<Forbes JAPAN定期購読会員の皆様へ> 決済システム変更にかかる決済情報再登録のお願い

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

Getty Images

1982年8月17日、世界初となる商用音楽CDが製造されました。栄えある第1号タイトルに選ばれたのはABBAのアルバム「The Visitors」です。

しかし、世界で初めて販売された商用音楽CDは「The Visitors」ではありません。「The Visitors」が販売された10月15日よりひと足早く、10月1日にビリー・ジョエルのアルバム「ニューヨーク52番街」が販売されたのです。そのため、世界初のCDを出したのはABBAなのかビリー・ジョエルなのかは人によって意見がわかれます。

「The Visitors」と「ニューヨーク52番街」のどちらが世界初の音楽CDであるにしろ、今まで世界になかった新製品であるにもかかわらず、この2タイトルの販売時期がわずか2週間しか違わないのはどうしてなのでしょうか。
それは、CDそのものがフィリップスとソニーの共同開発で生まれたものだからです。「The Visitors」のCDを出したのはフィリップス傘下の世界的なレコード会社であるポリグラムであり、「ニューヨーク52番街」のCDを出したのはソニー傘下のレコード会社であるCBS・ソニーでした。

ちなみに1982年10月1日にはCBS・ソニーから一気に50タイトルのCDが発売されています。そのなかでいちばん最初に製造されたのが「ニューヨーク52番街」だったので、このタイトルが世界で初めて販売されたCDだといわれているのです。

連載:今日は何の日?

<<前日「74年ぶりに国内最高気温が更新される」に戻る

執筆協力=アステル

今日は何の日?
VOL.138

命の危険もある酷暑 74年ぶりに国内最高気温...

VOL.140

甲子園でも高校でもなかった第1回大会 高校野...

PICK UP

あなたにおすすめ