<Forbes JAPAN定期購読会員の皆様へ> 決済システム変更にかかる決済情報再登録のお願い

最先端の経済誌「Forbes JAPAN」の記事紹介

新型SUVにも注目


アルファ ロメオが2022年2月に発表した新型SUVが「トナーレ」。ブランドの変革を体現するモデルとされている通り、コネクティビティと電動化に対応したモデルだ。

ハイブリッドおよびプラグイン・ハイブリッドが設定されていて、80キロまでモーターのみの走行もできるし、一方、モーターの太いトルクを利用してパワフルなドライビングも可能と謳われている。

コネクティビティの面では、ワイヤレス通信によるアップデート(いわゆるOTA)が技術的に可能となっている。インフォテイメントシステムのために、合わせて22.5インチにおよぶ2つの大型フルTFTスクリーンをそなえる。アマゾン アレクサの音声アシスタントにも対応しているという。

見た目は伝統も生かしたアルファルックでありつつ、内容は最先端。それが特長だ。

文=Fumio Ogawa 写真=Tsukuru Asada (MILD)編集=Tsuzumi Aoyama

クルマの名鑑
VOL.51

電気自動車普及のための、BMWの2つのアプロー...

VOL.53

独自のポジションを築くマセラティ。期待を裏...

PICK UP

あなたにおすすめ