Forbes JAPAN

Forbes JAPAN 編集部

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

1917年にアメリカで創刊したビジネス誌「Forbes」の日本版として、
2014年6月より「フォーブス ジャパン」と題し新創刊しました。(世界38カ国にてライセンス版を刊行)。
「世界から日本に、日本を世界へ」をテーマに、グローバルな視点を持つ読者たちに向け、フォーブス本国版、各国版の記事をキュレーションし、日本オリジナル記事と共に構成。
ビジネス、経済、投資、アントレプレナー、ランキングの記事を掲載していきます。
フォーブスが取り上げる人物の人生には必ずストーリーがあり、そのストーリーから「未来を切り開くメッセージ」を読者へ届けます。

  • ジェンダー観を問い直す雑誌『IWAKAN』が「分かりづらい、でも共感される」理由

    クリエイティブスタジオ「REING」が、既存のジェンダー観に違和感を抱える人に寄り添う雑誌『IWAKAN』を創刊した。都内の蔦屋書店などで取り扱われ、「分かりづらいけれど、読み応えがある」と注目されている。一体、どんな雑誌なのだろうか。REING代表の大谷明日香とプロデューサー兼エディターのユリ・ア ...

  • リスペクトとチームビルディング。仲間を感じる過酷なレースの強烈な魅力

    忙しい仕事の合間に、「ランニングの時間」を積極的に設けて取り組む経営者は少なくない。なかには、トライアスロンに挑む人も。ゴールまでの長い道のりのなかで、モチベーションを維持し、体力を逆算しながら挑む様は経営のそれと似ている部分がある。では、「OMM」ではどうだろう。イギリス発祥の世界最古といえる山岳 ...

  • その「ながら食べ」危険かも 米国発「マインドフルイーティング」でストレス軽減?

    パソコンを操作しながら片手でランチ、SNSを見ながら口元に箸を運ぶ……。あなたは食事をしているといえるだろうか?「ながら食べ」はあなたから味わう楽しみを奪うばかりか、肥満やストレスの原因にもなるのだ。そんな危うい食生活に警鐘を鳴らし、意識のレベルから健康的な食生活に改善す ...

  • 企業も個人も。自ら客観視すると「ビジョン」のカケラが見えてくる

    「ビジョンパートナー」という名のクリニックの精神科医産業医として、個人のメンタルケアをサポートする尾林誉史と、博報堂ならびに同グループのスタートアップスタジオquantumでクリエイティブディレクタービジョナーとして、クライアントのビジョンづくりに携わる原田 朋。“ビジョン” ...

  • 普通って何? 固定観念からの解放、REINGのクリエイティブな挑戦

    性別、人種、年齢、体型──。そうした「ラベル」に付与されるイメージから個人を解放しようと活動している人たちがいる。クリエイティブスタジオ「REING(リング)」が2019年8月に誕生した。今年から対話型イベントを通じたコミュニティ運営を軸に、ジェンダーニュートラルなアンダーウェアなどのBtoCのプロ ...

  • トヨタを抜いたテスラ 100年に一度の変革期に豊田章男が掲げる「理想」

    豊田章男(敬称略、以下、章男)の横顔を知る経済ジャーナリスト片山修が、書き下ろす特別連載。トヨタを巡るニュースの深層について、全5回でお届けする。(前回の記事:豊田章男、ついに「ウーブン・シティ」に私財を投じる。その腹の内は )EV(電気自動車)やICT機能を搭載したコネクティッドカー、自動運転技術 ...

  • 東京駅「虫グルメフェス」に行ってみた 記者の「昆虫食」満腹レポート

    虫を食べた経験はあるだろうか? 筆者も郷土料理にバッタの佃煮があったり、ハチの幼虫が珍味とされていることは知っていたが、今まで口にする機会がなかった。そんなところに、身近で昆虫料理の味見ができる絶好の機会が訪れた。東京駅地下1階、「グランスタ地下北口」近くのイベントスペース「スクエア ゼロ」で11月 ...

  • 東京のど真ん中で製造業の進化を体感 「スマラボ東京」から見えてきたスマートファクトリーの可能性

    東京都千代田区・日比谷。都心のど真ん中に、製造業の最新DXを体感できるショールーム「SMART FACTORY LABO TOKYO」、通称「スマラボ東京」がオープンした。複数の大手ロボットメーカーや画像処理システム、各種センサーとITシステムを組み合わせた展示を行い、リアルな生産設備を含めた日本式 ...

  • 個人にビジョンは必要か? 精神科医が「クリニックの名前」に込めた想い

    この数年で、「ビジョン」という言葉をよく聞くようになった人は多いのではないだろうか。企業やプロジェクト、あるいは個人にも、ビジョンが求められるようになっている。研究社「新英和中辞典」によれば、こうした使われ方におけるビジョンの意味は「(学者・思想家などの)洞察力、先見の明、(政治家などの)未来像、ビ ...

  • 「単独親権は違憲」提訴で離婚専門弁護士に聞いた。親権制度、日本は特殊?

    日本では離婚の際、父、母いずれか1人が親権を持つ「単独親権制度」がある。しかし、海外では離婚後も父、母「両方」に親権が託される「共同親権制度」を採用している国が多いことを知っているだろうか。日本ならではのこのシステム、「単独親権制度」をめぐり、この10月21日に裁判が起きた。離婚によって親権を失った ...

  • コロナ禍のような超弩級危機に備える「国家的リスクファイナンス」を

    新型コロナウイルスのパンデミックにより、日本のリスクファイナンスの準備不足が露呈した。今回のように、経済に大きな影響を与える危機に対して、どのように備えたらいいのだろうか。Forbes JAPANオフィシャルコラムニストで日本政策投資銀行の蛭間芳樹氏と一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ ...

  • アメリカの親が10歳まで読み聞かせを続けるわけ

    アメリカでは、子どもの「考える力」「伝える力」「読解力」といった能力を伸ばすことができる絵本の読み聞かせ手法「ダイアロジック・リーディング」が確立されているという。小さいうちから取り組むことが推奨されているが、小学生でも遅くないというのは、ハーバード大学で「子どもとことば」を研究してきた加藤映子氏だ ...

  • 「AIで社会課題解決」カオスを楽しみながら挑む エクサウィザーズ石山洸

    発売中のForbes JAPAN2021年1月号の特集「日本の起業家ランキング2021」で2位となったのは、エクサウィザーズの石山洸。AI(人工知能)による社会課題解決という壮大なミッションに挑む起業家。昨年、「現代の空海」と紹介した石山洸率いるエクサウィザーズは特異な成長を遂げた。「『戦略的カオス ...

  • 東大法学部から精神科医へ。臨床から「司法精神」に挑む

    医師4年目の小林玲美子氏は、推理小説がきっかけで司法精神に興味を持ち、法学部を経て現在精神科医として研さんを積んでいる。異色の経歴を歩み、今後のキャリアパスに悩みつつも司法精神分野での活躍を志す小林氏の目指すビジョンとは──? 精神疾患の人が見る世界を知りたい ──当初は、東京大学法学部へ進学された ...

  • MIYAVIらから若者へ「未来のために正しくしなやかに狂おう」

    「いやぁ、疲れましたよ。4時間半(笑)、気持ちのいい疲労感でしたけど」国連難民高等弁務官事務所(UNCHR)の親善大使を務めるミュージシャンのMIYAVIが、メインパーソナリティとして開催・配信された「Hack The World開会式」。Z世代を中心とした若者たちとNPO法人ETIC.、ビル&am ...

  • 長期休演で課題が浮き彫りに。ブロードウェイが業界改革に乗り出した

    長引く劇場閉鎖のなか、さまざまなかたちで力を発揮しているブロードウェイの舞台人たち。ブロードウェイで活躍する日本人俳優の由水南(ゆうすい・みなみ)さんから現地の様子を聞いたレポートの第4弾をお届けする。 「本物」を求める時代が来た 「自分たちでセットや照明をすべて準備し、自分たちの力だけでプロデュー ...

  • 幾何学模様や家紋をモチーフにしたハンコ「OOiNN」の必然

    2020年の代名詞ともなったコロナ。そんななか、ここぞとばかりにデジタルシフトは進み、世の中がどんどん便利になっていく。その一方で、その利便性と自らの感性を比較しながら、どのデジタルに乗るのか、私たちは日々、敏感に感じ取っているようにもある。今回のお話しのテーマは「ハンコ」。河野太郎行政改革担当大臣 ...

  • ブロードウェイを忘れないで。舞台人がファンのために考えた「特別なこと」

    長期の公演休止が続くブロードウェイで、ファンに喜んでもらうためのプロジェクトを始めた俳優がいる。Tim Dolan(ティム)だ。彼の取り組みについて、演劇学校の同期である日本人俳優の由水南(ゆうすい・みなみ)さんに聞いた。ティムは現役の俳優でありながら、コロナ禍で劇場が閉鎖される前から、22名のスタ ...

  • ヘラルボニーが彩る JR東京駅「アップサイクルアートミュージアム」の全貌

    知的障害のあるアーティストによる作品のプロダクト化を手がける実験ユニット「ヘラルボニー」(本社:岩手県花巻市、社長:松田崇弥)の躍進が止まらない。もともと「全日本仮囲いアートミュージアム」と銘打って、全国の建設現場の仮囲いをアート作品で彩ってきた彼らが、その展示作品の付加価値をさらに生み出すために、 ...

  • 雑誌創刊、アートビジネスに挑戦。モデル国木田彩良のパラレルキャリアの築き方

    海外で育った幼少期、どこに行っても受ける「よそ者扱い」に苦しみながら、逆境を乗り越えてきた国木田彩良。ようやく「居場所」と思える地である日本と出会い、モデルという「手段」で2015年に来日を果たし、5年がたった。前編:「失敗を恥じることはもうおしまい」パリ育ちモデル・国木田彩良の逆境の越え方そんな国 ...