Close RECOMMEND

Getty Images

インテルが「NADAQ 100 最優秀配当株」に選ばれた。Dividend Channelが発行するDividendRankの最新レポートによる。レポートによると、NASDAQ 100構成銘柄中で、インテル株は魅力的な企業評価指標と強力な収益性指標の両方で好成績を収めた。たとえば、最近のインテル株価、37.99ドルの株価純資産倍率は1.5、年間配当利回りは3.8%だ。これに対してNASDAQ 100の配当支払い企業の平均利回りは2.0%、株価純資産倍率は7.4だった。レポートはさらに、インテルの四半期ごとの強力な配当実績と重要基本データポイントにおける長期にわたる好調な複数年成長率を挙げている。

「企業価値の視点で投資にアプローチする配当投資家は、最も収益性が高く、かつ魅力的な評価で取引されている最強の企業を調べることに最も関心がある。それは、当社が独自のDividendRank 数式を使って見つけようとしているものであり、対象分野を収益性と企業価値両方のさまざまな基準に基づいてランク付けし、投資家がさらに調査を深める情報源として使うための最も『興味深い』銘柄のリストを作っている」とレポートでは述べられている。

テクノロジー寄りのNASDAQ 100指数は、NASDAQに掲載されている非金融企業トップ100社を追跡している。金融機関を除外していること、および米国拠点以外の企業も含めている(ダウ・ジョーンズ工業株価平均は米国拠点の会社しかカバーしていない)ことがこの指数の特徴だ。

インテルの現在の年換算配当額は1株当たり1.46ドルで、現在、四半期ごとに支払われており、直近の配当日払い日は2022年5月5日だった。リンク先でインテルの長期にわたる配当履歴を見ることができる。企業の過去の配当履歴を見ることは、最近の配当が今後も続くかどうかを判断する重要な参考情報である。

翻訳=高橋信夫

インテルナスダック

PICK UP

あなたにおすすめ