Close RECOMMEND
<Forbes JAPAN定期購読会員の皆様へ> 決済システム変更にかかる決済情報再登録のお願い

メジャーリーグで学んだ「人を評価する方法」

Photo by Jacobs Stock Photography / Getty Images

野球したことがなくても、スカウトってできるんですか?


初めて会った人が「プロ野球チームでスカウトをしています」と言ったら、あなたはどういう反応をするでしょうか。

ありふれた職業ではないので、まずびっくりするかもしれない。野球に興味がある方なら、面白そう、と思うかもしれない。いずれにせよ、多分こう聞くでしょう。

「じゃあ、野球をやってたんですね?」

そしてもし、その答えがノーだったら、驚いてこう聞くでしょう。

「え?、野球したことがなくてもスカウトってできるんですか?」

これは、僕が初めてお会いする人との間でほぼ毎回起こるやりとりです。

僕は大学を卒業してからずっと、日米のプロ野球の球団で働いてきました。千葉ロッテマリーンズ、サンフランシスコジャイアンツ、横浜DeNAベイスターズ、ボストンレッドソックス、そして今は、福岡ソフトバンクホークスにいます。

球団の中には様々な部署があるのですが、僕は経歴の17年間ずっと、チームを編成する仕事、特にスカウティングに従事してきました。


Red Herring / Shutterstock.com

スカウティングというのは、つまり人事採用です。人を評価して採用する、一般の会社となんら変わりません。少し特殊だとすれば、そのスケール。“新卒”の人材にも何千万円を支払うのが当たり前ですし、“ライバル会社”からの引き抜きや外国人人材の招聘には、数億円を使うこともざらです。

そんなプロ野球チームの人事評価のしくみは、どんなに素晴らしいか。その秘訣を、これから皆さんにお話していきたい。と、言いたいところですが…。

なぜ「元プロ野球選手でないと、選手の評価はできない」と思うのか?


話を戻すと、野球をやっていたか?という最初の質問に対しての僕の答えはノー。プロ野球どころか甲子園にも出ていない、そもそも野球部に入っていなかった。僕は皆さんの思う“野球をやっていた人”の対極中の対極にいます。

そして二つ目の質問、野球経験がなくてもスカウトはできるのか。これに対しての答えは、イエスです。誤解を恐れずに言えば、誰だってできます。

なぜ、元プロ野球選手でなくてもスカウトができるのか? 僕は逆に問いたい。なぜ「元プロ野球選手でないと、選手の評価はできない」と思うのか?

皆さんの問いと僕の問い。この二つの問いが浮き彫りにするのは、もっと根源的な、大きな問いです。

すなわち、ヒトや、モノや、コトの評価、とはどういうことなのか──。

編集=宇藤智子

Forbes SportsMLB
VOL.113

メルカリが描く、パ・リーグ Exciting Moments...

VOL.115

ラグビー五郎丸歩、CRO初年度の「業務評価」。...

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ