<Forbes JAPAN定期購読会員の皆様へ> 決済システム変更にかかる決済情報再登録のお願い

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

Wonderfulengineering

従来も、BCI(脳コンピューターインターフェイス)によって、部分麻痺のある患者が義肢装具を動かしたり、簡単な「はい」や「いいえ」を伝えたりすることができてはいた。

しかし、今回は完全閉じ込め状態にある人、つまり顔面の動きも制御できない人がBCIを使い、完全な文章を伝えることに初めて成功した。この研究に取り組んだ科学者によると、意識も知性もあるのに全身麻痺で完全閉じ込め状態にある人が、このように対話できたのは過去に例がないという。

ALS患者が意思疎通に成功


意思疎通に成功したのはドイツ出身の30歳男性で、2015年8月に筋萎縮性側索硬化症(ALS)と診断された。ALSは退行性神経系疾患、運動に関連するニューロンに影響を与える。

男性は2015年の終わりに、話すことも、歩くこともできなくなっていた。2016年7月以降は人工呼吸器の補助を得て呼吸を維持している。本研究には関与していないものの、スタンフォード大学の神経外科医ジェイミー・ヘンダーソン氏は、「完全閉じ込め状態にある人とのつながりを回復できるのは、本当に驚くべきことです」と称賛する。「これは素晴らしい前進だと思いますし、何よりも研究に参加している患者さんたちにとって、とても意味があります」

null
Wonderfulengineering

難病患者に希望の光? 人と繋がる喜びを


男性は自分の意思を訓練し、中枢神経系に埋め込まれた装置を使って、マッサージを希望したり、食事やビールを注文したりできるようになり、子供と映画を見たいと伝えることもできるようになった。装置は脳の電気信号を捕捉し、ツールを操作するコマンドへと変換する。

手術を受けることの同意は、眼球の動きを利用して行われた。研究者らは、電極を埋め込んだ翌日からさっそく男性のコミュニケーションの支援を始めた。最初は、男性に身体を動かしているところをイメージするように告げた。この方法は、これまで人工四肢やエクソスケルトンを身に着けた人が操作する際に有用であったし、イーロン・マスク氏のニューラリンク社が適用しようとしているのもこの方法だ。目指すのは、脳から安定した信号を得て、これをある種の指示言語に変換することである。

null
Wonderfulengineering

「何の苦労もせず、言語を介して意思疎通をすることがいかにすごいことなのか、私たちの多くはわかっていない」と、本研究の論文筆者たちは述べる。能力を失ってしまった人々を助けるための「新しい章、新しい時代の幕明けに立ち会っていることは、素晴らしいことです」

本研究はここで発表されている。


(この記事は、英国のテクノロジー特化メディア「Wonderfulengineering.com」からの転載記事である。)

翻訳=上林香織 編集=石井節子

PICK UP

あなたにおすすめ