<Forbes JAPAN定期購読会員の皆様へ> 決済システム変更にかかる決済情報再登録のお願い

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

「ベースフード」のベースブレッド

社会で活躍するリーダーや、著名なビジネスマンたちのパワーの源は何なのか? 彼らの「パワーフード」から、彼らのエネルギーの源泉を探るシリーズ。

今回は、Mrk&Co代表取締役の上條景介さん。東京農工大学在籍中にブログ「がんばれ、生協の白石さん」を開設。書籍化された同作は、発行部数100万部のメガヒットとなり、一躍時代の寵児に。

このまま人気ブロガーになるのでは? という周囲の期待に反して、大学卒業後に勤めたディー・エヌ・エーでは、入社2年目にしてソーシャルゲームの立ち上げに参画。DeNA初となる「海賊トレジャー」をリリースした後、バンクーバー支社に赴任する。

帰国後は、現職のMrk&Coを共同創業。リリースした婚活&恋活のマッチングアプリ「Dine」は、毎月15000人がリアルに出会う「出会いの、最短距離」として、『日本経済新聞』から『JJ』まで多くのメディアで取り上げられ、今、注目を集めている企業の仕掛け人。



「最短距離」というアプリのコピーを食生活でも実践すべく、上條代表の「推しメシ」は、完全栄養食の「ベースブレッド」。26種のビタミンやミネラル成分に加えて約13gのタンパク質や食物繊維等、体に必要な栄養素が詰まったパン。一般的なパンに比べ、糖質が30%カットされているのも意識の高さが伺える。「人間に必要な栄養素がこの1個で全て含まれている完全栄養食なので、無駄なく健康を維持出来るのが魅力です。とはいえ、健康食品は味が今ひとつ美味しくない事が多いけれど、これは本当に美味しい!プレーン、チョコレート、メープル、シナモン、カレー、食パンと、6種類の味があるので、毎朝食べても飽きる事がないんですよ」



「ベースブレッド」を知ったきっかけは、前職の後輩が起業した会社だったから、という。「最初は、後輩を応援する気持ちで購入しました。元々は、パスタが主力商品だったのが、食べやすいパンが発売されて以来、成分と美味しさと手軽さに魅了されて、すっかりヘビーユーザーになっていました」。

平日の朝食は、「ベースブレッド」が定番。「3年前からこの朝食に切り替えて以来、週に5日、1食2個と単純計算しても、1000食近く食べている事になります。」

ある時、「ベースブレッド」を扱うベースフード社長に、毎朝食べている旨を伝えたところ、「上條さんの健康寿命を僕が伸ばします」と言ってくれた一言が印象的でした。口に入れるものは、体作りや健康と直結するので、体に良い食べ物を習慣的に摂る事が大切だと、私は考えています。又、朝食に何を食べようかと悩む時間が軽減されるので、ノーストレスなライフスタイルに生まれ変わったように思います」

文=中村麻美

PICK UP

あなたにおすすめ