<Forbes JAPAN定期購読会員の皆様へ> 決済システム変更にかかる決済情報再登録のお願い

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

Getty Images

1969年の8月15日から17日の3日間、米国ニューヨーク州の郊外にある農場で伝説の野外ロックフェス「ウッドストック・フェスティバル」が開催されました。ベトナム戦争の戦況悪化などでアメリカが揺れるなか、愛と平和と音楽を掲げて3日間で40万人以上の観客を動員したとされています。

小さな町に大群衆が押し寄せたため道路が大渋滞して交通はマヒし、観客どころかヘリコプターでなければ出演者も会場にたどり着けない状態でした。食料品などの供給はストップし、チケットを持たない若者たちの殺到を抑えきれなくなったことでフェスは結局フリーライブと化し、大雨に見舞われて会場は泥だらけ。ドラッグの過剰摂取で1名が死亡し、会場で出産する人まで現れます。

大勢の死傷者が出てもおかしくないかなりカオスな状況だったにも関わらず、参加者たちは食べ物をわけあうなどしてお互いに助け合い、大きな混乱は起きませんでした。

ステージに立ったのは、交通渋滞によるスケジュールの混乱で急遽トップバッターを務めたリッチ―・ヘブンスを皮切りに、ザ・フ―、サンタナ、ジャニス・ジョプリンなど、そうそうたる顔ぶれ。最終日のトリはジミ・ヘンドリックスが飾りました。

とはいえ、彼が登場したときにはもう4日めの朝になっており、多くの観客は帰ってしまったあとだったそうです。このときに演奏されたアメリカ国歌「星条旗」もまた、ウッドストック・フェスティバルとともに伝説となっています。
かう機会が多い社会人をターゲットにして「サラサ ドライ」を売り出し、累計販売本数600万本という大ヒットとなりました。

連載:今日は何の日?

<<前日「日本初の特許は漆を使った技術」に戻る

執筆協力=アステル

今日は何の日?
VOL.136

日本初の特許は漆を使った技術 日本の特許第1...

VOL.138

命の危険もある酷暑 74年ぶりに国内最高気温...

PICK UP

あなたにおすすめ