Close RECOMMEND
<Forbes JAPAN定期購読会員の皆様へ> 決済システム変更にかかる決済情報再登録のお願い

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

大阪大学伝説の講師・谷口真由美氏

谷口真由美氏。法学者にして、TBS「サンデーモーニング」のプレゼンターとしても人気だ。東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗前会長から、「『わきまえていない』女」とも解釈できる発言があった、日本ラグビーフットボール協会の元理事としても知られる。著書『おっさんの掟: 「大阪のおばちゃん」が見た日本ラグビー協会「失敗の本質」』(小学館新書)がベストセラーとなり、話題になっている。

じつは谷口氏は、最難関国立大学のひとつ、あの大阪大学で2005年から10年以上続いた講義「日本国憲法」のカリスマ講師でもあった。彼女の大人気講義は金曜の1限、午前8時50分という開始時間にかかわらず学生たちを釘付けにし、300人以上の大講義室を毎回満員にし、沸かせた。

現在も大阪芸術大学で教鞭をとるその伝説の講師に、「教養」とは何か、世界を理解する上での「対話」の意味とはを聞いた。


関連記事:阪大のカンニングペーパーがすごい。成功に必要なのは「要約」だった
    :「一限目でも欠席なし。阪大・伝説の恋愛講義「冒頭10分の秘密」とは」
    :阪大「伝説の講師」がプレゼン資料を用意しないイケズな理由
    :阪大「伝説の講師」の極意。わからんことはいったんほっとく


大学の講義で、「携帯電話の形を説明しなさい」というと──


「教養」とはいったいなんでしょう。

それは、携帯電話をまるっと360度から見て、説明できる力だと私は思います。

たとえば私が大学の教壇に立って、自分の携帯電話(スマートフォン)の、ロックされている画面の方を教室に向けて、「これはどんな風に見えますか?」 と学生さんたちに聞いたとします。

ほぼ、間違いなく「携帯電話」や「スマホ」と答えてくれます。その次に、「これがスマホとわからない方に、どんな形状かを教えるとしたら?」とたずねると、「黒い長方形」という答えが返ってきます。

でも、講義室が楕円形やU字形で、私が前方の真ん中にいるような場合は、「ケース側」を見ている学生もいますから、ケースの柄などについて答えるでしょうね。

私を真横から見ている学生は、携帯も真横から見ますから、「分厚い紙のよう」「太い線」などと答えるかもしれません。

「教養」とは、自分で携帯電話をグルグル回して、黒いつるんとした長方形だったり、ヒョウ柄のケースをかぶっていたり、あるいは太めの線のような形、であると回答できる力。ものごとを、世界を、点や線や面ではなく、「立体」、すなわち「もともとの構造」がどのようなものであるかを、いろんな角度からとらえられる力のことをいうと思います。


谷口真由美氏

構成=石井節子

PICK UP

あなたにおすすめ