世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

Roopt 神楽坂 DAOの内装(提供=ガイアックス)

空き家のレンタル事業などを手がける巻組とガイアックスは6月28日、日本初のDAO型シェアハウスプロジェクトを発足させることを発表した。

DAO(自律分散型組織)は、トークンを持つ参加者による意思決定ができ、代表者を持たずに組織運営が行えることから、既存の株式会社に取って代わられるとも言われている。

その特性を活用し、本プロジェクトでは、従来の住環境での「カスタマイズが難しい」「住人を選べない」「物件が高い」といった課題解決を目指す。

DAO型シェアハウスの記者発表
記者発表に登壇した4名。左から、ガイアックス 開発部部長兼一般社団法人日本ブロックチェーン協会理事峯荒夢氏、ガイアックス代表執行役社長の上田祐司氏、巻組代表取締役の渡邊享子氏、巻組マーケティングアドバイザーでガイアックススタートアップスタジオ事業部ディレクターの廣渡裕介氏。

巻組が、ガイアックスの支援を受けて展開するシェアハウスシリーズ「Roopt」の一軒家を2年間貸し出し、参加するメンバーがDAOとして自律的に運営していく。年間100万円の予算も提供される。

外部とのやり取りにおける代表はあくまで巻組が務めるが、ルールや予算の使い方などはDAO内で意思決定が行われる。

DAO内の意思決定
発表資料よりキャプチャ

第一号は神楽坂に


DAO型シェアハウス第一号は東京・神楽坂にオープンを予定しており、6月28日から参加者の募集を開始した。対象者は学生起業家で、利用希望者は巻組が配布するNFTを購入する。

1NFT(3万円)で「Roopt神楽坂 DAO」への1カ月の居住か、Rooptの全物件への7泊8日のワーケーションができる。

なお、DAOのメンバーが宿泊等のサービスを利用すると、NFTは巻組に戻されるほか、DAOメンバーが変更される際はNFTの譲渡が行われる。

記者会見で、ガイアックス開発部部長で日本ブロックチェーン協会理事の峯荒夢(みねあらむ)氏は次のように語った。

「DAOの仕組みによって、多様化する理想の住居を実現させることができます。DAOに貢献したユーザーたちが改善提案や投票を行うことで、理想の住居ができるでしょう」

巻組代表の渡邊享子(わたなべきょうこ)氏は、賃貸経営のあり方も変わると説明。従来は資本や知識がなければ運営が難しかったが、DAOすることで、アイデアや資金、タスクなどを互いに共有する共創型の賃貸経営が可能になるという。

DAOを活用した賃貸経営
発表資料よりキャプチャ

第一号となる神楽坂のシェアハウスは、7月初旬に説明会とDAOプラットフォームへの招待、9月上旬にオープンを予定。

今回の神楽坂に次ぎ、来春までに仙台市など地方中心都市で展開していくという。

文=江連良介 編集=露原直人

NFTブロックチェーン

PICK UP

あなたにおすすめ