.

Getty Images

会ってすぐ、相手はあなたの印象を形成する。面接でうまくいく方法は、面接官の注意をすばやく引きつけ、心地よく感じてもらい、好感を持ってもらうことだ。もちろんスキルは重要だが、人は性格や外見、行動なども重要視する。

企業の世界は通常、ボタンをかけたトラディショナルなスタイルだ。投資銀行の面接では、シャープなテーラードスーツを着用することが多いだろう。スタートアップのテック企業では、もっとカジュアルな服装でもかまわない。

マネージャーは、一緒にいて落ち着くような人を求めている。一緒に仕事をするのだから、上司はあなたのことを好きになって信頼したい。彼らの興味を引くには、いろいろな工夫をしてゲームをする必要がある。そこで、第一印象を良くするための提案を紹介する。

面接官は世界で最も重要な人物である


この瞬間に、あなたを面接している人よりも重要な人はいない。あなたは彼らにすべての注意を払う必要がある。

メディアでは、人を引きつける方法として口が達者な営業マン大きな商談を成立させるというイメージがある。しかし実際のところ、そのようなアプローチはしばしば裏目に出る。むしろ自分のエゴを捨てることが必要だ。つまり話すより、聞くこと。あなたは信頼がおけ、嘘がなく、共感できる人物であること、そしてどうすればそのマネージャーの助けになれるかを気にかけている人物であることを伝えたいのだ。

そのための最も良い方法は、どのような手伝いができるかを尋ね、相手のニーズに対して積極的に耳を傾けることだ。重要なタスクが何であるかを聞いたら、具体的な質問をしてより詳細を知ることができる。面接官が話せば話すほど、あなたに対して好感を持つようになる。ジョブディスクリプション(職務記述書)に加えて、あなたは今、そのポジションに何が必要なのか、ソースからのすばらしい洞察を得ているのだ。そして、そのポジションで成功するために必要な自分の経歴、才能、経験、スキル、学歴を伝えることで、問題に対処できるとアピールすることができる。

アイコンタクト、笑顔、ボディランゲージ


面接官に好感を持ってもらうためのとても簡単なステップがある。それが対面式であれ、ビデオ通話であれ、アイコンタクトをとることが必要だ。これは長時間、相手を見つめ続けるということではない。アイコンタクトは相手の話に熱心に耳を傾け、情報を吸収していることを示すためだ。

アイコンタクトと同時に、ときどきうなずくことで、相手の話に同意し理解したことを示す。タイミングがよければ、笑顔と目の輝きで、その仕事と会社に興味があることをアピールしよう。

翻訳=上西 雄太

面接

PICK UP

あなたにおすすめ