世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

(c)一般社団法人Metaverse Japan

Withコロナの生活様式、Web3の登場など新たな時代の波が押し寄せる現在、メタバースもまた急激に拡大していく可能性を秘めている。7月14日、一般社団法人Metaverse Japanはサミット「Metaverse Japan Summit 2022」を開催する。

デジタル経済圏の新たなフロンティアであるメタバースの社会実装に向けて、日本の成長戦略や課題、ビジネスや社会にどう取り入れるべきかを議論する本サミット。「Web3メタバースが拓く新しい日本のデジタル経済」「メタバースにおけるビジネス創造の可能性」「メタバースが拡張する地方自治体」「グローバルweb3メタバース先端事例の真実」といったテーマで数多くのセッションが行われる。

サミットはハイブリッドで開催され、渋谷ストリーム ホールとオンライン配信で参加できる。開催時間は11:00〜19:15までで、セッションのタイムスケジュールなどは公式サイトで確認できる。チケットは一般3000円。専用サイトから申し込める。

PICK UP

あなたにおすすめ