<Forbes JAPAN定期購読会員の皆様へ> 決済システム変更にかかる決済情報再登録のお願い

大人のFUN-LIFEをサポートするファッション&ライフスタイル誌

発汗量の多いアシュタンガヨガでは、スリットが入り動きやすく、速乾性も高いランニングショーツを愛用。

ヨガウェアをルーツに持つルルレモンに勤めているだけあって、新谷さんの朝は早い。

週5回のアシュタンガヨガをルーティンにしてから、仕事もプライベートも、より充実感が高まった。

朝イチの緊張感が一日を楽にしてくれる


アシュタンガヨガとは、決められた動作、呼吸、視線を途切れることなく順番にとり続けるヨガの流派のひとつ。

それを毎朝の日課にしているのが、ルルレモン六本木ヒルズ店でアシスタントストアマネージャーを務める新谷浩平さんだ。

ヨガと聞くと、己を厳しく律し、食生活もストイックな姿をイメージするかもしれないが、「ジャンクな食べ物、大好きです」と新谷さん。そう答えてくれた屈託のない笑顔からは、求道者然とした雰囲気は微塵も感じられない。

持ち前の明るさで周囲の皆を引き込む彼の接客で、ルルレモンのファンになる客が後を絶たないそうだ。

「幼少期からバスケットボールをしいていて、部活、セミプロ、ストリートとあらゆる形で親しんできました。

ルルレモンのメンバーにアサインさせていただく前は、バスケットボールとコーヒー、ライフスタイルをクロスオーバーさせた『スポーティーコーヒー』というコーヒースタンドを仲間と立ち上げました。

そこではコーヒーを提供するだけでなく、ランニングやヨガ、バスケットボールなどアクティビティのコミュニティとしての場も提供していました」。

とはいえ、そのときはヨガ、しかもひと際ハードなアシュタンガヨガにここまでハマるとは夢にも思わなかったそう。きっかけは2年前、大阪の友人が主催する太陽礼拝に参加したことだった。

「コロナが流行し始めたときのこと。オンラインで太陽礼拝に参加したんです。そのときに『30分で終わるから参加してみなよ』と友人に声をかけられ、そこから毎朝のルーティンになりました」。

程なくして、今度は業務でアシュタンガヨガの日本の第一人者、更科有哉さんと関わる機会が訪れる。早朝のスタジオレッスンへと誘われ、すっかりハマってしまったのだ。

「自分にとって、体力が衰えていったり理想の体型から離れたりすることが何より我慢ならないんですよ。それを解消してくれるのが肉体的にハードなアシュタンガヨガでした」。

写真=山本 大 文=礒村真介(100miler)

OCEANS × Forbes JAPAN
VOL.66

7人のゴルフ好きが感動した「極上アイアン」7...

VOL.68

21世紀の「デロリアン」! 時速88マイルに4.35...

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ