...

  • EV市場での生き残りをかけるGM、テスラに対抗できるか?

    米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)のメアリー・バーラ最高経営責任者(CEO)は11月末、北米の一部工場の閉鎖と人員削減を含む大規模なリストラ策を発表。自社の未来は電気自動車(EV)にあるとの考えを明確にした。政治家や労働組合はこれに激しく反発している。だが、GMの株主や顧客にとってこれは、同社 ...

  • テスラが支配する自動車業界を予測する理由

    現時点において、米電気自動車(EV)メーカー、テスラには真の競争相手がいないと考えるだけの理由は十分にある。すぐにも競合する自動車メーカーが登場しない限り、自動車業界は向こう数年間にわたってテスラが支配することになるかもしれない。最近の報道によれば、テスラが高級EVだけでなく、高級車全体を含めた市場 ...

  • アマゾンが抱える「大きな問題」は解決可能か?

    アマゾンの株価が700ドル前後だった2016年5月、あるポートフォリオマネージャーは「市場はアマゾンを過小評価している」と述べ、同社の目標価格を1100ドルに引き上げた。資産運用会社を経営する筆者の身近にも、アマゾンを評価し、同社株を保有している人たちがいる。だが、彼らの意見を聞いてきた中でも、筆者 ...