Forbes JAPAN

Forbes JAPAN 編集部

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

1917年にアメリカで創刊したビジネス誌「Forbes」の日本版として、
2014年6月より「フォーブス ジャパン」と題し新創刊しました。(世界38カ国にてライセンス版を刊行)。
「世界から日本に、日本を世界へ」をテーマに、グローバルな視点を持つ読者たちに向け、フォーブス本国版、各国版の記事をキュレーションし、日本オリジナル記事と共に構成。
ビジネス、経済、投資、アントレプレナー、ランキングの記事を掲載していきます。
フォーブスが取り上げる人物の人生には必ずストーリーがあり、そのストーリーから「未来を切り開くメッセージ」を読者へ届けます。

  • 二代目ラスボスR-指定が語る、人に響く言葉と歌詞へのこだわり

    近年、ビジネスシーンをはじめ、さまざまな場面で重視されているのがコミュニケーション能力だ。その中核をなすのは言葉だろう。その言葉を巧みに操るプロフェッショナルこそCreepy NutsのR-指定だ。一躍、フリースタイルラップブームを巻き起こした人気番組「フリースタイルダンジョン」。同番組初代モンスタ ...

  • なぜ山口周のツイートはエンゲージメントが高いのか?

    11万部のベストセラーとなった『世界のエリートはなぜ美意識を鍛えるのか』では、データやロジックに対する感性の重要性を説き、『武器になる哲学』では人生を生き抜くための思考術を、最新の著書『ニュータイプの時代』では、“役に立たないけど意味がある”ものの価値について発信する思想家、 ...

  • 【独占】アマゾン元幹部がZOZOに参画したワケ

    ヤフーの傘下に入り、創業者であり社長の前澤友作は退任する──。9月12日の朝、ZOZOはそう発表した。この突然の発表に日本中が驚くとともに、これからのZOZOはどうなっていくのか、と思ったことだろう。今後の展開について、その詳細は当事者たちしか知る由もないが、ZOZOの今後を占う上で面白い動きが、冒 ...

  • 「よい人材は、生えてくるもの」。才能を刺激する意外な奥義

    今年の30 UNDER 30受賞者の中には、一般企業での就業経験がない人や、大学を中退している人も多い。しかし、いつの時代も未来を作るのは「はみ出し者」たちだ。では、その能力はいかにして伸ばされるのか? 時価総額40兆円超えの大企業・アリババの創設者ジャック・マーは、大学受験に2度失敗していることを ...

  • 「エシカル」を発信し続け、10年。いま、白木夏子が考える「誰もが幸せを追求できる」世の中とは?

    「エシカル」──「倫理的」という言葉は、この10年でさまざまな人が選びとるアティテュードとなった。資本主義に生きる私たちの多くが、見て見ぬ振りをしてきた、ある種の「搾取」構造や不合理性に真っ向から挑み、日本に「エシカル・ジュエリー」を広めた立役者が、HASUNA代表取締役の白木夏子だ。HASUNA設 ...

  • 未来を変える投資「イノバティブファイナンス」とは

    「この10年間で市場は劇的に変わった。社会的課題を解決するには民間の投資が必要だという認識が世界的に巻き起こっている。我々は大胆に動かなくてはいけない」。GSG日本国内諮問委員会と一般財団法人社会的投資推進財団(SIIF)が2019年9月6日に開催した「社会的インパクト投資フォーラム2019」のパネ ...

  • スマホの限界を超えてきた、グーグル「Pixel 4シリーズ」ハンズオン

    グーグルが最先端のテクノロジーを詰め込んだスマートフォン「Pixel 4シリーズ」を発売する。グーグルらしい独創性に富んだカメラ機能にユーザーインターフェースなど、見所の多い端末を発売前に体験したインプレッションを報告したい。飛躍を遂げたデザインとユーザー体験10月24日に発売されるスマートフォンは ...

  • 「NYの聖地」に作品を残したアーティスト 松山智一が世界に名を馳せるまで

    松山智一は、ニューヨークを舞台に活躍する現代アーティストだ。彼の作品を見た人は、国籍問わず、自身の文化的な原点を考えることになる。例えば、このコロニアル様式の部屋の中央に佇む女性が描かれた「Welcome to the Jungle」を見て、あなたは何を思うだろう。Welcome to the Ju ...

  • 世界で評判の良い国ランキング 1位は2年連続のスウェーデン

    ニュージーランドとイラン、2週間の休暇を過ごすとしたらどちらがいい? 前者を選んだ人は、それぞれの国の評判について自分が持つ認識に影響されている可能性が高い。では、国の評判はどのように形成されるのだろう?国の評判に影響する要素は、ニュースの一面を飾るような出来事や、経済・環境的な状況などさまざまだ。 ...

  • ZOZOは競合にあらず ユニクロも採用した「身体採寸テクノロジー」企業の挑戦

    2017年、ZOZO(当時スタートトゥデイ)が開発を発表したZOZOSUITによって大きな話題を呼んだ「自動採寸技術」。スマホやIoTで手軽に体のサイズを測定する技術は、店員が採寸できないオンラインでのアパレル販売の欠点を補完する存在として期待されている。それから約2年、発表時とは異なる形でリリース ...

  • ラグビーW杯の特需は「仕事検索」にも 関連職の人気「64倍」に

    「ブレイブ・ブロッサムズ」こと日本代表チームの快進撃で、さらなる盛り上がりを見せるラグビー・ワールドカップ。空前のラグビー旋風に伴い、関連する仕事への「トライ」を試みる人が増えているようだ。求人情報専門の検索エンジン「Indeed」を展開するIndeed Japanの調査によると、ラグビーに関する仕 ...

  • 「企業の価値は、時価総額からフォロワー数へ」広告のトレンドを予測する

    世界最大級の広告祭「カンヌライオンズ」をテーマに9月19日にForbes JAPANで開催された「企業と消費者の最先端コミュニケーション〜世界の事例から〜」。株式会社もり代表クリエイティブディレクターの原野守弘、博報堂グローバル・インタラクティブ・ディレクターの林智彦、Dentsu Lab Toky ...

  • 20歳で「遊び」から「ビジネス」へ。Hostyが福岡から描く、新しい宿泊のカタチ

    「正直なところ、mizukaのモデルは真似しやすいので、これまでPRはあえてしていませんでした」(山口)こう語るのは、Hostyの代表取締役である山口博生氏だ。今回3億円の資金調達により、Hostyがこれまで調達した資金は総額で8億円を超える。モデルのトレースを恐れ、PRはおろか、5億円を超えるまで ...

  • 藤原ヒロシがインスタで伝える「大いなる無駄」の価値

    ルイ・ヴィトン、ブルガリ、モンクレールといったハイブランドから、ナイキ、スターバックス、ポケモン、さらには高級船舶まで。藤原ヒロシがこの1、2年で手がけたコラボレーションだけでも、挙げ出したらきりがない。それらのコラボを担うフラグメントデザイン(fragment design)を主宰しながら、ミュー ...

  • 広告は終わったのか? 広告がいま問いかけるものとは

    「広告の終焉」が叫ばれて久しい。しかし、今年も南仏カンヌで6月17日~21日まで開催された世界最大級の広告祭「カンヌライオンズ」の受賞作品を目にすれば、そんな言葉を疑うはずだ。同広告祭をテーマに9月19日、Forbes JAPANで開かれた「企業と消費者の最先端コミュニケーション~世界の事例から~」 ...

  • 「伝え方はストーリーが9割」 アマゾン元執行役員が到達したPRの境地

    スタートアップやベンチャーから、世界屈指の規模に成長した企業が現代にもある。そのなか「ソフトバンク」と「アマゾン」という2つの象徴的企業を含む広報部門を25年以上にわたって担ってきた小西みさを氏。とくにアマゾン ジャパンでは、現場の最高役職(「レベル8」)にまで登りつめた伝説のPRマネジャーである。 ...

  • 「スモール・ジャイアンツ アワード」関東大会で明らかになった新しい価値「地方での連携力」

    そのとき、会場には、祝福の拍手と驚きの溜息が入り交じっていた。「Forbes JAPAN SMALL GIANTS AWARD 2019-2020」関東大会、埼玉県川越市の協同商事が大賞に輝いた瞬間だ。同社は「COEDO」のブランドで、ビールを製造、販売。日本発のクラフトビールとして国際的なコンテス ...

  • 「お祈りメール」文化に終止符を。現役大学生が描く、新しい就職活動のカタチ

    「選考の結果、貴意に添えかねる結果となりました。今後のご活躍をお祈り申し上げます」──この文言とともに、企業から送られてくる不採用通知の結果。いわゆる「お祈りメール」に不快感を抱いたことのある学生は多いのではないだろうか。2014年、東京ガスが「お祈りメール」を題材としたCMを打ち出しましたが、大学 ...

  • 「世界観」にこだわる インフルエンサー発、5つのファッションブランドが誕生

    インスタグラムやツイッター、そしてユーチューブ──こうしたSNSを通じて、ファッションやライフスタイルなど自分の“好きなもの”を手軽に発信できる時代になった。そんな環境の変化によって、昨今モデルやインフルエンサーが自分の“好きなもの”を形にすべく、自身 ...

  • 企業の競争戦略に、ダイバーシティは不可欠。リクルートが60年取り組んだ軌跡とそのナレッジ

    2000年代から日本国内で注目されてきた、企業のダイバーシティ。しかし、世界における立ち位置は、世界経済フォーラムの「ジェンダー・ギャップ指数」によると、149カ国中110位とまだまだ課題が多い状況だ。そうした中、実は約60年前から「競争戦略」としてダイバーシティに注目し、推進に成功してきた日系企業 ...