Close RECOMMEND

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

photo 阪神甲子園球場 ウェブより

1915年8月18日、全国中等学校優勝野球大会という名称で後の全国高等学校野球選手権大会の第1回大会が開催されました。高校野球の聖地ともいえる甲子園球場が甲子園大運動場として完成するのは、これより9年後の1924年のこと。今では「夏の甲子園」とも称される大会ですが、始まったときには甲子園でもなければ、高校野球でもありませんでした。

熱戦の舞台となったのは大阪の豊中グラウンド。地区予選を勝ち抜いた9校と春に行われた東京の大会で優勝していた早稲田実業学校を合わせた10校が優勝を目指して戦いました。優勝をしたのは京都府立第二中学校(現・京都府立鳥羽高等学校)、延長13回までもつれこんだ末にサヨナラで試合を決めています。

大会後、京都二中が凱旋した際に京都市内では優勝パレードが行われたそうです。「京二中野球部記」に「非常大歓迎ヲ受ケ七条駅ハコレラノ人ヲ以テ充タサレタリ」と周囲の熱狂ぶりが記されています。

第4回大会が米騒動で中止になるなど紆余曲折ありながらも、1927年にラジオでの実況放送が始まったこともあり、大会は徐々に夏の風物詩となっていきました。戦争による中断をはさみ1946年に大会が再開されると、1947年には参加校数が1000校を突破。翌1948年、戦後に行われた学制改革の影響で現在の全国高等学校野球選手権大会に大会名が改称されました。同年、大会歌である「栄冠は君に輝く」も制定されています。

連載:今日は何の日?

<<前日「世界初の音楽CDは誰のアルバム?」に戻る

執筆協力=アステル

今日は何の日?
VOL.139

ABBA vs ビリー・ジョエル、世界初の音楽CDは...

VOL.141

シャネルNo.5の誕生秘話とは ココ・シャネルの...

PICK UP

あなたにおすすめ