Close RECOMMEND

.

TAW4 / Shutterstock.com

フォーブスは5月12日、最新の「グローバル2000」ランキングを発表した。世界の公開企業を4つの指標(売上高、利益、保有資産、時価総額)に基づき順位付けするこのランキングで、今回1位となったのは米投資会社バークシャー・ハサウェイだった。

2003年にこのリストの発表を開始して以来、9年連続でトップを守り続けた中国工商銀行(ICBC)は初めてその座を明け渡し、今年は2位となっている。

利益は前年から急増


新型コロナウイルスのパンデミック、ロシアのウクライナ侵攻、不安定な市場環境などの影響を受けながらも、世界の大企業の多くはこの一年、何とか売上高と利益の双方を増やすことに成功した。

ただ、企業の財務の健全性を示すデータは、政府の景気刺激策が縮小され、インフレが進み、相場が弱気に転じれば景気の回復には水が差され、株価が大幅に下落するという経済の“新たな現実”を覆い隠すものでもある。

今年のランキングに入った2000社全体をみると、過去12カ月間の売上高と利益の合計額はそれぞれ、前年比20%増の約47兆60000億ドル(約6130兆円)、2倍の5兆ドルだった。2000社の保有する資産は5%増え、合わせておよそ233兆7000億ドル。時価総額の合計は、4%減の約76兆5000億ドルとなっている。

昨年は大幅にランクを落としていた石油大手各社は、原油価格の上昇に押し上げられ、再び大きく順位を上げた。米エクソンモービルは317位から15位に、英シェルは324位から16位に急浮上している。

最新のランキングに入った企業が本拠を置くのは、58の国・地域。米国の企業が最も多くを占め(590社)、中国・香港(351社)、日本(196社)が後に続いている。

ランキング


以下、ランキングに入った上位10社を紹介する(かっこ内は、時価総額、売上高、利益、保有資産、本拠地、業種)。

#1 バークシャー・ハサウェイ(7410億ドル、2760億ドル、900億ドル、9590億ドル、米国、投資持株会社)
#2 中国工商銀行(2140億ドル、2080億ドル、540億ドル、5兆5200億ドル、中国、商業銀行)
#3 サウジアラビア国営石油/サウジジアラムコ(2兆2900億ドル、4000億ドル、1050億ドル、5760億ドル、サウジアラビア、石油・ガス)
#4 JPモルガン・チェース(3740億ドル、1250億ドル、420億ドル、3兆9500億ドル、米国、銀行持株会社)
#5 中国建設銀行(1810億ドル、2020億ドル、470億ドル、4兆7500億ドル、中国、商業銀行)
#6 アマゾン・ドット・コム(1兆4700億ドル、4700億ドル、330億ドル、4210億ドル、米国、小売)
#7 アップル(2兆6400億ドル、3790億ドル、1010億ドル、3810億ドル、米国、テクノロジー)
#8 中国農業銀行(1330億ドル、1810億ドル、370億ドル、4兆5600億ドル、中国、商業銀行)
#9 バンク・オブ・アメリカ(3030億ドル、970億ドル、310億ドル、3兆2400億ドル、米国、銀行・金融持ち株会社)
#10 トヨタ自動車(2380億ドル、2820億ドル、280億ドル、5520億ドル、日本、耐久消費財)

ランキングの作成にあたっては、2022年4月22日時点で入手可能だった過去12カ月間の最新の財務データを用いた。

Edited by Andrea Murphy and Isabel Contreras 編集=木内涼子

PICK UP

あなたにおすすめ