Close RECOMMEND
<Forbes JAPAN定期購読会員の皆様へ> 決済システム変更にかかる決済情報再登録のお願い

Careers

Getty Images

より生産的になりたい人に向けてはさまざまな読み物やアドバイスがある。しかし、忙しいことは最善ではなく、多くのことをこなそうと急いで頑張り過ぎれば幸福や満足感が失われる。

やることを減らすのは難しい。特に社会では、より多くをこなすことが重視されがちだ。多くの人は正当な理由からやるべきことが山積し、仕事や学校、友人、家族、ボランティア活動などでカレンダーが埋まり、常に時間が足りないように感じている。

しかし、より現実的な期待値や合理的な生活ペースにかじを切ることができたらどうだろう? 30日間、忙しいと言わないことに挑戦してはどうだろうか? このアイデアを不可能、あるいは重要ではないと拒否する前に、これがどれほどの影響を持ち得るか考えよう。

忙しさを減らせば、あなただけでなく周囲の人にも満足度や幸福度、充実感を与えることができる。

言葉が現実に


自分の経験や課題についてどのように言葉にするかが、それについてのあなたの考えを形成する。またあなたが注目するものは、思考や感情の中で増幅される傾向にある。

「考え方を変えれば人生が変わる」という言葉は本当だ。そして思考を変える主な方法は、物事についてどのように語るかを変えることだ。科学的概念の「言語決定論」とは、人がどのように物事について語るかが現実を形成することを意味する。言語には力があるのだ。

「忙しい」を脇に置く方法


会話や会議でまず「最近どうですか?」と聞かれることは多い。最も一般的な答えは「とても忙しいです」だ。しかしこの答えは限界を作り、あなたは逃げ出したいと考えている忙しさの中に閉じ込められてしまう。

その代わり、次のことを試してみよう。

1. 自分を証明したいという衝動を避ける


人は、自分を大きく見せたり自分の重要性を示したりする必要を感じ、忙しいと言う場合がある。しかし、あなたは自分の価値を証明しようとすることで影響力を損なっている。信頼と評判には、言葉よりも行動が重要だ。人々はあなたが言うことではなく、あなたが取る行動を信じるだろう。

自分自身や、自分が提供する独自の価値に自信を持つこと。そして、自分の価値は投資した時間ではなく、どのような影響を与えるかによって決まることを思い出そう。忙しさではなくどのような仕事をしているか、あるいは情熱を持っているプロジェクトや、仕事やボランティア活動を通じて学んでいる新たなことについて話すこと。

翻訳・編集=出田静

PICK UP

あなたにおすすめ