Close RECOMMEND

I am a former university president who writes about higher education.

Getty Images

金曜日に最高裁が下したドブス対ジャクソン女性健康団体の判決からわずか数時間で、ロー対ウェイド裁判が覆され、長年にわたって憲法で認められてきた中絶の権利が消滅したことを受け、アメリカの大学はこの判決について公式な声明を出し始めた。

この声明文の広がりは、アメリカ社会全体における中絶に関する意見の典型的な二極化の様相をよく表している。ある声明は最高裁の判決を批判し、あるものはそれを称賛した。また、中立的な立場をとろうとするものもあった。

以下はその例である。

判決に批判的な発言


ミシガン大学のメアリー・スー・コールマン学長は、ミシガン・メディスンのマーシャル・S・ランジCEOとともに、安全で質の高いリプロダクティブ・ヘルスケアの提供は、今後も大学における最優先事項であると述べた。

「私は中絶サービスへのアクセスを強く支持しており、この極めて重要なケアを提供し続けるために学長として全力を尽くすつもりです」と、コールマンは金曜日の判決を受けて述べた。

「私たちのキャンパスは半分以上が女性です。私たちは自分たちのコミュニティだけでなく、臨床ケアや教育を通じて奉仕している人々も大切にしています。中絶を禁止することが、ミシガン大学の医学教育、研究、そして必要とされている地域社会への奉仕にどのような影響を及ぼすか、私は深く懸念しています」と彼女は付け加えた。

ミシガン州では中絶は依然として合法であり、大学の立場は、ローを覆す判決を予期してすでに取っていた行動と一貫している。2022年5月に最高裁の意見書の草稿がリークされた後、コールマンとランジは中絶医療アクセスに関する大学全体のタスクフォースを立ち上げた。このタスクフォースは、中絶禁止が大学の臨床ケア、教育指導、学生の健康にどのような影響を及ぼすかについて調査し、計画を立てている。

カリフォルニア大学のマイケル・V・ドレイク学長は、次のような非常に強い声明を発表している。

翻訳=上西 雄太

PICK UP

あなたにおすすめ