Close RECOMMEND

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

バイドゥ プレスリリースより

「絵文字・顔文字・記号を多用」、「文章中にカタカナを乱用」、「1度に送る文章が長い」……。

これは、Z世代が感じる「おじさん構文」。おじさんがメールやメッセージアプリでよく使う(と思われる)特徴的な言い回しのこと。バイドゥがキーボードアプリSimeji上でアンケートを取り、トップ10を発表した。

z
(※集計期間 2022/6/27~2022/7/5   有効回答数 10~24歳 男女 597人)


上位の「おじさん構文」について、Z世代からのコメントをまとめてみると次のようになった。

1. 絵文字・顔文字・記号を多用
「最近は、 絵文字よりもスタンプを使う方が多い」
「頑張って今どきに合わせてる感があるww」
「慣れてなさそうな感じ」「ガラケーの名残?」

2. 文章中にカタカナを乱用
「最後をカタカナにする使い方がちょっと古い」
「本人は優しく接している感じ」
「メールとかが毎回そう」

3. 1度に送る文章が長い
「言いたいことを全部まとめて言ってくる笑」
「最近の言葉の略し方を知らない」
「読みにくい」
4. 親しくないのにメッセージになるといきなりタメ口
「慣れてないのに馴れ馴れしい」
「ネットやってると大概こうなる」
「大体の人はそうだから?」

5. 名前は「ちゃん」「チャン」付け表記
「呼び方を理解していなさそう」
「なんか過保護」「慣れてないから(?)」
「叔父さんと絡んでる(とこうなる)」

たしかに言われてみれば……というものが並んでいるが、10年前、20年前では当たり前に使われていたものも多く、その時代を現わしているともとれる。
いまのZ世代も、しばらくするとさらに若い世代から同じように言われているのではないか。20年後も同様のアンケートで追試をお願いしたい。

Z世代

PICK UP

あなたにおすすめ