Close RECOMMEND
<Forbes JAPAN定期購読会員の皆様へ> 決済システム変更にかかる決済情報再登録のお願い

女性の心と身体のことを知って、やさしい社会を考える。

「ご自愛ください」と言葉を交わすこともあるし、「自分を大事にしたい」と頭で考えることもあるけれど、実際に「ご自愛」や「自分を大事にする」ってどうやってやればいいの?

はやい速度で進む社会の中で、仕事でもプライベートでも、自分を蔑ろにせず労る時間を持ってケアをすることは、難しいようにも感じてしまいます。

今回登場するのは、ダイエット美容家として、心とからだを切り離さないセルフケアを発信する本島彩帆里さん。ポルトガル語で「自分自身(を大切にする)」という意味を込めたセルフケアブランド「eume(イウミー)」を展開しています。

自分を取り残さず、わたしとの関わりを大切にする“セルフパートナーシップ”を育むこととは──。

明日 わたしは柿の木にのぼる代表の小林味愛が聞き手となって、紐解いていきます。

*TOKYO創業ステーション TAMA STARTUP HUB TOKYOで開催されたイベント「新しい私の見つけ方」の内容をお届けします。

「わたし自身」を取り残さないことから始めて、「自己効力感」を育む


──まず、彩帆里さんご自身と、立ち上げたブランド「eume」についてご紹介いただけますか。

はい。私自身は、ダイエット美容家という肩書きで活動していて、2015年からInstagramを始め、YouTubeやメディア、書籍でも、ダイエットや美容に関する発信をしています。2016年に夫と一緒にエベリストという会社を立ち上げて、その一事業として2020年から「eume」をスタートしました。

eumeは私のメンタルケアやボディケアの経験そのものがかたちになったブランドです。eumeの理念は、そのまま私が大事にしていることでもあるんですね。私は、SDGsが掲げる「No one will be leaf behind(誰も取り残さない)」という哲学をベースに、もっと手前にある「わたし自身」を取り残さないことから始めたい、と思っているんです。たとえば不安を感じたときに、そう感じた自分を抑え込まず、小さな心の動きを受け入れて確認していくことが「自分自身を取り残さない自分との関わり」につながっていくと思っています。

あと、私もそうだったんですが、ダイエットをしていると、たくさんのタスクをこなそうとして、「できなかったこと」に目を向けてしまいがちです。ああ今日もがんばれなかった、と自己嫌悪に陥ってしまうことも。でも、がんばれたかがんばれなかったか、ではなくて、自分ができたことを認知していくことを大切にしています。

朝起きて1杯の水が飲めたとか、お風呂にゆっくり浸かれたとか。eumeでは、日々「できたこと」の確認を積み重ねて「自己効力感(自分はできると認知する力)」を育む体験を提供したいと思っているんです。だから、毎日使いたくなるような、できたことを実感できるようなプロダクトを開発していて。具体的には、身体をあたためる光電子繊維のインナーや美味しさにこだわったプロテイン、宝石みたいなミネラルのバスソルトを展開しています。


文=徳 瑠里香 画像=本島彩帆里さん提供

PICK UP

あなたにおすすめ