<Forbes JAPAN定期購読会員の皆様へ> 決済システム変更にかかる決済情報再登録のお願い

Getty Images

フィンテックの新規顧客がモバイルアプリをインストールするまでにかかるコストが、AndroidではiOSの半分であることが明らかになった。それにもかかわらず、Androidでインストールした新規顧客がアプリでアカウントを登録する頻度はiOSの新規顧客の2倍になっている。

フィンテック分野の広告による新規アプリユーザー獲得にかかる平均コストは、昨年の2.45ドル(約347円)から今年は2.33ドル(約330円)に下がり、iOSでは4.35ドル(約616円)、Androidでは2.09ドル(約296円)となっている。

もちろん、アプリのインストールを獲得するのは簡単だ。インストールを実際のサインアップに変えるのは難しく、サインアップを預金、保険購入、暗号資産(仮想通貨)の送金などを行う顧客に変えるにはもっと費用がかかる。

アプリマーケティング会社Liftoffのレポートによると、アプリをインストールす人のうち実際にサインアップするのは約20%で、アカウントをアクティベートするのは約11%だ(情報公開:筆者はLiftoffのポッドキャスト「Mobile Heroes Uncensored Podcast」の共同ホストを務めている)。

つまり、フィンテックでモバイルの新規顧客を獲得するための真のコストは決して安くはない。

アプリ内で実際にサインアップしてアカウントを開く新規アプリユーザーを見つけるには、Androidで8ドル(約1133円)以上、iOSでは22ドル(約3118円)以上のコストがかかる。また、取引を行う顧客の獲得にはさらにコストがかかり、Androidで13.17ドル(約1866円)、iOSで67ドル(約9495円)近くだ。

なぜこのような差があるのだろうか。

Liftoffの最高マーケティング責任者(CMO)のデニス・ミンクは「伝統的にiOSユーザーはAndroidよりも収益性が高く、高い費用対効果を提供している」と指摘する。「しかし、それは時間とともに進化しており、Androidユーザーの獲得コストが非常に低く、iOSユーザーの2倍以上アクティベートしていることを考えると、金融アプリのマーケティング担当者は、Androidの顧客基盤を拡大するためにさらに投資するのが賢明だろう」と話す。

新しいレポートでは総じて良いニュースがある。それは、新規ユーザー獲得コストは今年、全期間で減少しているということだ。

フィンテックのモバイルアプリにおける新規顧客のアクティベーションのコストは昨年11月にAndroid、iOSの両方で平均して約25ドル(約3545円)と最も高くなった。現在は平均13.55ドル(約1921円)にとどまっている。

興味深いことに、銀行アプリのユーザーは1人当たりわずか1.50ドル(約212円)と最も安いコストで獲得できるのに対し、フィンテックのユーザーは2.41ドル(約341円)だ。そして投資アプリのインストールは2.65ドル(約375円)と高く、実際の顧客に転換するのが最も難しいのだという。

レポートは1820億回の広告表示、24億回の消費者によるクリック、1650万回のアプリインストールの分析に基づいている。レポートはLiftoffのウェブサイトから入手できる。

forbes.com 原文

翻訳=溝口慈子

PICK UP

あなたにおすすめ