Forbes JAPAN

Forbes JAPAN 編集部

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

1917年にアメリカで創刊したビジネス誌「Forbes」の日本版として、
2014年6月より「フォーブス ジャパン」と題し新創刊しました。(世界38カ国にてライセンス版を刊行)。
「世界から日本に、日本を世界へ」をテーマに、グローバルな視点を持つ読者たちに向け、フォーブス本国版、各国版の記事をキュレーションし、日本オリジナル記事と共に構成。
ビジネス、経済、投資、アントレプレナー、ランキングの記事を掲載していきます。
フォーブスが取り上げる人物の人生には必ずストーリーがあり、そのストーリーから「未来を切り開くメッセージ」を読者へ届けます。

  • 【独占】小泉進次郎環境相が明かした「僕が息子と一緒にしたいこと」

    第一子誕生に伴う育休取得宣言が議論を呼んでいる小泉進次郎環境相。昨年フォーブス ジャパンが行った単独インタビューでは、生まれくる子どもにぜひ体験させたいことの一つとして、文楽鑑賞を挙げている。文楽ファンであることを公言している大臣が、文楽との出会いからはまった理由、独特の楽しみ方まで熱弁。話は子育て ...

  • 社会信用スコアがもたらす「デジタル・ディストピア」 ノーベル経済学賞教授、異例のSF実験

    ノーベル経済学賞を2014年に受賞し、日本でも『良き社会のための経済学』(日本経済新聞出版社刊)が話題になった、フランス・トゥールーズ第1大学教授のジャン・ティロール。気候変動、格差・分断、グローバリゼーション、デジタル革命……。世界は劇的に変化し、そのスピードはますます ...

  • HPのパソコンがヒットする理由──グローバル責任者が語った、デザインの黄金比

    私たちが毎日のように向きあうノートPC。好きなブランドや会社ロゴのステッカーを貼って、自分好みにカスタマイズできるならまだマシなほうだが、会社から貸与されたマシンで、管理番号や社外持ち出し許可を示すシールが貼られ、その他一切のカスタマイズを認められないこともある。何代かに渡って持ち主が変わった形跡が ...

  • 【独占】長友佑都、投資家としての決意「日本の起業家と世界のヒーローになる」

    セリエAの名門・インテルを経て、現在はトルコ・スュペル・リグのガラタサライSKに所属する長友佑都。日本代表歴代2位となる国際Aマッチ122試合出場を記録するなど、プロサッカー選手として第一線で活躍し続けている。しかし、彼が「日の丸を背負ってピッチを駆け回るアスリート」以外の顔を持っていることを知る人 ...

  • 5GがAIの未来を変えるのか? CESで見つけた新しい潮流

    毎年初に米国ラスベガスで開催されるエレクトロニクスショー「CES」で、近年もてはやされているテーマのひとつがAIだ。エレクトロニクスや5Gの通信サービスと関わりを深めながら進化するAIの最新事情を、とても色濃く反映していたCESのふたつの展示を振り返ってみたい。アマゾンのAIがホームとクルマをつなぐ ...

  • ブランドオーナーとしての小嶋陽菜 「みんなから愛される努力をしない」

    2000年代後半に誕生し、10年代には宣伝チャネルの1つとしてマーケティング領域を中心に広まっていった「インフルエンサー」という職業は、今や世間に影響を与える人物を表現する用語として、すっかり市民権を得た。新しい概念の醸成とともに、インフルエンサーの「キャリア」もまた、新しい展開を迎えようとしている ...

  • 【独占】イートン校のオンライン教育を日本で CEOが「優位性」を語る

    「働き方改革」が叫ばれて久しい昨今、世間の耳目は職場環境や組織構造に集まりがちだが、労働生産性を高め、QOLを向上させるために、変化が必要なのは労働現場だけではない。社会で生きていくうえでの教養、体力、価値観、精神力……あらゆるものの基礎を作り上げる「教育」の在り方もまた ...

  • シンガポールで50万人が熱狂。スター不在の日本発「STAR ISLAND」がウケる理由

    2020年という節目の年を迎えた瞬間、シンガポールのランドマークであるマリーナ・ベイで世界中から訪れた50万人が熱狂したのは、日本の民間企業が手掛けたエンターテインメントだったということをご存知だろうか。シンガポールのカウントダウンを最高潮に盛り上げたのは、エイベックス ・エンタテインメントが主導し ...

  • Allbirdsがいま、日本市場に参入したワケ──オープン日の売上は過去1位を記録

    「World’s Most Comfortable Shoes(世界一快適なシューズ)」──米タイム誌がそう評価し、俳優であり環境活動家のレオナルド・ディカプリオが投資する。いま、世界中で注目を集めているシューズブランドが「Allbirds(オールバーズ)」だ。同ブランドは元サッカーニュ ...

  • 川村元気、クリエイティブの源泉──「ジャンルを変えて、新人であり続ける」

    「目に見えないものを大切にする力」「“魂”を進化させるとあなたはもっと輝く」東証一部上場企業のCEOが上梓する書籍のメッセージとしては異色とも言える、アカツキCEOの塩田元規氏初の書籍となる『ハートドリブン』。不確実性の高い時代だからこそ、自身の内側に目を向け、進化させていく ...

  • 8KとVR、2020年のCESではどちらが輝いた?

    毎年1月に米国ラスベガスで開催される「CES」は、その年にエレクトロニクス分野のトレンドが向かう先が見渡せるイベントとしても注目されている。2020年には世界で4Kを超える「8K」の高画質映像エンターテインメントが本格的に立ち上がるだろう、という期待を込めた声も聞こえてくる中、CESで見つけた8Kな ...

  • パタハラ訴訟相次ぐ日本。「ハラスメントは犯罪」の意識あるか?

    男性が育児参加に関わることへの嫌がらせを意味する「パタニティー(父性)・ハラスメント」、いわゆる「パタハラ」が話題になることが増えてきた。企業内では男性育休の制度が作られ始めているが、「約8割の取得希望に対し、取得率6%という現状」があるともいう。そして最近、「パタハラ」訴訟もあいついでいる。9月1 ...

  • 仰天報道 カルロス・ゴーンの父親は神父を銃殺し、死刑判決を受けていた

    レバノンに逃亡したカルロス・ゴーンの記者会見は、レバノンをはじめアラブ諸国でも大々的に報じられているが、衝撃的な報道が登場した。それは、ゴーンの実父、ジョージ・ゴーン(アラビア語名はゴスン、2006年に死亡)が、かつて密輸にからむ殺人事件を起こした後、いくつもの事件で死刑判決を受けていた、というもの ...

  • ジェフ・ベゾスの名言10選 「変わらないものを軸に戦略を立てよ」

    米アマゾン・ドット・コムの創業者でCEOのジェフ・ベゾス。彼の「名言」は、読むべき書籍に関連するものから、ストレス対処法(「大声で笑え」だそうだ)まで多岐にわたるが、ここではビジネスパーソンが参考にすべき10の言葉に厳選して紹介する。1. 変わらないものを軸に戦略を立てよ。「選択肢はより多く、価格は ...

  • ヘンリー王子夫妻引退表明。メーガン妃の「アクティビスト」としての一面とは

    1月8日に英国王室のシニアメンバーから退くことを発表した、ヘンリー王子とメーガン妃。公式インスタグラムなどを通じた発表は、ロイヤルファミリーとともに世界中を驚かせた。夫婦の新しい選択は前途多難ともささやかれているが、2人はどのようなビジョンを描いているのだろうか。また、なぜこのような選択をしたのだろ ...

  • ソニーがなぜクルマを作るのか?幹部のコメントから狙いを読み解く

    毎年1月に米国ラスベガスで開催されているエレクトロニクスの総合展示会「CES」には、近年大手自動車メーカーもブースを構えるようになり、まるで“コネクテッドカーの展示会”のような色彩を強く帯びはじめている。今年はソニーが初めて自社で開発した自動運転技術のコンセプトカーを出展した ...

  • ココ・シャネルから学ぶ、自分の人生を創造するための7つのエッセンス

    1月10日はココ・シャネルの命日だ。映画『ココ・アヴァン・シャネル』や多くの評伝など、ココ・シャネルについては多くの本やドラマがつくられており、それだけ強烈な生き方を残した女性だ。数々の評伝をもとに彼女の言葉から学んでいこう。「翼を持たずに生まれてきたのなら、翼を生やすために、どんな障害も乗り越えな ...

  • ジェフ・ベゾスとの離婚で元妻・マッケンジーが手にした資産の衝撃

    米アマゾン・ドット・コムの創業者でCEOのジェフ・ベゾスが自身のツイッターで離婚を発表したのは、2019年1月。離婚にあたり、元妻のマッケンジー・ベゾスが、どれだけの資産を手にするかということにも大きな注目が集まった。元妻のマッケンジー・ベゾスとは?マッケンジーは、1970年、カリフォルニア州サンフ ...

  • 1万円からはじめる「アートの共同保有」は、日本人の美意識を変えるか?

    旅先で美術館に足を運ぶ。好きな画家の企画展をチェックする。ギャラリーショップで気にいった作品のポストカードを購入する──。現代人のアートとの距離感はさまざまだ。ほとんど興味のなかった人でも昨今、ビジネスの文脈においてアートの素養や美意識が問われるようになったことで、美術鑑賞を意識的にはじめてみた人も ...

  • 家具から部屋、そしてまちへ インドネシアで都市開発に挑む日本人起業家

    世界の暮らしをリデザイン(ReDesign)する──。そんな壮大な思いを実現しようとしている日本人連続起業家がいる。シンガポールに本社を置くIoT家具スタートアップ、カマルクホールディングスの和田直希(39)だ。和田は1月6日、インドネシアの地で「まちづくり」という新たな挑戦を始めることを発表した。 ...