Close RECOMMEND

Getty Images

キャリアアップを目指しているなら(目指していない人などいないだろうが)、手っ取り早い解決策や、流行りのアイデア、他では学べないオリジナルのシステムなどを盛んに売り込んでくる人に遭遇したことがあるだろう。

そうしたアイデアや秘訣は、一時的にはキャリアに役立つかもしれない。しかし、キャリアアップに最も重要なのは、ほとんどの人が明らかに平凡だと考えるであろう特性だ。つまり、「明快さ(Clarity)」、「一貫性(consistency)」、「専門性(discipline)」の3つだ。

私はこの3つをまとめて「三大パワー」と呼んでいる。このいかにも平凡な3つのパワーがまとまると、コミュニケーション力が上り、ソートリーダーとしての実力がつき、パーソナルブランドに磨きがかかり、キャリアアップが加速するからだ。以下では、この3つの特性を重視すべき理由を説明していこう。

1.明快さ


熱意はあるのに空回りしてばかりで、キャリアがなかなか先に進まないのなら、「明快さ」に欠けているのかもしれない。

明快であるとは、焦点を絞るということだ。世界は混沌としており、次から次へと邪魔が入って、注意力が散漫になる。そんな状況だからこそ、焦点を絞ることは、かつてないくらいに重要だ。

自分が何をすべきか、何を目指しているのかが明快であれば、何をするのもラクになるはずだ。

人々が、自分という人間を理解できるようになり、何を提供し、それにはどのくらいの価値があるのか。他の人にはない特徴は何か。どう役に立てるのか。逆に、どんな助けを必要としているのか。そうしたことをわかってもらえるようになる。明快なら、理解されやすくなる。好感を抱いてもらえるし、信頼もしてもらえる。

目指していることが明快であれば、その目標と達成に向けたプランが一致するので、予定を狂わせるような事柄を遠ざけておくこともできる。決断を下すときは、集中すべきことと目的がうまくかみ合うよう、意識しなくてはならない。

明快であるためには、具体性が求められる。どっちつかずの態度をとったり、曖昧な意見を口にしたりする余地はない。何かを「漠然と」望んでいるようでは、進歩はできない。いちばん大事だと思えることに、できる限り焦点を絞ろう。

2.一貫性


ゆっくりと着実に歩む人こそ、最後には勝利を収めると言われているのには理由がある。

どのようなことであれ、毎日努力を重ね、存在感を発揮し続けようと意志する人が、最後には勝つ。

それはシンプルな行為ではあるが、決して簡単ではない。そのため、実行に移す人はほとんどいない。だからこそ、優位に立てるわけだ。

やる気が出ないときでも、失敗したときでも、負けずにやり抜く。すべてが順調で、永遠にその状態が続くと思えるようなときでも、ひたすら続ける。そうした姿勢が、真剣さと責任の証しとなり、言行が一致した人間だという評判の獲得につながって、信頼が育まれていく。

一貫性とは長期間にわたって続けることであり、それにより知名度も上がっていく。自らの才能に合った行動、自分の才能を示す行動を、毎日少しずつ、欠かさず実践していこう。そのようにして自分の実力を最大限に活用することが、パーソナルブランドを構築する最良の方法だ。

翻訳=遠藤康子/ガリレオ

PICK UP

あなたにおすすめ