Close RECOMMEND

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

photo Amazon

8月13日は左利きの日です。1992年にイギリスの「Left-Handers Club」が左利きの人たちの生活環境を向上させようとして制定しました。日付は提唱者の誕生日なのだとか。

日本では人口の約10%が左利きだといわれています。そのため、圧倒的多数を占める右利きの人が使いやすい商品や、右利きの人に合わせたサービス・生活習慣が幅をきかせているのはごくごく当たり前のことだといえるでしょう。

しかし、裏を返せば10%の人たちは「こういった不便を解消してくれる商品やサービスがあったら買いたい」という強い購買ニーズを秘めているともいえるのではないでしょうか。左利きユーザーはビジネスチャンスの宝庫かもしれないというわけです。

例えば、左利きの人はボールペンで横書きの文章を書くと手がインクで汚れてしまいます。横書きは一般的に左から右に向かって字を書いていくため、自分の書いた文字がインクが乾かないうちに手にあたってしまうからです。

ゼブラの人気商品の1つに「サラサ」というボールペンがあります。さらさらとしたなめらかな書き心地が特徴なのですが、なめらかに書けるようインクの出がよくしてあるため文字が乾きにくいという問題も抱えていました。
そこでゼブラは、左利きユーザーの声に応えて速乾性の高いDRYJELLインクを開発。左利きの人や汚してはいけない書類をあつかう機会が多い社会人をターゲットにして「サラサ ドライ」を売り出し、累計販売本数600万本という大ヒットとなりました。

連載:今日は何の日?

<<前日「MS-DOSとともに世界標準となったパソコン」に戻る

執筆協力=アステル

今日は何の日?
VOL.134

MS-DOSとともに世界標準となったパソコン IBM ...

VOL.136

日本初の特許は漆を使った技術 日本の特許第1...

PICK UP

あなたにおすすめ