Close RECOMMEND

「Follow your Heart ─日本人が世界で勝つ方法─」

左上 加瀨詩子氏、左下 横田頌子氏、右下 中里将久氏

米アマゾン本社で働く日本人3人をゲストにお迎えし、アメリカでの就職やアマゾンへ入社する経緯をお聞きする座談会シリーズの第2回。

今回は、どのようにして米アマゾン本社へ入社したのか、その具体的な経緯についてご紹介します。

第1回はこちら

ゲスト
・中里将久(なかざと・ゆきひさ)氏
Senior Product Manager - Tech, AWS New Initiative
メリルリンチ日本証券(現バンク・オブ・アメリカ)、カーライルグループ東京オフィスにて、M&Aや投資を専門に日本で勤務した後、MBA留学を機に家族で渡米。その後、米アマゾン本社へ就職。現在、在米10年目。インターナルトランスファーでアマゾンジャパンに約1年の勤務経験あり。
2007年東京大学法学部卒業、2015年 UC Berkeley Haas(MBA)卒業。

・加瀨詩子(かせ・うたこ)氏
Software Development Engineer, Network - Core
2019年に、新卒で米アマゾン本社に入社。ソフトウェア・ディベロップメント・エンジニアとして、地理情報を扱うネットワークインフラ系のチームに所属する。「女性エンジニアのロールモデル」を目指しており、日本の子供たちに英語でコンピューターサイエンスを教えるなどのボランティア活動も行う。
2019年University of Washington地理情報学専攻、Computer Science副専攻として卒業

・横田頌子(よこた・しょうこ)氏
Program Manager, PV , PV Prime Video TV - Business
2016年に、新卒でアマゾンジャパンへ入社。プロダクト・マネージャーとしてファッション事業のカスタマー・エクスペリエンス改善に従事した後、Prime Videoチームに異動。2019年9月に同ポジションで米アマゾン本社へ転籍、現職。プライベートでは一児の母として仕事と育児を両立中。
2016年学習院大学卒業

竹崎(筆者):私は本社に入社するまでにかなりの紆余曲折があったのですが、皆さんはどのようにして入社されたのでしょうか。よろしければ、ビザの取得とあわせて教えてください。まずは、加瀨さんからお願いします。

加瀨詩子さん(以下、加瀨):私はアメリカのワシントン大学に進学し、新卒でアマゾンに入社しています。大学1年生のときから話しますと、まずアメリカでインターンをするためには、専攻に入っていないといけないんですね。ところが、ワシントン大学はちょっと特殊で、1年目と2年目は専攻に入らないケースがほとんどなのです。そのため、1年目と2年目は日本でインターンをしました。

その後、3年生になった時に専攻に入り、アマゾン本社のインターンシップに応募したところ、なぜか受かったんです。というのも、私はエンジニアを目指していたのでコンピュータサイエンスを専攻したかったのですが落ちてしまい、仕方なく地理情報学を専攻したんです。コンピュータサイエンスは副専攻にしていたのですが、履歴書にはおまけのようにしか書いていなかったので、受かった時は驚きました。

そして、3カ月に及ぶインターンの最終日に、当時のマネージャーから部屋に呼ばれて、「じゃあ君にはオファーをあげるね」という感じで内定をもらったという流れです。

文=伊藤みさき 構成=竹崎孝二

Amazon
この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ