Close RECOMMEND

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版


映画製作者は、J.D.ディラード、女優のデワンダ・ワイズ、AT&Tの最高マーケティング成長責任者のケリン・スミス・ケニー、Warner Mediaの公平性と包括性に関する上級副社長のカレン・ホーン、HBO Maxのコンテンツ取得担当上級副社長のレスリー・コーエンからなるイベントのグリーンライト委員会にプロジェクトを提出した。また、トライベッカ映画祭の共同創設者であるジェーン・ローゼンタールとロバート・デ・ニーロも挨拶をした。

受賞作についてケニーは「グリーンライト委員会は、監督の明確なビジョン、ストーリーの親密さ、そしてスモーキング・タイガーズチームのパワーに圧倒されました。AT&Tは、表現が重要であると考えており、今日のイベントは、才能あるユニークな声に夢を追いかける機会を与えるという、このプログラムの使命をより明確なものにします」と述べた。

AT&Tはまた、@ATTを通じてファンから投票されたファンのお気に入り「アンダー・ザ・ライツ」に4万ドル(約540万円)の助成金を贈呈した。また、最優秀賞を逃した4人の出場者にも1万ドル(約135万円)の助成金を与え、映画の目標達成を支援する。

ケニーはフォーブスに対し、このイベントについて「私たちが深く感じていることの延長線上にあるような気がします。私たちは、お客様同士のつながりを深めるお手伝いをしようと思っています」と語った。

また、ケニーは、他のグリーンライト委員とともに「特に、映画製作者の考え方がいかに洗練されているか、脚本がいかに洗練されているかという点に驚かされたました。彼らはトライベッカでブートキャンプを受けています。彼らはみな、とても勇敢で勇気があり、ほとんどの場合、個人的な物語を売り込んでいます」という。

ローゼンタールもフォーブスの取材に対し、コンテストが始まって以来、審査対象となる作品は「ますます良くなっています」と語っている。

「私たちは、多様な声に機会を与え、映画祭全体を通してさまざまな方法でそれを行っています。新しい声や新しい物語を支援することで、混沌とした世界に希望を与えることが目的です」と語った。

翻訳=上西 雄太

映画

PICK UP

あなたにおすすめ