<Forbes JAPAN定期購読会員の皆様へ> 決済システム変更にかかる決済情報再登録のお願い

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

Getty Images

2007年8月16日、埼玉県熊谷市と岐阜県多治見市で40.9℃まで気温が上がり、国内の最高気温が74年ぶりに更新されました。猛暑はこの2地点だけに限った話ではなく、関東地方・東海地方を中心に25カ所の地点で観測史上最高気温を記録。熱中症のため倒れて病院に搬送される人が相次ぎ、6都府県で11人が死亡しています。

74年ぶりの記録更新ということで注目を集めましたが、国内最高気温はそのわずか6年後である2013年8月12日に高知県の江川崎が41.0℃を記録してすぐに更新されました。現在の国内最高気温は2018年7月23日に再び熊谷で記録された41.1℃です。2022年は、7月1日に早くも熊谷・多治見など6地点で40℃台の気温が観測されています。

熊谷ではこの暑さを逆手にとって町をPRしようと、記録更新前の2004年から「あついぞ!熊谷」をキャッチフレーズに、官民一体で暑さを活かした町おこしを行ってきました。大温度計を設置したり、Tシャツや関連グッズをつくったりと積極的に活動し、最高気温を更新したこともあいまって熊谷の知名度は大幅にアップ。しかし定住の促進にはマイナスという声も寄せられたため、現在は暑さよりも暑さ対策のPRに力を入れているそうです。

ちなみに熊谷と多治見が記録を更新するまで70年以上も国内最高気温ホルダーだったのは、1933年に40.8℃を記録した山形でした。

連載:今日は何の日?

<<前日「40万人を集めた伝説の野外ロックフェス」に戻る

執筆協力=アステル

今日は何の日?
VOL.137

伝説の野外ロックフェス ウッドストック・フ...

VOL.139

ABBA vs ビリー・ジョエル、世界初の音楽CDは...

PICK UP

あなたにおすすめ