Close RECOMMEND

I write about photography and related subjects.

Yasin Hasan / Shutterstock.com

グーグルの次世代Pixel製品であるPixel7、7 Pro、そしてタブレット端末に関する重要な情報がリークされた。

Android開発者でリーカーでもあるKuba Wojciechowskiによると、Pixel 7と7 Proは、前面カメラにサムスン製の1100万画素イメージセンサー「Isocell 3J1」を採用するという。Isocell 3J1は、オートフォーカスと顔認証の性能を向上させる「デュアルピクセル・オートフォーカス」と、ダイナミックレンジを向上させるサムスンの「スマートWDR」機能に対応している。

Pixel 6シリーズの前面カメラは、6 Proが同じく1100万画素センサーを搭載しているが、それ以外のモデルは800万画素のため画質は低く、4Kセルフィー動画を撮ることはできない。Wojciechowskiによると、Pixel 7、7 Proの背面カメラは、メインカメラにPixel 6、6 Proと同じくサムスン製の5000万画素センサー「Isocell GN1」、超広角カメラにはソニー製の「IMX381」が採用されるという。

望遠カメラは、現行のPixel 6 Proに搭載されている「Isocell GM1」から、スペックの似たソニー製「IMX586」に変更される予定だという。

Wojciechowskiは、「Lynx L10」というコードネームの新たなグーグルのデバイスに関する情報もリークしている。彼によると、このデバイスも5000万画素のIsocell GN1を搭載するが、望遠カメラには、ZTEが最近発表した「Axon 40 Ultra」に搭載されているソニー製の6400万画素センサー「IMX787」が採用されるという。

LynxL10の前面カメラには、未発表のソニー製センサー「IMX712」を採用されるという。グーグルがついに最先端のカメラハードウェアと、高性能が実証済みの画像処理ソフトウェアを組み合わせたデバイスを開発することが期待されるが、商用化されるかどうかはまだ不明だ。

タブレット端末「Pixel Tablet」


Wojciechowskiによると、コードネームが「T6」の新型タブレット端末「Pixel Tablet」には、前面・背面ともにソニー製の800万画素センサー「IMX355」が搭載されるという。また、コードネーム「P7」は折りたたみスマホであることが予想され、5000万画素の「Isocell GN1」と1100万画素のソニー製「IMX363」、800万画素の「IMX355」が搭載される予定だという。

この種のリークではよくあることだが、今回の情報も、グーグルが新たに公開したソースコードに含まれるテキストから見つかったものだ。ただし、Wojciechowskiのようなリーカーが未公表のスペックを発見しにくくするために、関連情報が意図的に隠されているように見える点がこれまでと異なる。このことから、これらの情報をしばらく秘密にしておきたいというグーグルの意図が読み取れる。

Pixel 7と7 Proは、今年10月に発売される予定だ。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ