Forbes JAPAN

Forbes JAPAN 編集部

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

1917年にアメリカで創刊したビジネス誌「Forbes」の日本版として、
2014年6月より「フォーブス ジャパン」と題し新創刊しました。(世界38カ国にてライセンス版を刊行)。
「世界から日本に、日本を世界へ」をテーマに、グローバルな視点を持つ読者たちに向け、フォーブス本国版、各国版の記事をキュレーションし、日本オリジナル記事と共に構成。
ビジネス、経済、投資、アントレプレナー、ランキングの記事を掲載していきます。
フォーブスが取り上げる人物の人生には必ずストーリーがあり、そのストーリーから「未来を切り開くメッセージ」を読者へ届けます。

  • ダイエットの鍵は「胆嚢と胆汁」 栄養士が提唱する新常識

    世の中に、ダイエットに関する情報は山ほどある。だが、それに倣って食生活を改善し、運動に励んでも、なぜかなかなか痩せられないという人もいる。アメリカで「もっとも知識のある栄養士」と呼ばれ、これまでに何度も栄養学の常識を塗り替えてきたアン・ルイーズ・ギトルマンによると、実は意外なことに、その原因は&ld ...

  • 『#山崎実業』の不思議 「勝手にバズる」商品のカラクリ

    「ステイホーム」で自宅にいる時間が長くなり、「室内をより快適な空間にしたい」と考える人も多いだろう。テレビのリモコンの置き場所やキッチンの細々とした調味料の整理、便利だがデザイン性に欠ける収納スペースなど......。こうした「室内のちょっとした不具合」を改善していくことで、より充実した在宅生活を送 ...

  • 「タクシー会社っぽくない」と話題 バズを狙う三和交通の覚悟

    軽快な音楽に合わせ、全力でダンスを踊るおじさんたち──首都圏でタクシー・ハイヤー営業をする三和交通の公式TikTok動画が話題を呼んでいる。出演するおちゃめな中年男性は、同社の取締役と渉外主任だ。三和交通がネット上で話題となるのはこれが初めてではない。ドライバーが黒スーツとサングラス姿で送迎する「S ...

  • なぜ2人の中国人女性はDMMグループ4000人のトップに立てたのか

    2020年6月17日。DMM.comをはじめとする全国のDMMグループで、オンライン表彰イベント「DMMアワード2020」が開催された。DMMアワード2020とは、日々の業務における成果を讃えるべく、グループ20社、計4000人を対象に、事業の成果や挑戦を評価する社内表彰イベント。組織改編後、約3年 ...

  • 「それを戦略的に作れるか?」 楽天の4つのフォントができるまで

    どこかの企業をイメージするとき、多くの人はまず「ロゴ」を思い浮かべるのではないだろうか。あるいは、店や商品、CMなど、見たり触れたりできるものかもしれない。そこで、「あの企業はフォントがいいよね」という人は稀なはずだ。しかし、クリエイティブディレクターの佐藤可士和は、その目立たない要素を「コントロー ...

  • 「筋トレ」に魅せられた起業家が仕掛ける、フィットネス業界の変革

    「コロナ自粛」が続くなか、任天堂がリリースした「リングフィットアドベンチャー」が大幅な売り上げ増を記録した。自宅待機を命じられるなか、体を動かす習慣がいかに大事かを身をもって感じたひとは多いはずだ。そんな状況下で、「より日常に即したフィットネス」を提案するジムが誕生した。渋谷区に構える「THE NU ...

  • 父が娘に贈る「お金がどんどん増える」考え方

    全米で人気の投資家ブロガーが、10代の娘に向けて書いた『父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え』(ジェイエル・コリンズ著、小野一郎訳)がついに日本に上陸した。アメリカのFIREムーブメントの火付け役となった1冊だ。FIREとは、Financial Independence, Retire ...

  • スウェーデン在住の日本人が帰国時に楽しむ「11の至福」|後編

    高校時代にスウェーデンに交換留学し、大学卒業後はスウェーデン大使館商務部勤務、その後、理想の子育てを求めて家族で移住した久山葉子氏。著書に『スウェーデンの保育園に待機児童はいない 移住して分かった子育てに優しい社会の暮らし』もある同氏に、日本への一時帰国の際、何に「至福」を感じるか? について、現地 ...

  • 自然の生命力を体現化した「樹木」を 肌と心で感じるスキン&マインドケア

    1920年明治神宮建立の折、日本全国からの木々が植樹された。それから100年がたった2020年、リニューアルした国立競技場には日本全国から集められた木々を木材として使用している。そんなことからも、日本人は木(樹木)から何かの力を感じ取る思考が備わっているようだ。そんな樹木を起源にした新しいスキン&マ ...

  • 反抗期。疲れた私を笑い泣きさせた『息子の「む」』

    ウェブメディアgrapeでは2019年にエッセイコンテスト『grape Award 2019』を開催。『心に響く』をテーマにした多くのエッセイが集まった。今回はそんな心に響くエッセイの中から、最優秀賞に選ばれた『息子の「む」』を紹介する。 「うざい、でていけ」 中学1年生の息子が反抗期である。徐々に ...

  • スウェーデン在住の日本人が帰国して感じる「11の至福」|前編

    高校時代にスウェーデンに交換留学し、大学卒業後はスウェーデン大使館商務部勤務、その後、理想の子育てを求めて家族で移住した久山葉子氏。著書に『スウェーデンの保育園に待機児童はいない 移住して分かった子育てに優しい社会の暮らし』もある久山氏に、日本への一時帰国の際、何に「至福」を感じるか? について、現 ...

  • アフターコロナ時代をどう生き残るか? 著名人23人からのメッセージ【動画】

    新型コロナウイルス感染症の拡大によって、世界中の人々が、これまでの「普通」や「日常」を手放さなければならなくなった。私たちはいま、働き方も、生活も、思考さえも、変容を迫られている。また、出口の見えない長いトンネルの中にいるようなこの状況は、時に人々を不安に陥らせている。しかし、悪いことばかりではない ...

  • デッドストック品に新しい命を 服を愛する「ビームス クチュール」のリメイク哲学

    在庫処分を余儀なくされるファッション業界の中で、捨てられるはずだった衣服や素材に、新たな息吹を与えているブランドがある。ビームス クチュール(BEAMS COUTURE)をご存知だろうか。不動の人気を誇るセレクトショップ、ビームスのデッドストックや買い付けした古着を利用して、全て手仕事によるリメイク ...

  • まずは名バイプレーヤーたれ。カリスマ経営者の影に「畳み人」あり

    「あなたは本当にやりたいことができているだろうか?」そう質問されたら、どう答えるだろうか。「やりたい仕事ができるようになるための最良のルートは、『畳み人』のスキル(=畳む技術)を身につけることだ」。そう語るのは、幻冬舎編集本部コンテンツビジネス局局次長の設楽悠介氏だ。設楽氏は、幻冬舎のブロックチェー ...

  • スポーツ選手はよく眠る。ビジネスアスリートも「戦略的快眠」で勝て

    「寝不足で疲れが取れず、朝から気だるい」「日中、眠気がつきまとって仕事に集中できない」「ベッドに入ってもしばらく眠れない」「多忙で睡眠を十分にとるのが難しい」日本のビジネスパーソンの3人に1人が、このような睡眠に関する悩みを抱えていると言われている。忙しい現代のビジネスパーソンにとって、睡眠時間は削 ...

  • 「コミュ障」のまま、仕事で一流の結果を出し続ける方法

    コミュニケーションに関する悩みを抱えている人は多い。「困難から逃げてはいけない」「苦手を克服しなければ」──そう考えて、なんとかコミュ力を高めようと躍起になっている人もいるだろう。人材サービスを手がけるキャスターの取締役・石倉秀明氏の著書『コミュ力なんていらない 人間関係がラクになる空気を読まない仕 ...

  • スウェーデンの新型コロナPCR検査事情。キットは「タクシーが配達」

    Forbes JAPANで5月、6月、多くの反響を集めた「スウェーデンのコロナ対策」関連の記事に、スウェーデン在住の医師、宮川絢子博士に聞いた「スウェーデン新型コロナ「ソフト対策」の実態。現地の日本人医師はこう例証する」と「スウェーデンの新型コロナ対策は失敗だったのか。現地の医療現場から」がある。宮 ...

  • 篠山紀信「時代だなぁ、と強く感じる」 監督作品が初の劇場公開

    「今、世界はコロナに覆われてしまった。『ヴェニスに死す』のようなイタリア。スケートリンクに遺体が安置されるスペイン。無人の電光板だけが眩しいタイムズスクエア。志村けんのいないトーキョー。りな&まり。姉妹が辿り着いた溶岩の黒い島は暗く、人は家にこもり、風だけが強く吹き抜けていた。時代だなぁ、と強く感じ ...

  • ジョブズも指摘したマーケティング病。「作る」フィジカルを思い出せ

    今のままの働き方、今の会社、今の仕事でいいのか──。ベストセラー作家、北野唯我氏が20万部突破の前作『転職の思考法』では書けなかった「本質」を今回、新刊『これからの生き方。自分はこのままでいいのか? と問い直すときに読む本』でこう問う。北野氏は就職氷河期に博報堂へ入社し、ボストンコンサルティンググル ...

  • 「ライフ・シフト」著者が語る、コロナ時代の人生戦略

    2016年に出版された、ロンドン・ビジネススクール教授のリンダ・グラットン氏とアンドリュー・スコット氏の共著『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』は、今まさに高齢化社会に直面している日本社会で大きな反響を呼んだ。しかし、2020年初頭に端を発した「コロナパンデミック」は世界中の経済を塗り替え、ラ ...