Close RECOMMEND

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

『四角六面』日本語版翻訳者久保陽子氏、池上彰氏、駐日ハンガリー大使パラノビチ・ノルバート氏

1974年に考案、1980年に商品化され、これまで世界で4億8000万個を売り上げている「世界的玩具」ルービックキューブが、コロナ禍の「巣ごもり需要」で好調だ。

そんななか、東京・三田の駐日ハンガリー大使館で5月17日、ルービックキューブの発明者、エルノー・ルービック氏の自伝『四角六面』(エルノー・ルービック著、久保陽子訳、光文社刊)の出版記念イベントが、ジャーナリストの池上彰氏の進行により行われた。

「ルービック」はハンガリー人建築家のエルノー・ルービック氏の苗字から名付けられたもの。当初この玩具は「マジックキューブ」という名前だったが、アメリカに展開する際に「マジック」が使えないとなり、発明者であるルービック氏の名前を冠して「ルービックキューブ」として発売され、その名前で文字通り世界中に広まり、何十億人もの人がこれで遊んだとされている。


これまで世界で3億5000万個を売り上げている「世界的玩具」ルービックキューブ(編集部私物)

ルービックキューブは「ルービック氏」の発明だった!


「ルービック」という名前はハンガリーでもハンガリー国外でもよくある苗字ではないが、苗字と必ずしも認識されることなく、奇しくも世界で誰もが知るハンガリー人の名前となった。

ルービック氏はルービックキューブを、芸術カレッジの教師をしていた1974年に考案。1977年にハンガリーの玩具会社から商品として発売された。日本では1980年に発売、大ブームとなったが、コロナ禍でブームが再燃したという。著書『四角六面』では、ルービックキューブが生まれた経緯をはじめ、ルービック氏の育った環境や両親、好奇心と創造性の関係、創造性を育む教育などについても言及している。

同イベントではパラノビチ・ノルバート駐日ハンガリー大使が挨拶。ハンガリーは人口一千万人ほどの国だが、ノーベル賞受賞者数が人口比率で見ると大変高いこと、また、新型コロナウイルスのワクチンとして世界中で使用されている「mRNAワクチン」開発の基盤を作ったのがハンガリー人女性性科学者カタリン・カリコ博士など、科学分野でのハンガリーが素晴らしい功績を誇っていることを紹介した。

また、日本に初めて来た20年ほど前は、ちょうどルービックキューブが流行していた時期だったが、日本人でルービックキューブがハンガリー人による発明であることを知っている人はほとんどおらず、「日本人の発明ですよ!」と大使に話す人もいたというエピソードを披露した。

文=高以良潤子 編集=石井節子

PICK UP

あなたにおすすめ