Close RECOMMEND

I write about personal branding.

Unsplash

「成功するまで、成功しているふりをしろ」。このアドバイスは旧世代が出世の階段を登ることを助けてきたかもしれないが、データドリブンで、絶えず変化し続ける今日の仕事の世界では、トップへの道を見せかけることは通用せず、ストレスレベルはもちろん、自信のレベルにも大きな打撃を与えることになる。

透明性の時代には、人々はハッタリや虚勢を見抜く傾向がある。さらに、あなたは強くしっかりとした意思決定ができるようになることが必要だ。そのためには、実社会でリーダーシップを発揮する経験を積むしかない。

ここでは、管理職昇進の有力候補として目立つために必要なスキルと自信を身につけるためのヒントを紹介する。誰かがチャンスを与えてくれるのを待つ必要はないということを覚えておこう。自分から積極的に行動し、スキルアップの機会を求めることで、「運」をつかむことができる。

1. OJTでリーダーシップの練習をする


どんな活動も、それを学ぶためには、自分でやるのが一番だ。世界中のあらゆるリーダーシップに関する本や記事を読むことができる。しかし、学んだことを実践してみなければ、どのような場面で何をすべきなのか、正確に知ることはできない。

残念ながら、リモートワークやハイブリッドワークの環境では、通常の業務の中でさらに経験を積むことは難しくなっている。その代わりに、リモートプロジェクトの運営に参加したり、今後の取り組みにどのような形式が最適かを評価する人になるなど、リーダーシップを伸ばすための独自の戦略を見つけなければならないかもしれない。

また、業種によっては、オンライン・シミュレーションを利用できるかもしれない。グローバルプロフェッショナルサービス企業BTSの副社長ウィレム・ペニングスは、「何かを本当に理解する唯一の方法は、実際にやってみることだ」と説明する。彼の会社は、企業と協力して、ビジネス上の課題を模倣したシミュレーションを構築している。シミュレーションでは、最大で100の異なる問題解決が必要とされ、それらが最終的な結果につながる。

どんなことでも、部門長が頻繁に行うリーダーシップの決定を評価することで、いつでも自分自身の「シミュレーション」を構築することができる。あなたなら何か違うことをするだろうか? もしそうなら、それは何だろうか? その場合、どのような展開になる可能性があるのか? さまざまな可能性を描き出すことで、戦略立案能力が磨かれる。

2. マイクロラーニングを実践する


エグゼクティブトレーニングの専門家であるジュリアン・バーキンショーとマヤ・グドゥカ、スティーブ・マーシャルは、今日の学習に最適なモデルを探求した結果、旧来のセットアップはもううまく機能しないことに気づいた。その結果、彼らは明日のリーダーを育成するために、反復的でスプリントのような学習方法を推奨している。

翻訳=上西 雄太

PICK UP

あなたにおすすめ