Close RECOMMEND
<Forbes JAPAN定期購読会員の皆様へ> 決済システム変更にかかる決済情報再登録のお願い

世界が直面する課題の解決方法

Getty Images

石油はGDPの約3%を占めており、世界で最も重要な商品の一つです。世界経済フォーラム(WEF)のアジェンダからご紹介します。


・グローバル経済の見通しによって、原油価格は大きく左右されます。
・原油価格は、需給の変化や地政学的な緊張によっても変動します。
・秩序あるエネルギー転換により、原油価格の高騰に備えることができます。

2020年の新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)時には、ロックダウンにより石油の需要が急落し、経済活動の大幅な停滞によって原油価格が史上初めてマイナスとなりました。

しかしロックダウン終了後、力強い景気回復によって原油価格は1バレル100ドル近くまで急騰。経済の成長にともない、石油の需要も増加。さらにロシア・ウクライナ間や中東における地政学的緊張の高まりによって、供給不安が煽られ、インフレ率の引き上げや景気回復に対する懸念が引き起こされているのです。


イメージ:Bloomberg.

石油はGDPの約3%を占めており、世界で最も重要な商品の一つです。石油製品は個人用防護具からプラスチック、化学薬品、肥料、アスピリン、衣料品、輸送用燃料、さらにはソーラーパネルに至るまで、あらゆるものに含まれています。

石油における需要の価格弾力性は低いものの、サステナビリティに向かうグローバルな潮流によって、いずれは変化すると考えられます。しかし、エネルギー転換が急速に進む中、需給要因が原油価格、ひいては経済全体に与える影響について理解することは重要です。

原油価格を決定する主な要因と、それがグローバル経済、そしてエネルギー転換に与える影響について、世界経済フォーラムのEnergy, Materials, Infrastructure Platform(エネルギー、材料、インフラストラクチャプラットホーム)のManager Oil and Gas Industry(石油・ガス産業担当マネージャー)、Maciej Kolaczkowski(マチェイ・コラコフスキ)が概説します。

原油価格の上昇

──現在、原油価格は1バレル100ドル近い水準にあります。何がこの価格高騰の原因でしょうか。そして原油価格はなぜこれほどまでに不安定なのでしょうか。

水晶玉で占うように、未来のことが分かる人はどこにもいません。明日になれば、原油価格は今日と真逆の動きをすることもあります。原油市場で不変なのは、価格は常に変化し、変動するという点のみ。しかし、その根底には重要な理由が3つあると言えます。

文 = Haleh Nazeri, Platform Curator, Financial Services, World Economic Forum Maciej Kolaczkowski, Manager, Advanced Energy Solutions Industry, World Economic Forum Amy White, Writer and Editor, Freelance

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ